menu
menu

カドブンノベル

カドブン ノベル

2019年10月号

表紙:2019年10月号

カドブン ノベル

2019年10月号

カドブンノベルとは?

スマホで、小説。
いつでも、どこでも、どこまでも。
電子エンタメ小説誌の最新形!

文字と想像力だけで、
人は空も飛べるし宇宙の果てにだって行ける。
そんな無限の可能性を秘めた小説を、毎月お届けします。
ミステリもアリ、サスペンスもアリ、エッセイもアリ、
ジャンルを問わず
「今いちばん面白い」エンタメがここにあります。
「文芸カドカワ」のスピリットを受け継ぎ、リニューアル創刊!

「カドブンノベル」の連載作品は、
文芸WEBマガジン「カドブン」に分割配信されます。
待ちきれない方、まとめて読みたい方は「カドブンノベル」をご購入下さい。

【今月のおすすめ】

★最終回 須賀しのぶ「荒城に白百合ありて」



鏡子と伊織の運命は!?
幕末を舞台に描く大河ロマンス、完結!

著者より
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。はじめての時代物ということで戸惑うことが多く、迷惑をかけっぱなしだったのですが、周囲の方々のお力添えのおかげでようやくここまで辿りつきました。最後のほうは友人との会話で「かたじけない」とぽろっと出るぐらいどっぷりでした(笑)。大幅加筆修正の上、11月に単行本発売予定です。そちらでも薩摩と会津の二人の行く末を見届けていただければ幸いです。

編集部より
須賀先生、連載完結、祝着至極に存じます! 読者諸賢におかれましても、最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。須賀先生は早くも次の戦い(単行本作業)に邁進されていますが、担当は物語の余韻に浸っております。鏡子と伊織はこの後どうなったかなど、妄想の種は尽きません。単行本で描かれるやもですが、11月を楽しみにしつつも、それまでは自由に妄想いただければ、担当としてこれに勝る喜びはございません。

★最終回 竹本健治「狐火の辻」



不可解な交通事故と怪談の真相に楢津木刑事が挑む。
謎と怪奇が綯い交る幻想ミステリー、ここに完結!

著者より
今回の『狐火の辻』を書くにあたって目指したのは、とにかく朦朧とした話を書こうというのがひとつ。そしてもうひとつ念頭に置いたのが〈滋味〉ということだった。従ってというわけではないが、その解明にあたってはミステリ的な〈技〉を控え、基本である〈裏返しのカードが明かされること自体の面白さ〉に集約させようとしたのだが、それが功を奏しているかどうかにつ
いては、毎回のことながら洗った首を差し出す心境である。

編集部より
無関係に思える数件の交通事故と様々な怪談が不穏に交錯する本作が、ついに最終回を迎えました。「ゲーム三部作」や『涙香迷宮』をはじめ竹本作品ではお馴染みの天才棋士・牧場智久や、楢津木刑事ら「湯河原怪奇探偵団」の活躍によって、枝分かれしたそれぞれの出来事が見事に収斂してゆくラストは圧巻です! 楢津木に遠隔指示を出す牧場もさることながら、これを書いている竹本さんの頭の中がどうなっているのか覗いてみたくなります。単行本も準備中ですので、どうぞお楽しみに。

【今月のラインナップ】

連載小説
赤川次郎/新井素子/伊東潤/櫛木理宇/須賀しのぶ/竹本健治/谷村志穂/中山七里/
藤野恵美/増田俊也/三羽省吾/夢枕獏/渡辺優

エッセイ
今野敏/酒井順子/でんすけのかいぬし


バックナンバー

カドブンノベル

最新号 2019年12月号

11月10日 配信

書籍週間ランキング

1

スワン

著者 : 呉 勝浩

2

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 : 有川 ひろ

3

目を見て話せない

著者 : 似鳥 鶏

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

小説 野性時代 第193号 2019年 12月号

編 : 小説野性時代編集部

6

ひとり旅日和

著者 : 秋川 滝美

11/11~ 11/17 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

  • 呉勝浩「スワン」
  • 有川ひろさんの新刊についてお知らせとお詫び

TOP