menu
menu





原作小説



  • 扉の向こうにはすべての時間があった。新海誠自らが綴る原作小説!

    小説 すずめの戸締まり

    • 著者 新海誠
    • 発売日 2022年8月24日
    • 定価 748円(本体680円 + 税)

    九州の静かな港町で叔母と暮らす17歳の少女、岩戸鈴芽。
    ある日の登校中、美しい青年とすれ違った鈴芽は、「扉を探してるんだ」という彼を追って、山中の廃墟へと辿りつく。
    しかしそこにあったのは、崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた白い扉だけ。
    何かに引き寄せられるように、鈴芽はその扉に手を伸ばすが……。

    やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
    その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。
    ―――星と、夕陽と、朝の空と。
    迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった―――

    不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。
    新海誠監督が自ら執筆した、原作小説!

    九州の静かな港町で叔母と暮らす17歳の少女、岩戸鈴芽。
    ある日の登校中、美しい青年とすれ違った鈴芽は、「扉を探してるんだ」という彼を追って、山中の廃墟へと辿りつく。
    しかしそこにあったのは、崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた白い扉だけ。
    何かに引き寄せられるように、鈴芽はその扉に手を伸ばすが……。

    やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
    その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。
    ―――星と、夕陽と、朝の空と。
    迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった―――

    不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。
    新海誠監督が自ら執筆した、原作小説!



\予約をして、初回限定特典をゲットしよう!/
8月24日(水)発売
『小説 すずめの戸締まり』



抽選で映画イベントやサインなどの豪華賞品が当たるプレゼント企画
キャンペーン帯についている応募券もしくはKADOKAWAアプリから応募いただけます。
KADOKAWAアプリではオリジナル壁紙も応募者全員プレゼント


キャンペーンは終了致しました。
沢山のご応募ありがとうございました!

よくある質問
Q. 初回限定版と通常版があるということですか?
A. 初回限定版(特典「特製クリアしおり」つき)と通常版があります。価格と内容に相違はありません。初回出荷分へのみ特典がつきます。ただし数に限りがございますので、書籍のご予約をおすすめいたします。
Q. 初回限定特典つきの『小説 すずめの戸締まり』はいつまでに予約すれば確実に手に入りますか?
A. 特典つきの初回限定版は、数に限りがございますので、お手数ですがご希望の場合はお早めにご予約ください。
Q. Amazonなどの通販では、初回版の表記がないのですが、これに申し込めば、特典がもらえますか?
A. Amazonを含むネット書店での「予約分」は、ほぼ特典つきの初回限定版となりますが、数に限りがございますので、お早めにご予約いただくことをおすすめいたします。



書店オリジナル特典

一部書店ではオリジナル特典が付いてくる!お近くの書店で予約して、お目当ての特典をゲットしよう!

※特典はなくなり次第終了となります。
※配布方法は書店によって異なります。各書店にお問い合わせください。


アニメイト

しおり(両面)



HMV

イラストカード



紀伊國屋書店

ブックカバー




三洋堂書店

イラストカード



TSUTAYA

ポストカード




未来屋書店

ポストカード




有隣堂

ポストカード




著者紹介




新海誠

1973年生まれ、長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」で商業デビュー。 以降、発表される作品は高く評価され、2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』で 第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を、2007年公開の『秒速5センチメートル』で アジアパシフィック映画賞「最優秀アニメ賞」を、2011年に公開された『星を追う子ども』で第8回 中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞を受賞し、2013年公開の『言の葉の庭』では、ドイツのシュ トゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリに輝いた。 2016年公開の『君の名は。』は歴史的な大ヒットとなり、第40回日本アカデミー賞でアニメーショ ン作品では初となる「優秀監督賞」、「最優秀脚本賞」を受賞し、海外においても第42回ロサンゼ ルス映画批評家協会賞「アニメ映画賞」に輝くなど、国内外で数々の映画賞を受賞。自ら執筆した 小説版も170万部を突破した。2019年公開の『天気の子』は、第92回米国アカデミー賞国際長編映画 賞部門の日本代表に選出され、さらにインドでは本作の劇場公開を希望する5万人以上の署名が集ま り、その声に応える形で、日本のオリジナルアニメーション映画としては初となるインドでの劇場 一般公開が実現した。



関連書籍



  • 新海誠監督作品 すずめの戸締まり 美術画集

    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 監修 :東宝
    • 発売日 :
    • 定価 :3300円(税込)
  • 新海誠監督作品 すずめの戸締まり 公式ビジュアルガイド

    • 監督 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 監修 :東宝
    • 監修 :STORY
    • 編集 :角川書店
    • 発売日 :
    • 定価 :1870円(税込)
  • すずめの戸締まり

    • 作 :新海誠
    • 挿絵 :ちーこ
    • 発売日 :
    • 定価 :924円(税込)
  • 小説 天気の子

    • 著者 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :660円(税込)
  • 小説 雲のむこう、約束の場所

    • 著 :加納新太
    • 原作 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :792円(税込)
  • 小説 星を追う子ども

    • 原作 :新海誠
    • 著者 :あきさかあさひ
    • 発売日 :
    • 定価 :616円(税込)
  • 小説 ほしのこえ

    • 原作 :新海誠
    • 著者 :大場惑
    • 発売日 :
    • 定価 :616円(税込)
  • 小説 君の名は。

    • 著者 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :616円(税込)
  • 小説 言の葉の庭

    • 著者 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :748円(税込)
  • 小説 秒速5センチメートル

    • 著者 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :572円(税込)
  • 天気の子

    • 作 :新海誠
    • 挿絵 :ちーこ
    • 発売日 :
    • 定価 :814円(税込)
  • 星を追う子ども

    • 原作 :新海誠
    • 文 :あきさかあさひ
    • 絵 :ちーこ
    • 発売日 :
    • 定価 :770円(税込)
  • ほしのこえ

    • 原作 :新海誠
    • 文 :大場惑
    • 絵 :ちーこ
    • 発売日 :
    • 定価 :748円(税込)
  • 君の名は。

    • 作 :新海誠
    • 挿絵 :ちーこ
    • 発売日 :
    • 定価 :748円(税込)
  • 天気の子 新海誠絵コンテ集 6

    • 監督 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 発売日 :
    • 定価 :6050円(税込)
  • 言の葉の庭 新海誠絵コンテ集 5

    • 著者 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 発売日 :
    • 定価 :3300円(税込)
  • 星を追う子ども 新海誠絵コンテ集 4

    • 著者 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 発売日 :
    • 定価 :4620円(税込)
  • 雲のむこう、約束の場所 新海誠絵コンテ集 3

    • 著者 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 発売日 :
    • 定価 :3960円(税込)
  • 君の名は。 新海誠絵コンテ集 2

    • 監修 :「君の名は。」製作委員会
    • 監督 :新海誠
    • 発売日 :
    • 定価 :3740円(税込)
  • 秒速5センチメートル 新海誠絵コンテ集 1

    • 著者 :新海誠
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 発売日 :
    • 定価 :3300円(税込)
  • 新海誠の世界 時空を超えて響きあう魂のゆくえ

    • 著者 :榎本正樹
    • 発売日 :
    • 定価 :2090円(税込)
  • 新海誠監督作品 天気の子 美術画集

    • 発売日 :
    • 定価 :2970円(税込)
  • 新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

    • 監督 :新海誠
    • 監修 :東宝
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 編集 :角川書店
    • 発売日 :
    • 定価 :1760円(税込)
  • 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

    • 監督 :新海誠
    • 監修 :東宝
    • 監修 :コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 編集 :角川書店
    • 発売日 :
    • 定価 :1760円(税込)




映画情報


『 君の名は。』『天気の子』の新海誠監督 最新作
すずめの戸締まり



◆ STORY ◆

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、
「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。
彼の後を追って迷い込んだ山中の廃墟で見つけたのは、
ぽつんとたたずむ古ぼけた扉。
なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…。

扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、
草太は扉を閉めて鍵をかける“閉じ師”として旅を続けているという。
すると、二人の前に突如、謎の猫・ダイジンが現れる。

「すずめ すき」「おまえは じゃま」

ダイジンがしゃべり出した次の瞬間、
草太はなんと、椅子に姿を変えられてしまう―!
それはすずめが幼い頃に使っていた、脚が1本欠けた小さな椅子。
逃げるダイジンを捕まえようと3本脚の椅子の姿で走り出した草太を、
すずめは慌てて追いかける。

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
不思議な扉と小さな猫に導かれ、九州、四国、関西、そして東京と、
日本列島を巻き込んでいくすずめの”戸締まりの旅”。
旅先での出会いに助けられながら辿りついたその場所で
すずめを待っていたのは、
忘れられてしまったある真実だった。






TOP