KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』出発の日! 原菜乃華、松村北斗、深津絵里らの温かな関係を感じる、初日舞台挨拶レポート

左から、染谷将太、深津絵里、原菜乃華、松村北斗、花瀬琴音、新海誠監督。


日時:11月11日(金)
会場:TOHOシネマズ六本木 スクリーン7
登壇者:原 菜乃華 松村北斗 深津絵里 染谷将太 花瀬琴音 新海 誠監督 

RADWIMPS、陣内一真による音楽や、新海監督による原作小説にも注目が集まっている『すずめの戸締まり』。SNSでは「感動!」「泣いた!」との観客の言葉が駆け巡り、新海誠監督最高傑作の呼び声も高い本作。出演キャストと新海監督による、公開の喜びに満ちた舞台挨拶をレポート。


作品への万感の想いを語る、新海誠監督。

新海誠監督が導かれた…? 野田洋次郎の歌詞

九州の静かな街で暮らす、高校生・すずめ。彼女が出会ったのは、全国各地の「災い」をもたらす扉を閉め、鍵をかけているという「閉じ師」の青年・草太だった。しかし、二人の前に現れた謎の猫・ダイジンによって呪いをかけられた草太は、椅子の姿に変えられてしまう…。すずめは、草太とともにダイジンを追いかけ、「戸締まり」の旅に出るのだが――。
映画『すずめの戸締まり』の初日上映後に観客の前に原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太、花瀬琴音のキャスト陣と新海誠監督が登壇した。「本日はありがとうございます。映画を観ていただいてすぐの方の前に立つのは何度やっても緊張します」と新海監督。続けて、「この映画のエンディングテーマに『僕にはない、僕にはないものでできてる/君がこの僕を形作ってる』という(野田)洋次郎さんの書いた素晴らしい歌詞があります。いま、振り返るとその歌詞に導かれるように、これまでの『君の名は。』『天気の子』をご覧いただいた、みなさんの声によって出来上がった映画のような気がしています」と万感胸に迫る表情で話す。


すずめ役への溢れる想いが、原菜乃華の言葉一つひとつから伝わった。

「昨日はあまり眠れませんでした」。そう吐露するのは、主人公・すずめ役の原菜乃華。オーディションで選ばれ、長いアフレコ期間を経ての劇場公開ということもあったからか「本当に今日を楽しみにしていました。こうして無事公開できて嬉しいです」と興奮の面持ち。すかさず、「どうも椅子です、こんばんは」と挨拶し、観客を笑わせたのは、草太役の松村北斗。劇中、呪いで人間から椅子の姿に変えられてしまう役どころの松村は、口がないのに喋る椅子を演じる難しさがあったとか。「原さんが『草太さんは人間のときよりも椅子になってからのほうが、表情がありますね』と言ってくれて。なるほどな、と思いました。監督、これは狙いだったのでしょうか?」と訊ねると、新海監督は「みなさんに後から言われて、そう思いました」と無意識だったことを告白し、会場の笑いを誘っていた。


原から「リアル草太さん」と呼ばれていた松村北斗が、すずめの魅力を語る。

松村北斗が伝えたい、すずめのカッコ良さ

 原と松村は、共に旅をするキャラクターを演じただけあり、トークも息ぴったり。互いの印象をMCに聞かれた原は、「私にとって松村さんは『リアル草太さん』なんです。収録でも、いつも敬語で丁寧に接してくださいましたし、取材でも私が思っていることを言語化できないときにそっとフォローしてくださいました」と松村と草太の共通点を語り、当の松村は思わず照れ笑いを見せていた。
次いでMCから、本作のすずめと草太の胸キュンシーンを訊かれた二人。「僕はこの映画を観ていて、すずめのカッコ良さにキュンとくるんです。『草太さんのいない世界が私は怖いです!』というすずめのセリフがあるんですが、そういうふうに自分の弱さを惜しげもなく出せる人はカッコいいと思います」と独自な視点のキュンポイントを。対する原は、「電車に乗って旅をするシーンで、二人が小声で囁き合いながら会話するところが可愛かったです」と二人の愛らしさ全開のシーンをピックアップ。本作の魅力を伝えあった。


女優としての先輩・深津絵里の言葉に、思わず瞳を潤ませる原。

キャラクターに原と深津が重なる瞬間

 すずめが旅の途中で出会う、同い年の少女・千果役を演じたのは、花瀬琴音。ユーモラスに伊予弁のキャラクターを演じきった彼女は、「すずめは勇気がある女の子ですよね」と、その魅力に触れ、新海監督や原も交え、クロストークとなる一幕もあった。 
また、すずめの叔母、環に片想いをする稔役の染谷将太は、「この映画を観終わったあと、椅子に身体がくっついたように動けませんでした。なので、いまの皆さんの気持ちがよくわかります。今日も皆さんと同じく、客席から映画を観たいくらいでした」と作品愛たっぷり。
 一方、すずめの育ての親である、環役を演じた深津絵里は、九州弁を意図的に使い、ルーツを東北に持つこの難役を演じるため、2つの地方の方言を習得せねばならず苦悩したと話す。「あてもなく街を彷徨ったり、京都のお寺で心を静めたりしました」と語るも、新海監督からの演出に多くの刺激があった様子。「これまでも素晴らしい映画を作られてきた新海監督が、大勢の誰か以上に、どこかにいるたった一人に届けようとしている映画だと感じました」と声優初挑戦ながら、本作出演を決めた理由を明かした。さらに、原についても、「作品の中のすずめのように、原さんが、収録で何度転んでも立ち向かっていく姿がすごく美しくて……。ご一緒できてよかったです」と語ると、その言葉に目頭を熱くさせた原が、「……嬉しくて泣きそうです。現場では、深津さんからいただいた喉に優しい蜂蜜を環さんにもらったもののように大事なお守りにしていました」と、感無量のようだった。


劇中に登場の椅子とともにフォトセッション。会場を拍手が包み込む!

すずめの「行ってきます」から始まる、全国公開!

 舞台挨拶の締めくくりは、原と松村。原が「私にとって、宝物のような映画になりました。誰に観てもらっても楽しんでもらえるこの作品に出演できたことは、私の誇りです」と、言うやいなや、観客からは温かな拍手。その言葉を優しく継いだのは、もちろん松村。「すずめがたくさんの人と出会い、その苦悩や歴史を知り、生きることの意味を知っていく映画です。この映画を観た方は、そこにたくさんのものを受け取ってくださると思います」と「リアル草太」な微笑を見せる。その松村が「『すずめの戸締まり』は今日が旅立ちの日です」と穏やかな表情で告げる。コクリと頷いた原は、劇中のすずめと同じく、「行ってきます!」と高らかに宣言。凛とした「すずめ=原菜乃華」の声が会場に響き渡り、観客の大きな拍手が会場を包んだ。
 最後は、劇中に登場する三本脚の椅子を抱えた原を、キャスト&新海監督が囲むように並んで、フォトセッション。こみ上げる涙を堪え、笑顔を見せる原を気にかける松村と、彼女の肩にそっと手を添え、支えていた深津の姿があった。新海監督たちが、心を尽くして生み出した『すずめの戸締まり』。いま、観る者の哀しみや孤独を、温かくすくい上げてくれるであろう本作を、ぜひ多くの人に劇場で体感してほしい。


『すずめの戸締まり』
原作・脚本・監督:新海 誠
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一/美術監督:丹治 匠
音楽:RADWIMPS 陣内一真
声の出演:原 菜乃華 松村北斗 深津絵里 染谷将太 伊藤沙莉 花瀬琴音 花澤香菜 神木隆之介 松本白鸚 他
配給:東宝

東宝系にて全国公開中
https://suzume-tojimari-movie.jp/

©2022 「すずめの戸締まり」製作委員会

◎映画『すずめの戸締まり』公開記念特設ホームページ
https://kadobun.jp/special/suzume-tojimari/

原作紹介



『小説 すずめの戸締まり』
著者 新海誠
発売中
定価 748円(本体680円 + 税)

九州の静かな港町で叔母と暮らす17歳の少女、岩戸鈴芽。
ある日の登校中、美しい青年とすれ違った鈴芽は、「扉を探してるんだ」という彼を追って、山中の廃墟へと辿りつく。
しかしそこにあったのは、崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた白い扉だけ。 何かに引き寄せられるように、鈴芽はその扉に手を伸ばすが……。
やがて、日本各地で次々に開き始める扉。 その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。
―――星と、夕陽と、朝の空と。 迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった―――
不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。 新海誠監督が自ら執筆した、原作小説!
https://www.kadokawa.co.jp/product/322203001170/


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP