画像

新鮮な驚きに満ちた、初の戦場ミステリー

──新刊『長く高い壁』の舞台は、一九三八(昭和十三)年、日中戦争下の中国は万里の長城。中国に進駐していた北支那方面軍の守備隊内で発生した、分隊員十名全員が謎の死を遂げるという大事件に、流行探偵小説作家・小柳逸馬こやなぎいつまが挑む、戦場ミステリーです。「従軍ペン部隊」の一員として北京に派遣されていた小柳をはじめ、個性豊かな軍人や兵士を絡ませながら物語が進み、一体誰が犯人なのか、最後の最後まで翻弄され続ける展開でした。

浅田:僕にとって初めての本格的なミステリーでしたが、執筆中はこれまでの作品とは違った快感がありましたね。普通の小説では、自分の中によほどしっかりとテーマを定めておかなければ、小説全体が茫洋ぼうようとしてしまい、恰好かっこうがつかないものなんです。しかし、ミステリーの場合は「犯人捜し」という目的がはっきりしているので、とても新鮮な仕事でした。
 今回の作品は、「小説 野性時代」で連載したものですが、今あらためて思うのは、ミステリーは連載が向いている、ということですね。頭から計画的に伏線を張っていくことができるでしょう。そして、伏線を一つずつ、「犯人捜し」というゴールに向かって片付けていって、最後は詰将棋のように犯人を追い詰める。さらに良いことには、書いている最中に肉付けする余裕まである。面白かったなぁ。連載というスタイルで本格的なミステリーに初挑戦できたのは幸運でした。

──事件の現場は満洲に接する万里の長城「張飛嶺ちょうひれい」です。海抜一千三百メートル、垂直の胸壁が行く手を阻む、天をつくような山頂の監視廠かんししょう。北支那方面軍の参謀長から突然、前線への出張要請を受けた小柳は、ここで凄絶せいぜつな光景を目にすることになります。「張飛嶺」の険しく厳しいたたずまいにも引き込まれました。

浅田: 僕はこれまで、長城のあちこちに、それこそ何十回も行ったことがあって、「万里の長城マニア」を自負しているのですが、その割には小説に使っていなかったんです。だから、K社には悪いなあとは思いましたが(笑)、今回は使わせてもらいました。
「張飛嶺」は架空の場所なのですが、モデルになった司馬台しばだい長城は、万里の長城のなかでも特に峻嶮しゅんけんで、人を寄せ付けない雰囲気を持っている。今回のようなミステリーには恰好の舞台でした。

時代を背負った男たちの物語

──当代随一の人気小説家である小柳は、探偵小説家ならではの視線で、大事件の謎を解き明かしてゆきます。その推理の鮮やかな手並みはもちろんですが、ひとりの人間として、小柳逸馬に魅力を感じました。

浅田:小柳はいまでこそ人気作家だけれども、決して恵まれた道を歩んできた人物ではありません。本作だけでは文量的に、小柳の内面の奥深くにまでは踏み込めませんでしたが、次の機会があるかもしれませんから、このくらいにしておいたほうがいいかなと、今は思っています。いずれ少しずつ小柳の人物像が読者にも明らかになっていくかもしれませんね。

書籍

『長く高い壁 The Great Wall』

浅田 次郎

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年02月28日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人」2018年3月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2018年02月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『霧笛荘夜話 新装版』

      浅田 次郎

      定価 691円(本体640円+税)

      発売日:2017年11月13日

      ネット書店で購入する