menu
menu

ニュース

大ヒット映画のイラスト入り児童文庫版、角川つばさ文庫『すずめの戸締まり』が話題!

新海誠監督の最新映画「すずめの戸締まり」が大ヒット中!
映画をまだ観ていない人、もうすでに観た人、どちらにもおススメなのが、新海誠監督が自ら執筆した小説版!

特に、イラストとふりがながついた児童文庫版『すずめの戸締まり』(角川つばさ文庫)は、
映画で感動した名シーンの数々を、イラストで何度でも味わえると大評判です!

たっぷり収録されたイラストが話題!

『すずめの戸締まり』(角川つばさ文庫)には、物語をいろどるイラストが26点収録されています。
SNSでも、「あのシーンをイラストで見てみたくて買った」「映画の感動をもう一度味わえる」と大反響!


鈴芽と草太の出会い


謎の猫・ダイジンを追う「すずめの椅子」


映画を観た人の間で話題沸騰の芹澤も!


児童文庫版『すずめの戸締まり』(角川つばさ文庫)、
ぜひ、映画とあわせてチェックしてください!

<あらすじ>
私の名前は、鈴芽(すずめ)。17歳の高校生。
九州の静かな町で楽しく暮らしている。
ある日、見知らぬ青年に「このあたりに、廃墟はない?」と聞かれた。
「ハイキョ?」ととまどう私。
彼、草太(そうた)さんは、人がいなくなってしまった場所にある「扉」を探して旅をしているらしい。
私は彼の後を追い、山の中の廃墟で古ぼけた扉を見つけた。
彼の言葉を思い出し、扉に手を伸ばしてみると――。
不思議な扉にみちびかれた私・鈴芽の、全国をめぐる“戸締まりの旅”が始まる!

©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

書籍情報



すずめの戸締まり
作:新海 誠 挿絵:ちーこ
【定価】924円(本体840円+税)
【発売日】2022年10月13日
【サイズ】新書判
【ISBN】9784046321909


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年2月号

1月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.012

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP