画像

幕末に現れた2人の「麒麟児」を通して
普遍的な人間像を書きたかったんです


江戸初期の天文暦学者・渋川春海の知られざる偉大な功績を活写した『天地明察』(吉川英治文学新人賞と本屋大賞を受賞)。誰もが知る「黄門様」こと江戸中期の水戸藩主・徳川光圀の意外な実像を描き切った『光圀伝』。平安期に発表された元祖随筆文学『枕草子』の作者・清少納言の生涯をたおやかに綴った『はなとゆめ』。冲方丁が書き継いできた歴史小説のシリーズに、新たな一作が加わった。タイトルは、『麒麟児』。主人公は、幕末の偉人・勝海舟だ。5万の官軍による江戸城総攻撃を仕掛けようとしている西郷隆盛を、慶応4年(1868年)3月の会談において、旧幕府軍側代表の勝はいかにして止めたのか? 日本史に燦然と輝く、江戸城の「無血開城」を物語の軸に据えている。

──『麒麟児』の「予告編」と題された短編が発表されたのは、「小説 野性時代」2013年12月号です。ただ、そこから本書刊行までに5年かかったのは、ご本人にとっても想定外だったのではないですか?

冲方:こんなに時間がかかるとはまったく思ってもいませんでした。予告編で書いたのは、序章にあたる部分と本編のダイジェストです。今回は幕末という時代そのものを書くのだという意識に立って、過去3作のように主人公の生涯を追っていく書き方ははやめよう。勝海舟の人間性がもっとも発露した歴史上の一点、江戸城の「無血開城」をメインに据えて書こう。そうした方針は固まっていたんですが、幕末から明治初期にかけては、歴史の流れが非常に複雑なんですよ。とにかく史料を調べまくって、いったん自分の中に情報を全部取り込んでから、この小説にとって必要な情報だけを切り出していく必要があった。その作業に膨大な時間がかかりました。

画像

──必要な情報だけを切り出していく、とは?

冲方:例えば、慶応4年1月に勃発し、新政府軍と旧幕府軍との間の「戊辰戦争」の幕開けとなった、「鳥羽・伏見の戦い」を詳細に書くことはやめる。あるいは、世間的に名前が知られている幕末の志士たちの活躍も、ばっさり切る。端的に言えば、バイオレンスの要素を排除したんです。そういった要素はエンターテイニングではあるんですけれども、今の時代に書くべきものではないのではないか。現代は、ある意味で非常に幕末とも近い、価値観が錯綜している時代だと思います。ならばなおさら、幕末の動乱そのものではなく、動乱の中でちゃんと理性を保った人を書く。つまり、勝海舟と、「無血開城」のための交渉相手となった、西郷隆盛に徹底的に焦点を合わせる。会談の背景をもう少し書き込むプランもあったんですが、考えに考えた結果、極限までシンプルなかたちに辿り着きました。

──その結果、勝と西郷の会談をかなりのページ数を割いて詳細に綴っていくことになったわけですね。大河ドラマにもなった林真理子さんの小説西郷せごどん!』は、数え方にもよりますがそのエピソードを2ページで終わらせています。さきほど雑談でその話をしたら、冲方さんは「そこをねちねち書く方がどうかしているんです」とおっしゃっていましたね(笑)。

書籍

『麒麟児』

冲方 丁

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年12月21日

ネット書店で購入する

    書籍

    『天地明察(上)』

    冲方 丁

    定価 596円(本体552円+税)

    発売日:2012年05月18日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『光圀伝 上』

      冲方 丁

      定価 821円(本体760円+税)

      発売日:2015年06月20日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『はなとゆめ』

        冲方 丁

        定価 691円(本体640円+税)

        発売日:2016年07月23日

        ネット書店で購入する