元AV女優として50本以上の作品に出演し、引退後は現役のソープランド嬢として今も働く長谷川瞳さんが新刊『ヒアリングセックス』を上梓しました。
長谷川さんはこの本を書いた最大の理由を「贖罪を果たすため」と言います。今回、カドブンでは『ヒアリングセックス』から本文を引用する形で記事化し、シリーズにて長谷川さんの思いをお届けいたします。


写真/渡辺愛理
画像

●贖罪を果たすために書いた本

 
「長谷川瞳」というのは、わたしの本名ではありません。とはいっても、いわゆる芸能人やタレントというわけではなく、わたしは元AV女優にして、現役のソープ嬢。「長谷川瞳」はAV女優としての芸名、ソープ嬢としての源氏名というわけです。
 わたしがアダルトビデオ――AVの世界に飛び込んだのは01年のこと。自分で言うのはおこがましいのですが、AV女優としてのわたしの経歴はなかなかのものなんですよ。デビュー作のタイトルは『処女宮 メモリアル』。『処女宮』は、これまでに何人もの人気AV女優を生んできた、h.m.pというAVメーカーの名門シリーズ。つまり、鳴り物入りでデビューを果たしたということになります。
 そして、ありがたいことに、デビュー直後から多くのAVユーザーに受け入れていただいたおかげで、デビュー作から6作品続けて大手レンタルビデオ業者のレンタルランキングで1位を獲得しました。当時は、男性のみなさんにはおなじみのテレビ番組『トゥナイト2』(テレビ朝日)などで「レンタル女王」として取り上げられたこともあったほどです。
 その後も、人気AV女優のひとりとして活動させていただき、03年にはケイ・エム・プロデュースというAVメーカーがプロデュースしたAVアイドルユニット『ミリオンガールズ』の一員にも選ばれました。

『ミリオンガールズ』には、AV女優からタレント・女優に転身してテレビでもおなじみの顔になった及川奈央ちゃんもメンバーのひとりとして所属していたので、ご存じという人も多いのではないでしょうか。
 AV女優・長谷川瞳は約50本の作品に出演し、04年に引退しました。その後のわたしはソープ嬢として男性のお客さまにサービスをしています。所属しているのは、入浴料2万円、総額6万円ほどのいわゆる高級店ですので、なかなか気軽に来店できないかもしれませんが、興味を持たれたらぜひいらしてください。最高のおもてなしでお迎え致しますよ。

●AVで描かれるセックスは偏った認識を与えている

 
 そんなわたしのAV女優としての活動歴は4年間、ソープ嬢歴も13年を過ぎました。おそらく、一般の女性のなかでわたしより多くの男性たちと交わってきたという人はなかなかいないでしょう。言ってみれば、わたしは「セックスのプロ」というわけです。

書籍

『ヒアリングセックス』

長谷川 瞳

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2018年10月19日

ネット書店で購入する

    書籍

    『AV女優、のち』

    安田 理央

    定価 950円(本体880円+税)

    発売日:2018年06月09日

    ネット書店で購入する