【質問1】『AX』の主人公「兜」の名前の由来は? キャラクターの名前はどのように考えますか?
 最初の短編を書いたのが五、六年前なのであまり覚えていないのですが、たぶん、『マリアビートル』を発表したころ、オオクワガタの飼育が好きだったので、「クワガタ」という名前を考えて、それでは殺し屋のニックネームっぽくないことから、「クワガタじゃないならカブトムシかなあ」と単純に発想したような気がします。この本に限らず、登場させる人の名前は、読みにくくなくて、特徴が把握しやすいものをいつも探したくなります。大きいから「鯨」、うるさいから「蝉」とか。
【質問2】『AX』にはシリーズ前作である『グラスホッパー』『マリアビートル』の殺し屋たちも登場します。
 歴代の殺し屋で特に気に入っているキャラクターは? また、最強の殺し屋は誰だと思いますか?
 この作品に限らず、実はキャラクターにはそれほど思い入れがないのですが、槿みたいな存在は、ほかの小説に出てくる黒澤や千葉と同じようなタイプで、「読者としての自分」の好みを反映させている気がします。あと、バディ物の映画が好きなので、蜜柑と檸檬は書いていて楽しかった記憶があります。
 最強の殺し屋は誰か。『グラスホッパー』を書いたころはまさにそれを描きたかったのですが、最近は(年を取ったということでしょう)、「人を殺すような物騒なことは良くない」と思うようになってしまい、あまり考えたくないです。
【質問3】「兜」は無類の恐妻家ですが、作中の恐妻家エピソードで気に入っているものはありますか?
 もともとは編集者の教えてくれた、「魚肉ソーセージこそが(恐妻家にとって)夜食としては完璧」という教えが面白くて兜の話を書くことになったので、そのエピソードが一番好きです。
【質問4】伊坂さんご自身は恐妻家ですか?
 妻の機嫌には敏感なほうだと思います。
【質問5】他の作品の登場人物にも、『AX』の兜のようにモデルはいるのでしょうか?

書籍

『AX アックス』

伊坂 幸太郎

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2017年07月28日

ネット書店で購入する

    書籍

    『本の旅人2017年8月号』

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2017年07月27日

    ネット書店で購入する