インタビューの前編では、伊沢拓司さんの読書習慣から始まり、今回の角川文庫フェア用に選んでいただいた5冊のうちの1冊『テロリストのパラソル』についても語っていただきました。後編では、残りの4冊についてオススメポイントをご紹介! ドキュメンタリーから文学作品まで、伊沢さんならではの鋭い視点で「なぜ読むべきなのか」を教えてもらいました。
>>前編はこちら
画像

──まずは『「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔』からお願いできますか? こちらは題名からわかるように、オウム真理教に迫った同名ドキュメンタリー番組の裏側を書いた本となっています。

伊沢:学部生のとき、友達と2人でよくドキュメンタリー鑑賞会をしていたんですよ。その友達に薦められて貸してもらったのが『A』でした。読んだらすぐに(続刊である)『A2』、『A3』と手を出していきましたね。ドキュメンタリーとは何かを教えてもらえたと思っていて、森達也さん自身、そこを考えながら撮られているんですよ。森さんは、撮っていく中でどうしても主観が入らざるを得ないことに気づいたとあるインタビューで話されていました。解説を書いている宮台真司さんによると、森さんは、見たり聞いたりした事実を自分の中で意味づけすることを保留するのが上手なんだそうです。意味づけするより前に事実を捉えるというか。物事に対する観察眼の持ち方とか、自分の頭でちゃんと考えるということを教えてくれた一冊でした。なので、ここからドキュメンタリーにめちゃくちゃハマりもしたんですよ。原一男作品も見始めましたし、特に『さようならCP』というCP(脳性麻痺)の方を撮ったドキュメンタリーは見ているのがつらいほどの映像なんですが、意味をつかむために2回見ました。それも『A』の影響ですね。だから、選ぶ5冊の中に『A』を是が非でも入れたいと思っていました。

画像

──『A』から学んだ、ドキュメンタリーの面白さとは?

伊沢:我々は見たものにすぐ意味を与えて片付けてしまいがちなんですが、この本を読んで、そこで一度立ち止まってしっかり考えるということを教わりました。特にドキュメンタリーはどうしても賛否両論が出やすい題材な上に、撮影する人たちの主観が一回挟まっているので、受け手である僕らはもう一回考えなきゃいけない。この2回のろ過が行われて得られるものってすごく大きいんですよ。だから、『A』は大学生に読んでほしいですね。

──リテラシーが身につく本ですね。

伊沢:まさに!

書籍

『こゝろ』

夏目 漱石

定価 389円(本体360円+税)

発売日:2004年05月10日

ネット書店で購入する

    書籍

    『だれでも書ける最高の読書感想文』

    齋藤 孝

    定価 562円(本体520円+税)

    発売日:2012年06月22日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『不道徳教育講座』

      三島 由紀夫

      定価 691円(本体640円+税)

      発売日:1967年11月27日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『テロリストのパラソル』

        藤原 伊織

        定価 637円(本体590円+税)

        発売日:2007年05月24日

        ネット書店で購入する

          書籍

          『「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔』

          森 達也

          定価 679円(本体629円+税)

          発売日:2002年01月25日

          ネット書店で購入する