KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

京極夏彦による妖怪時代小説の金字塔、<巷説百物語>シリーズが堂々の完結!『了巷説百物語』6月19 日発売。カバーデザイン公開&予約スタート

2024年に小説家デビュー30周年を迎える京極夏彦氏。KADOKAWAは、妖怪時代小説の金字塔として人気を博す〈巷説百物語〉シリーズの完結編、『了巷説百物語おわりのこうせつひゃくものがたり』を2024年6月19日(水)に発売することを決定しました。さらに、発売に先駆けて本作品のカバーデザインを公開。本日より予約を開始します。



■〈巷説百物語〉シリーズとは

京極夏彦氏を代表するシリーズの一つ。法では裁けぬ悪を倒す痛快な時代小説であり、数々の妖怪を題材にとった「仕掛け」が読者を驚かせる珠玉のミステリー小説です。『後巷説百物語のちのこうせつひゃくものがたり』で第130回直木賞、『西巷説百物語にしのこうせつひゃくものがたり』で第24回柴田錬三郎賞、『遠巷説百物語とおくのこうせつひゃくものがたり』で第56回吉川英治文学賞を受賞し、シリーズ作品としては前代未聞の文学賞三冠の快挙を成し遂げました。さらに、ドラマ化やアニメ化、コミカライズといったメディアミックスでも大きな話題を呼びました。

このたび、シリーズ完結巻の発売を決定。1997年の連載開始から27年、〈巷説百物語〉シリーズがついに大団円を迎えます。


■新刊の読みどころ

最新作『了巷説百物語』では、シリーズに登場した化け物遣いたちが、最大にして最後の大仕事に挑みます。人の噓を見破る稲荷藤兵衛が、老中首座・水野忠邦に関連したある依頼を引き受けたことで思いもよらぬ事態に遭遇。やがて京極堂(中禅寺秋彦)の曾祖父・中禪寺洲齋と出会い、中禪寺はとある商家の憑き物を落とすことになります。昨年、17年ぶりに刊行され大きな話題を呼んだ<百鬼夜行>シリーズの長篇『鵼の碑ぬえのいしぶみ』と対となる物語となっています。

やるせなさが胸を打つ妖怪時代小説の金字塔、ぜひご注目ください!

書影初公開!

桃山人とうさんじんによる奇談集『繪本百物語』(江戸時代後期刊行)に掲載された竹原春泉筆による妖怪画の中から、本作に登場する妖怪「於菊蟲おきくむし」「手洗鬼てあらいおに」「葛乃葉くずのは」「野宿火のじゅくび」をあしらったカバーとなっています

最新小説『了巷説百物語』について

◆あらすじ
〈憑き物落とし〉中禪寺洲齋。
〈化け物遣い〉御行の又市。
〈洞観屋〉稲荷藤兵衛。
彼らが対峙し絡み合う、過去最大の大仕掛けの結末は――?
文学賞3冠を果たした〈巷説百物語〉シリーズ堂々完結!


下総国に暮らす狐狩りの名人・稲荷藤兵衛には、裏の渡世がある。凡ての嘘を見破り旧悪醜聞を暴き出すことから〈洞観屋どうかんや〉と呼ばれていた。ある日、藤兵衛に依頼が持ち込まれる。老中首座・水野忠邦による大改革を妨害する者ども炙り出してくれというのだ。敵は、妖物を操り衆生を惑わし、人心をほしいままにする者たち――。依頼を引き受け江戸に出た藤兵衛は、化け物遣い一味と遭遇する。やがて武蔵晴明神社の陰陽師・中禪寺洲齋と出会い、とある商家の憑き物落としに立ち会うこととなるが――。

《目次》
戌亥乃章 於菊蟲
申酉乃章 柳婆
午未乃章 累
辰巳乃章 葛乃葉 或は福神ながし
寅卯乃章 手洗鬼
子丑乃章 野宿火
空亡乃章 百物語

◆書誌情報



作品名:了巷説百物語
著者名:京極夏彦
発 売:2024年6月19日(水)予定 ★電子書籍同日配信予定
定 価:4,400円(本体4,000円+税)
頁 数:1,152頁予定
体 裁:四六判上製 単行本
装 丁:片岡忠彦(ニジソラ)
ISBN:978-4-04-111720-0
発 行:KADOKAWA
初 出:「怪と幽」vol.007(2021年4月刊)~vol.0015(2023年12月刊)
    ※「子丑乃章 野宿火」「空亡乃章 百物語」の2篇は書き下ろし
書誌ページURL:https://www.kadokawa.co.jp/product/322104000664/

著者プロフィール



京極夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家。94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞、『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、『後巷説百物語』で第130回直木賞、『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞、『遠野物語remix』「えほん遠野物語」シリーズなどにより平成28年遠野文化賞、『遠巷説百物語』で第56回吉川英治文学賞を受賞。他著に『虚実妖怪百物語 』『虚談』『いるの いないの』『ルー゠ガルー 忌避すべき狼』『厭な小説』『死ねばいいのに』『数えずの井戸』『オジいサン』『ヒトごろし』『今昔百鬼拾遺 月』『書楼弔堂 待宵』『鵼の碑』など多数。

公式HP「大極宮」https://www.osawa-office.co.jp/

〈巷説百物語〉シリーズ既刊紹介



『巷説百物語』(2003年6月25日発売)
https://www.kadokawa.co.jp/product/200301000369/

『続巷説百物語』(2005年2月25日発売)
https://www.kadokawa.co.jp/product/200312000245/

『後巷説百物語』(2007年4月25日発売)
★第130回直木三十五賞受賞作
https://www.kadokawa.co.jp/product/200702000126/

『前巷説百物語』(2009年12月25日発売)
https://www.kadokawa.co.jp/product/200907000479/

『西巷説百物語』(2013年3月23日発売)
★第24回柴田錬三郎賞受賞作
https://www.kadokawa.co.jp/product/201112000531/

『遠巷説百物語』(2023年02月24日発売)
★第56回吉川英治文学賞受賞作
https://www.kadokawa.co.jp/product/322207000254/

レーベル名:角川文庫
発行:KADOKAWA


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP