京極夏彦さんの「百鬼夜行」シリーズ最新作は、講談社、KADOKAWA、新潮社と版元を横断し、異例の3社3か月連続刊行! 5月24日に角川文庫より発売される『今昔百鬼拾遺 河童』は、その第2弾です。中禅寺敦子と呉美由紀のコンビが今回遭遇するのは、模造宝石と奇妙な水死体にまつわる事件。妖怪&ミステリーファン待望の作品についてお話をうかがいました。
画像

──「今昔百鬼拾遺」は講談社タイガ、角川文庫、新潮文庫という3つのレーベルから連続刊行される新シリーズです。『姑獲鳥の夏』以来書き継がれてきた「百鬼夜行」シリーズの最新作という位置づけですね。

京極:「百鬼夜行」シリーズには長編の他に、スピンオフ的な短編シリーズがいくつかあります。厳密に言うとスピンオフではないんですけど、長編と何らかの形で繋がっている短編集ですね。短編シリーズは「百鬼夜行」「百器徒然袋」「今昔続百鬼」とこれまで3シリーズ書いているんですが、いずれも鳥山石燕(とりやませきえん)の画集からタイトルを採っています。
 石燕の画集は、あと「今昔百鬼拾遺」が残っていたわけで、実はこれ、かなり早い時期に考えていたんです。「百器徒然袋」より前ですね。ところがあれやこれやで棚上げになって、二十年近くお蔵入りになっていたんです。3/4って気持ち悪いなあと思ってはいました。

──今回ついにお書きになった経緯とは?

京極:去年、講談社とKADOKAWAと新潮社から、僕の本がほぼ同時に出るという異常事態があったんです。狙ったわけではなくて、諸般の事情から発売日が重なってしまっただけなんですが、こんなに分厚い本を3冊も買っていただくのはさすがに読者に申し訳ないという話になって、3冊購入者特典として書き下ろし短編をつけようということになったんです。
 それはまあいいんですけど、3社の担当者が「できれば新刊3冊の内容に絡めた話にしてください」と無茶なオファーをしてきたんですねえ。講談社の『鉄鼠の檻 ハードカバー版』は昭和28年が舞台の「百鬼夜行」シリーズ、KADOKAWAの『虚談』は現代が舞台の嘘のような本当のような変な短編集。新潮社の『ヒトごろし』にいたっては土方歳三が主人公の長編時代小説です。どう考えてもひとつの話にはならない(笑)。「今昔百鬼拾遺」なら「百鬼夜行」シリーズではあるし、それをベースにして無理やりミックスしました。

──それがシリーズ第1弾として刊行済みの『今昔百鬼拾遺 鬼』ですね。

京極:ええ。若い女性二人のバディというところと、ミステリ的な構造に関しては、当初のアイデアを使用しています。変更せざるを得なかったのは、扱うお化けの種類ですね。さすがに“三題噺”に当てはまるような都合のいいお化けはいないので、最大公約数的に考えても鬼くらいしかないなあと。ただし鬼の全貌をカバーしようとするとそれだけで大長編になってしまうんです。今回はあくまで短編の扱いなので、鬼のある一面を切り取った書き方になっています。って、短編の分量じゃないんだけど(笑)。これ、一冊にできるじゃんというので、なら他の2社からも出してくれという流れですね。ひどいなあ(笑)。

──2冊目で扱われているのが河童、3冊目が天狗。誰もが知っている、メジャーな妖怪ばかりです。

書籍

『今昔百鬼拾遺 河童』

京極 夏彦

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2019年05月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    「怪と幽 vol.001 2019年5月」

    定価 1944円(本体1800円+税)

    発売日:2019年04月24日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『虚談』

      京極 夏彦

      定価 1728円(本体1600円+税)

      発売日:2018年02月28日

      ネット書店で購入する