menu
menu

特集

新時代に新創刊【京極夏彦×東雅夫×朱野帰子】登場! お化け好きに贈る雑誌『怪と幽』創刊イベント開催

4月24日に新創刊された雑誌『怪と幽』。その創刊を祝うイベントが5月12日、京極夏彦さん、東雅夫さん、朱野帰子さんの3氏を招いて開催された。多くのファンが詰めかけたイベント当日の模様をレポートします!

取材・文=朝宮 運河
写真提供=ラクーン エージェンシー

 2019年5月12日(日)、東京堂書店神田神保町店にて、雑誌『怪と幽』の創刊記念トークイベントが開催された。
『怪と幽』は4月24日にKADOKAWAより創刊された、「お化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン」。昨年惜しまれつつ休刊した妖怪マガジン『怪』と怪談専門誌『幽』が、合併する形で誕生した雑誌だ。

 イベントでは『怪』創刊時から携わってきた作家の京極夏彦さん、『幽』の編集長・編集顧問を歴任したアンソロジストの東雅夫さん、『怪と幽』創刊号に妖怪小説を寄稿した作家の朱野帰子さんの3氏がトークをくり広げた。
 イベント冒頭、京極さんが「怪と幽」と墨書された額入りの色紙を持って登場。新元号の発表会見を思わせる光景に、会場は笑い声に包まれた。

京極夏彦さん

“お化け”という共通項がありながら、実はスタンスも読者層も異なっていた『怪』と『幽』。イベント前半では、両誌はどんな雑誌だったのかがあらためてふり返られた。
「そもそも『怪』は水木しげるさんの企画でできた雑誌。それが20年も続くとは」と語った京極さんは、「自分たちが妖怪の認知度を高めたという自負はあります。ただその結果としての現状には複雑な思いがある。たとえば“妖怪は可愛い”とまとめられてしまうと、かなり戸惑いますね」と胸中を明かした。
 一方東さんは「ネガティブに扱われがちな怪談のイメージを向上させたかった。そのため各ジャンルで一流の書き手を揃えました」と話す。実際、『幽』誌上では綾辻行人さんら多くのベストセラー作家が怪談にチャレンジした。「書き手にとっても新しい挑戦のできる場だったのでは」。
 朱野さんは「わたしは『怪』派でも『幽』派でもない。ごく普通の一般人です(笑)」と前置きしつつも、『幽』主催の文学賞に応募経験があること、デビュー作『マタタビ潔子の猫魂』が京極さんらが出演していたラジオ番組「『怪』ラヂヲ」(TBSラジオで2007から08年まで放送)をヒントに生まれたことなど、秘蔵のエピソードを公開した。

朱野帰子さん

 イベント後半では『怪と幽』創刊の意義や、今後の方向性について話し合われた。東さんは「15年間好き勝手に『幽』を作らせてもらった。『怪と幽』も自由にやったらいいと思います」とイベントの司会を務める『怪と幽』編集長を激励。そのうえで「メディアには新しい才能を発見し、育てるという責務もある」とも強調した。
 朱野さんは「妖怪スイーツの紹介ページにほっとした。雑誌はその時代を映すもの。ミーハーなファンが読んでも楽しめる企画も大切にしてほしい」とリクエスト。
 京極さんは「妖怪は小馬鹿にされるべきものだし、同時に世の中をシニカルに笑い飛ばすものでもある。『怪』にはその、諷刺の精神、批評性が足りなかったという反省はあります」と、故・水木しげるさんの諷刺マンガを例にあげつつ提言した。

 今回、朱野さんが創刊号に寄稿したのは、「このオフィスには妖怪がいる」という妖怪小説だ。「怪談と妖怪では立てるアンテナが違う。怪談は負のエネルギーを集中して、一気に書くというイメージ。妖怪小説はあえて“ダメな人”になって、妖怪が出そうな世界に寄せていく感じです」と執筆の舞台裏を語る。
 それを受けて京極さんは、「怪談的な負のエネルギーは、妖怪を生み出すための土壌でもあるんです。その両者を扱えるところに『怪と幽』の面白さがある」と新雑誌の可能性に言及した。

 トーク後は質疑応答コーナー。「なぜ誌名が『幽と怪』ではないのか」「京極さんの新連載『遠(とおくの)巷説百物語』はどんな話になるのか」など、興味深い質問が飛び出し、読者の関心の高さをうかがわせる。
 イベント終了にあたって、京極さんは「一時はどうなることかと思ったが、意外によくできている。もし僕が一読者で、本屋でこの雑誌を見かけたら迷わず買うでしょう」と太鼓判を押した。
 東さんは「いつまでもあると思うな雑誌と本屋」と書かれた紙(京極さん筆)を示しながら、出版不況の折、好きなジャンルの本を買い支えることの重要性を会場にいる人びとにアピールした。

東雅夫さん

 終始和やかなムードの中にも、出演者と来場者の“お化け愛”が濃厚に感じられた約2時間。この雑誌から新しいムーブメントが巻きおこるかもしれない、そう期待させてくれたイベントだった。


ご購入&試し読みはこちら▶▷『怪と幽 vol.001 2019年5月』


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年3月号

2月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説野性時代

第196号
2020年3月号

2月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

ドミノin上海

著者 恩田 陸

2

どうせ24時間 印象に残る女になれ

著者 服部 由紀子

3

地形の思想史

著者 原 武史

4

甘夏とオリオン

著者 増山 実

5

スワン

著者 呉 勝浩

6

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

著者 夏川 草介

2/3~ 2/9 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP