画像

この国には無血開城という歴史があるんだと
もっと胸を張っていいんじゃないか


慶応4年(1868年)の3月13日、翌14日と2日連続で、勝海舟は西郷隆盛と会談をした。会談前に西郷から提示された7つの降伏条件。それを受け入れさえすれば江戸は守られる。しかし、徳川方の結論は、その条件を「何一つ受け入れない」というものだった。最悪の状況から、江戸総攻撃をどのように回避するか? 勝海舟が唯一持っている武器は、言葉だ。最強のライバル・西郷隆盛を相手にした、大勝負が開幕する。
>>【前編】『麒麟児』という言葉に込めた思い

──7つの条件を一つも受け入れないというゼロ回答の状況で、勝はよくぞ会談に臨めたな、と感じます。

冲方:僕もそう思います(笑)。最終判断を伝えることになっていた3月14日の朝、「俺が西郷の屋敷に入った時点で、各所に火を放て!」が普通だと思いますよ。でも、そこであきらめないのが勝の勝たるゆえんだな、と。予定通り会談に臨み、手元にある最弱のカードを吟味しながら、あらゆる手練手管を使って状況をなんとか引っ繰り返そうとした。

──会談の場で繰り広げられるのは一種の会話バトル、頭脳バトルですね。引いたら押して、押したら引く。屁理屈すれすれのロジックを積み重ねていった先で、ふっと人情を織り交ぜる。西郷を相手に、勝の弁舌が冴え渡ります。このあたり、史実に基づいたものなのでしょうか?

冲方:そもそも、勝と西郷との会談の記録はほとんど残っていないんです。会談が実際にどこでおこなわれたのかもはっきり分からないし、交渉で2人がどんな会話をしたのかはなおさら不明です。歴史家の方々によるいろいろな説が混在する中、今回は松浦玲さんの研究に拠って書かせていただいたんですが、2人の息詰まるやり取りは書いていて疲労困憊でしたね。書いていること自体は台詞の応酬ですから動きもほぼないし、ビジュアルにするとものすごく地味(苦笑)。それを、どう面白く読みこなしてもらえるか。昔の自分の実力では、この題材で、読者に楽しんでもらえる書き方はきっとできなかった気がします。今の自分だからこそ書けた作品だったと思いますね。

──勝は、そして西郷は、言葉でもって戦争を止めた。そこには戦争で勝敗を付けるのとはまったく違うタイプの興奮が宿り、快感がありました。

冲方:かたや江戸を業火に包む自爆スイッチを握りながら話し、かたや目の前にいる敵を皆殺しにしたい兵隊を何万人も背中に従えて話す。それで冷静になれるっていうのが、人間の強さですよね。現代の知性が忘れてしまっている、「座して話す」という文化が発揮された例でもあるんですよ。時間をかけて話し合い相互理解することこそが、あらゆる交渉ごとの前提なのではないでしょうか。以前、日本人初の国連難民高等弁務官をされた緒方貞子さんの言葉に感銘を受けたんです。「渦巻く矛盾と暴力に対して、どう理性で立ち向かうか」。勝海舟が西郷隆盛と共にやろうとしていたことは、まさにそれかなと思います。

書籍

『麒麟児』

冲方 丁

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年12月21日

ネット書店で購入する