本屋大賞作家・冲方丁氏待望の歴史長編『麒麟児』が2018年12月21日に発売となります。5年ぶりの歴史長編となる『麒麟児』で冲方氏が描くのは、勝海舟と西郷隆盛。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」を命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”を描く、著者渾身の歴史長編です。

本作の発売を記念して、12月7日(金)より12月19日(水)まで計13日間連続での試し読みを実施いたします。『麒麟児』の「序章」と「第一章」、総計82ページ(紙本換算)、約4万字を発売前にお読み頂けます!

>>第1回から読む。
>>前話はこちら
画像



 勝が書き終えた手紙を畳の上に広げると、山岡と益満が黙読した。
 万々が一、その書状を紛失した場合、口頭で伝えねばならない。二人ともしっかりと文を頭に叩き込む様子であった。
『無偏無党、王道堂々たり』
 という一文で始まる長い手紙である。
『今、官軍鄙府ひふ(江戸)に迫るといえども、君臣謹んで恭順の道を守るは、我、徳川氏の士民といえども、皇国の一民なるをもつてのゆえなり』
 べらんめえ口調の多い勝だが、書状にしたためるのは立派な漢文である。
 以上の書き出しののち、勝は伝えるべきと思い定めたことを全てつまびらかに書いた。
 ――かつての戦国の世と違い、皇国が内戦に陥れば、必ず諸外国の介入や干渉、あるいは侵略を招く。
 江戸にはおびただしい士民が行き交い、法を守らぬ者もおり、暴れ回るおそれもある。なんとか鎮撫しようとしても鎮撫しきれるものではない。江戸市中で暴動が勃発するようなことがあれば、自分は銃弾を受けて死ぬ覚悟を決めている。
 だが、和宮様の御身辺に不測の事態が起こったとき、どうしたらよいかは、日夜焦慮するばかりである。
 官軍参謀諸君は、情勢をよく観察し、情理を尽くして処置して欲しい。皇国の存亡を憂えての御処置が正しければ大いに幸いとなり、もし一点であれ不正の御挙動があれば、皇国は瓦解がかいする。
 あなた方も乱臣として、千載ののちまで、悪名は消えない。
 こうしたことを自分で総督府に出向き、哀訴したいところであるが、半日として江戸を離れることができない。全ては天命である――。
 面白いことに、山岡と益満の目の動きが同じだった。意識せず同じ箇所を読んでいるのだ。二人の呼吸がいつの間にかぴったり合うようになっていた。
 あえて長々と面談の場を設けた成果が十分に出たことを見て取り、勝はにやりとした。使った人間が首だけになる可能性を思うと、たちまち吐き気が込み上げてくるのだが。
「達筆ですな」
 山岡が、内容ではなく字を誉めた。
「無手勝流さ」
 勝が澄まし顔で言った。
 剣、禅、書は一体として学ぶべきものというのが武士道である。書には当然ながら書いた者の内面があらわれる。人は文章だけでなく、筆蹟からも敬意や敵意を汲み取る。
 その点、二人の話を聞きながら書いたものではあったが、筆さばきは落ち着き、堂々としており、筆蹟には真っ直ぐ相手を見据えながら語りかける風情を込められた。
「名文です」
 遅れて、益満が納得したようにうなずいた。薩摩陣営に戻るなり、幕府側に寝返ったと疑われて殺される可能性も皆無ではないのである。これは命を賭けるに値する文書であると自らに言い聞かせる様子だった。
「少し、お尋ねしてもよろしいでしょうか?」
 山岡が訊いた。そら来たと思いながら勝はうなずいてみせた。丸ごとそらんじればよしとする男ではないことは初めて会ったこの日にすっかり理解している。
「どこか意味のわからんところがあるかい?」
「いえ。皇国の存亡を巡り、処置を過てば乱臣の悪名を負うことになるという論旨は、官軍たるを自負する彼らの気分を損ない、王政の復古を批判することになりますが……」
「そうさ。そのつもりで書いてるんだ。この期に及んで遠慮なんぞしてられねえよ。心配はいらん。もう幾つも似たようなのを送ってある」
 勝が、これまでに送った書状は、きわめて強硬である。徹底的に相手の弱みを突くものでもあった。大義名分および戦術的な観点の、両方の弱みである。
『恭順しているにもかかわらず、あなた方が征討の兵を向け、江戸城に打ちかかろうというのは、どのような見込みによるものか。
 もし徳川家に朝命を拒む気があり、征討の兵を阻むとすれば、幾らでも手段はある。
 たとえば、徳川家は十二隻の軍艦を所有しているが、うち二隻を大坂近海に碇泊ていはくさせ、二隻をもって九州と中国地方より攻め上る兵を防ぎ、二隻をもって東海道筋の要所を守らせ、二隻をもって東海道を下る兵を攻撃する。
 その上で、残る四隻を横浜に置いて死守させる。
 我々がこう出れば、九州から来る兵も、東へ向かう兵も、進軍をためらうどころの話ではないだろう』
 こう書いたのは、純粋に戦術的な弱点を看破してのことだ。官軍は一直線になって東へ移動せざるを得ない。その横っ腹を突き、ばらばらに寸断して退散させる。
 きわめて現実的で、成功する見込みの高い作戦だった。しかも官軍の進軍予定はことごとく把握しているぞと脅してもいる。勝自身の情報網の精緻せいちさを端的に告げているのである。
 その上で勝はこう述べ立ててやった。
『我々が打って出ないということが恭順の証しであるということをよく考えてほしい。
 吾は貴公とは年来の知己である。貴公は天下の大勢をよく理解しているはずだ。なのに今日、手を合わせて拝む者に兵を差し向けるとはなにごとか。
 実に、いつもの貴公とも思えぬ挙動と考えているが、それはさておき、、、、、、、、とにかく征討の兵は、箱根より西にとどめてくれなければいけない、、、、、、、、、、、、、、
 さらりと書いてはいるが、勝は官軍批判、ひいては新政府批判を明白にしている。
 王政復古を建前ににしき御旗みはたを立てて進軍することに内在する、官軍方諸藩の私利私欲。それを西郷個人も感じているはずだ、それを黙認するなど西郷らしからぬことだ、と一方的に言っていた。この主張には過てば賊となるのは官軍も同じだという論旨が前提にある。
 何が過ちになるか。今このとき、江戸に大騒擾そうじょうをもたらすことだと勝は告げた。
『さもなければ、慶喜の恭順の意も、我々の奉ずる意も、まっとうされることなく、どのような乱暴者が暴発するかしれない。今の江戸の人心は、沸騰する湯のようなものだ。
 右往左往し、どうにも制することはできない。そこへ官軍が箱根を越せば、とても恭順の実を捧ぐことはできないのだから、ぜひ、箱根の西に兵を留め置いてもらいたい、、、、、、、、、、、、
 西郷は、駿府に到着してすぐ、この書状を受け取ったらしい。
 そしてすぐさま諸隊長を集め、全員に書状を見せながら、凄まじい怒気をあらわにしたという。
「諸君はこれをどう考えるか。実に、首を引き抜いても足らぬのは、かの勝だ。人を土芥どかいのごとく見るこやつが、官軍をなんと見ることか。恭順するなら官軍に注文をつけることなどないはず。彼の虚言は今日に始まったことではない。勝はむろん、慶喜の首を引き抜かずにはおれん。箱根を前に兵を留めるなどとても不可である。諸君、いかがか」
 みな同意し、進撃の意志を新たにするのへ、
「明日すぐさま東征を開始する。そのつもりで出陣するように」
 西郷は凄まじい気魄で命じたという。
 このときの様子を、間者として働いてくれている者たちが、勝に報せてくれた。
 九州、京、大坂、駿府のどこにでも勝の手の者はいる。西郷が憤怒してみせる様子を耳にするほど、官軍中枢に近い場所にもいた。
 これで勝はむしろ、西郷が己の意を汲んでくれたことを悟った。
 官軍に箱根を越えさせる、、、、、ことを、勝は初手から構想していたのである。
(第11回へつづく)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

書籍

『麒麟児』

冲方 丁

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年12月21日

ネット書店で購入する

    書籍

    『永遠についての証明』

    岩井 圭也

    定価 1620円(本体1500円+税)

    発売日:2018年08月31日

    ネット書店で購入する