哲学の問題すべてを一挙に解決するという、哲学史上最高度に野心的な試み『論理哲学論考』。現代哲学を代表する必読の書とされる一方で、その本文は非常に難解であると言われています。
 そこでオススメしたいのが、発売後すぐに「解説が丁寧」「わかりやすい」と大きな評判をよんでいる『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考』
 このたび、この画期的な入門書を書かれた古田徹也先生に、本書の執筆においてどんな苦労や工夫があったのか、さらに、『論理哲学論考』の魅力についてもうかがいました。
画像

●『論理哲学論考』はなぜ難しいのか

──ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』(以下『論考』)は、20世紀以降の哲学に圧倒的な影響を与えた本として知られています。今回古田さんは、原文に即して『論考』を解説する本を書かれたわけですが、どういう読者をイメージしていましたか。

古田:ウィトゲンシュタインの哲学に馴染みがないだけじゃなく、哲学そのものに対してあまり馴染みがない人も読者として想定しました。
「はじめに」にも書いたように、『論考』は、現代哲学の最重要文献に数え入れられる書物です。その知名度もあって、これまでさまざまな人たちが関心を寄せてきた。でも想像するに、『論考』を手に取ってみたけれど、読んですぐに挫折してしまったという人は大勢いると思います。きっと死屍累々の山でしょう。
 この本はそういった人たちに向けて書こうと思いましたし、そのイメージがあったからこそ、扱わない部分も明確にすることができました。まずは、この豊かな古典を広く長く開かれたものにしたかった、みんながずっと読めるものにしたかったんです。

──哲学に触れたことがない人が、いきなり『論考』を読むのは難しいんでしょうか。

古田:それは無理だと思います。なぜかというと、『論考』は読むための前提条件が多すぎるからです。まず、フレーゲ以降の新しい論理学の知識をある程度持ってないと正確には読めない部分がけっこうあります。ただ、それを知らなくても、『論考』全体の趣旨を理解することはなんとかできますので、今回の本では扱うのを諦めました。
 加えて、構成面の難しさもあります。『論考』は特異な形式で書かれていて、順番に読んでわかるようになっていないんです。たとえば、ある箇所を理解するには、後のほうに出てくる内容を踏まえないといけない。つまり、議論の筋道が一直線ではなく、前後を行ったり来たりしています。
 といったって、まずは最初から読むしかないんですが、ともかくいったん最後まで読み、何度も読み返さないと、全体像が見えてこない。『論考』には、そういう独特の読みにくさがあります。

画像

──古田さんの解説パートでは、後の内容を先取りして紹介している箇所が随所にありました。

書籍

『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考 (シリーズ世界の思想)』

古田 徹也

定価 1944円(本体1800円+税)

発売日:2019年04月26日

ネット書店で購入する