画像
 自閉症についてよく知らなかった。ちゃんと知る機会がこれまでなかった。そして誰に聞いていいかもわからなかった。
 著者の東田さんは自閉症。会話はできないけど、文字盤を使ってならコミュニケーション可能。おそらく多くの人が持っている自閉症に対する疑問を丁寧に答えてくれる。
「大きな声はなぜ出るのですか」という質問には「僕も静かにしたいのです」。自分も思うようにならない、コントロールできない悩みを吐露する。その他に感覚の違い、コミュニケーションについて、興味・関心のあることなど、自閉の世界のことを知ってもらうために言葉を尽くす。最初は興味ひかれるままに読んでいたのに、ある瞬間に気づく。これは苦心して文字盤を使えるようになった東田さんによる実に普遍的な本だ。
 誰もが一生にわたって他者を理解し、自身を理解してもらうことを繰り返す。その為に読書する。本の存在理由を体現する一冊だと思う。

【連載第1回】東田直樹の絆創膏日記「僕が回るタイヤをみつめる理由」"

関連記事

【連載第1回】東田直樹の絆創膏日記「僕が回るタイヤをみつめる理由」

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の作家・東田直樹さん。人とは違うこだわりや困難を持ちながら…

書籍

『自閉症の僕が跳びはねる理由』

東田 直樹

定価 605円(本体560円+税)

発売日:2016年06月18日

ネット書店で購入する

    書籍

    『跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること』

    東田 直樹

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2018年06月15日

    ネット書店で購入する