中国人の妻・ゆえさんとの結婚生活を、カルチャーギャップに注目してコミカルに描いた『中国嫁日記』の作者・井上純一が、お金にまつわるコミックエッセイを描いた。そう聞くと意外に思う人もいるかもしれないが、作者にとっては自然な流れだった――。
『キミのお金はどこに消えるのか』
(通称「キミ金」)セカンドシーズン開幕を記念し、8月22日に紀伊國屋書店新宿本店にて行われた公開インタビューのごくごく一部を、抜粋してお届け!
(聞き手・構成 吉田大助)

>>試し読みはこちら
画像

●円安で減ったお金は、「誰が取った?」

――コミックス冒頭の「はじめに」で記されているのは、こんな言葉です。
お金って、不思議だと思いませんか?
誰しもの胸に、問答無用で突き刺さる言葉だと思うんですね。ただ、多くの人にとってお金の不思議さは、怖さという感情に繋がっているんじゃないでしょうか。お金ってなんだか怖い、だから考えないようにしよう、と。お金について考えたりおおっぴらに語ることはがめつい、よろしくない、という清貧思想もいまだ根強くあると思います。この本は、そういった感情の方向へは進みません。
 <お金の不思議を/わたしたち一家とのぞいてみませんか?>とワクワクに誘惑し、<お金のおもしろさ>を教えてくれるんです。お金の「不思議さ」を怖さではなくおもしろさとして捉え、考えていく感覚は、井上さん自身が人生のどこかで獲得されたものなんでしょうか?
井上:月(※ユエさんと読みます。中国人の奥さま)と出会わなければ、僕自身もこんなに真面目にお金について考えることはなかったと思います。彼女の親族と交流したり、中国でしばらく暮らしてみて思ったのは、中国人にとってはお金を持っている人が正義なんですよ。貧乏人は何を言ってもダメなんです。そこがものすごく、もんんんのすごく(笑)はっきりしている。日本よりもストレートに、お金について考える風潮があったんです。
 要は、一番最初の月のセリフですよ。僕がやっているフィギュアの製作の仕事は、中国の工場に発注しているんですけれども、円安のせいで支払いが高くついてしまった。そんな話を月にしたら、「円安で減ったぶんの私たちのお金は誰が取りましたか?」って、マンガで描いた台詞そのもののことを言ったんです。円安で自分たちのお金が「取られた」って感じる、そこまでストレートにお金のことを捉えているんだって衝撃があったんですよ。その衝撃から、このマンガが始まっているんです。
 他にも、ここ最近の日本で結構根強くある「経済成長しなくても人間は幸せになれる。下り坂でも幸福な社会を!」という論理をマンガの中で紹介していますが、月さんは真顔で「何を言っているかさっぱりわからない」と言う。経済成長で生じた余剰によって解決できる社会問題はいっぱいある、しない方がいいなんてわけがわからない!」と。これ、健全な経済成長を続けてきた中国にいた人にとっては、当たり前の理屈なんですよね。そんな簡単な理屈が、20年以上デフレで低成長の日本にいるとなかなか分かりづらくなっている。もしかしたら僕自身、そう思っちゃっていたかもしれない。やっぱり月と出会ったことが、お金について真面目に考える大きなきっかけでしたね。

●マンガを通じて、お金にまつわる「ぼんやりしたイメージ」を伝えたい

――マンガは1話10数ページ、各回ごとに異なるテーマを井上さんが提起し、それについて月さんがリアクションする、掛け合い形式で進んでいきます。井上さんは月さんに納得してもらえるよう、分かりやすく噛み砕いたかたちで経済について語る。その過程で、月さんから予想もしない質問をもらったり、先に結論を言われてしまったりする(笑)。井上さんの悪戦苦闘ぶりがコミカルで、抜群に読みやすいです。こんなに読みやすい経済マンガは、これまでなかったんじゃないかな、と。

書籍

『キミのお金はどこに消えるのか』

井上 純一

定価 1080円(本体1000円+税)

発売日:2018年08月04日

ネット書店で購入する

    書籍

    『中国嫁日記 一』

    井上 純一

    定価 1026円(本体950円+税)

    発売日:2011年08月12日

    ネット書店で購入する