本屋大賞作家・冲方丁氏待望の歴史長編『麒麟児』が2018年12月21日に発売となります。5年ぶりの歴史長編となる『麒麟児』で冲方氏が描くのは、勝海舟と西郷隆盛。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」を命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”を描く、著者渾身の歴史長編です。
本作の発売を記念して、12月7日(金)より12月19日(水)まで計13日間連続での試し読みを実施いたします。『麒麟児』の「序章」と「第一章」、総計82ページ(紙本換算)、約4万字を発売前にお読み頂けます!
>>第1回から読む。
>>前話はこちら

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み

関連記事

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み 第1回

いい風が吹いていた。 全身に濃密な潮の香りを浴びているせいで己の肌まで真っ青な海の色に染…

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み

関連記事

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み 第10回

本屋大賞作家・冲方丁氏待望の歴史長編『麒麟児』が2018年12月21日に発売となります。5年ぶりの歴

 越えるな、越えないでくれ、とどまれ、と繰り返し書いたのは、つまるところ西郷に、一日、、早く、、来て、、くれ、、と言っているに等しい。
 事実、官軍は箱根でまったく抵抗に遭わなかった。勝が手を回したからだ。関所の者たちは官軍の偵察部隊がやって来ると、一戦も交えず大人しく関所そのものを譲り渡した。
 西郷にとっては、これが大総督たる熾仁親王を惜いて進撃し、その後の軍略の一切を自分が取り仕切るための、絶好の契機になったはずだ。
 勝と西郷は過去、一度しか会ったことがない。だが年来の知己と呼ぶにふさわしい相手であると互いに信じている。それだけ通じるものがある。そう確信していた。
 勝の幅広い人脈が、西郷という人物を、信頼に値する相手と告げているからだ。
 慶喜が、勝を使者にしようとしたのも、勝に対してなら西郷も胸襟を開くと読んだからだろう。
 西郷は、ただちに進発を命じ、
「勝めがいるなら、自分が行かねばならない」
 傲然ごうぜんと、そう口にしたという。
 官軍の面々も、勝を大胆不敵な軍略家として認めている。一通の書状でその軍略が恐るべきものであることを示してみせた。大総督たる熾仁親王も、公家の身ながら参戦した剛毅な人物だが軍略には疎い。必然、西郷の性急な進撃を誰も咎めなかった。
「勝を討てるのは西郷だけ」
 勝も西郷も、官軍にそう思わせ、二人だけで決着できるよう智力を尽くしていた。
 互いの目的は戦闘ではない。むしろそうすることは過ちになるという認識を共有したうえでの、電撃的ともいえる早期講和である。
 離れた場所にいて、しかも敵同士でありながら、なぜそれほど呼応し合えるのか。
 理由は明白だ。
 勝も西郷も、思想を問わず人脈に重きを置くとともに、間者を使うこと、人を遣わすことに、長けているのである。
 勝が、江戸城中で和戦両様を唱えれば、それは薩摩側の間者によって西郷に伝わる。
 一方で、西郷が、駿府での軍議で江戸総攻撃と慶喜処刑の決定に賛同する裏で、あらかじめ妥協案を用意しているらしいことを、間者が勝に伝えてくれる。
 互いの動向により、相手に通じているということが、おのずと伝わってくる。
 戦へと気運が傾くなか、決して名を表に出すことができない大勢の者たちが、勝と西郷にそれぞれの状況と真意とを届けていた。
 国を二分する戦が起ころうとしているこのとき、ぎりぎりの危機下にあって、敵対する軍の総責任者同士が、間接的に意思疎通をはかる。
 そうした芸当をしてのけられることこそ、勝と西郷という二人の麒麟児きりんじの、異才たるゆえんだった。今、二人をつなぐ、か細い生命線が、土壇場で山岡と益満という勇士が加わったことでその真価を発揮しようとしているのを、勝はひしひしと感じていた。

書籍

『麒麟児』

冲方 丁

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年12月21日

ネット書店で購入する

    書籍

    『天地明察(上)』

    冲方 丁

    定価 596円(本体552円+税)

    発売日:2012年05月18日

    ネット書店で購入する