二〇一七年五月に刊行されるや、“著者最高傑作”など激賞の嵐を巻き起こした『かがみの孤城』。十代の少年少女たちの揺れる心情を描くことにかけて定評のあった辻村氏が、満を持して新たに挑んだ十代の物語は、いかにして生まれ、いかにして綴られたのか。作品に込められた想いとは―――。
<本インタビューは小説ファンブック「かつくら 2018冬号」(発行:桜雲社)に掲載されたインタビューの冒頭を転載したものです>
画像

今の自分ならではの十代の子たちの物語を書いてみたかった

──『かがみの孤城』は、二〇一三年からポプラ社の『asta*』で連載されていたものに大幅加筆修正をし、二〇一七年についに刊行されました。もともと連載を始めるにあたって編集部から何かリクエストはあったのでしょうか。

辻村:特にはなかったのですが、私にとってポプラ社は、“少女時代の自分の傍らにずっといてくれた本を出していた出版社”というイメージがあったので、ご依頼をいただいたときに、十代の子供を主人公にした話が書きたいと思いました。

──近年は大人が主人公の長編が続いていましたが、十代の少年少女の物語といえば辻村作品という印象を強く持っている読者も多いと思います。

辻村:以前からサイン会などでお会いした読者の方に「初期の頃みたいな話をまた書かないんですか?」と聞かれることがよくありまして、そのたびに「書きますから、待っていてくださいね」と言い続けていたんです。『オーダーメイド殺人クラブ』で中学生を、そのあと『島はぼくらと』でそれまでのクローズドな状況とは違う、太陽の下にいる高校生を書いて、それらは確かに十代の子の物語なのですが、声をかけてくださった方たちが求める“初期の頃みたいな話”としてイメージされるものとは違ったんだろうな、ということを、今回『かがみの孤城』を出して初めて自覚しました。実際、『かがみの孤城』を読んでくださった方から、「最高傑作が更新された」といううれしいものをはじめ、「自分が読み始めた頃の辻村深月が帰ってきた」「僅差で『ぼくのメジャースプーン』には及ばないけれど感動した」とか(笑)、いつにも増して熱い声をたくさん寄せていただいたんです。多くの方がどれだけ大事に私の作品を読み続けてくれているのか、あらためて実感しました。

──『かがみの孤城』は、あえて“初期の頃みたいな話”を意識して構想を?

書籍

「かつくら vol.25 2018冬」(桜雲社)

かつくら編集部 編

定価 1134円(本体1050円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『かがみの孤城』(ポプラ社)

    辻村 深月

    定価 1944円(本体1800円+税)

    発売日:2017年5月11日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『ふちなしのかがみ』

      辻村 深月

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2012年06月22日

      ネット書店で購入する