「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除する」という小さな会社、『dele.LIFEディーリー・ドット・ライフ』。経営している圭司と新入りの祐太郎が、削除データから依頼人の思わぬ一面や事件に直面していくのだが、そのドラマが「おもしろすぎる」「カンペキ」などと話題となっている。
その『dele』が描く世界に、ネットゆえの業(ごう、カルマ)を見出すのが、仏教研究者の佐々木閑さんだ。佐々木さんは先ごろ、『ネットカルマ』という書籍を刊行した。ボタン一つで消えるデジタルデータと業がなぜ結びつくのか。佐々木さんにお話をうかがった。
画像

ケイは近未来の警察官、祐太郎は現代の祈祷師

──ドラマ『dele』が話題になっています。佐々木さんはどのようにご覧になっていますか。

佐々木:『dele』は、ネットの中のデジタルデータが、私たちの実生活や死後の評価にまでかかわってくるという事実を端的に表現しているという点で、とても現実的なドラマだと思います。
 山田孝之さん演じるケイも示唆的ですね。室内にこもり、パソコンに向かう。データを機械的に操作することで事実や真相を探し出していく。近未来の警察官のようです。現場には行かずに容疑者を割り出していくのです。
 菅田将暉さん演じる祐太郎は、デジタルのデータというそれだけではただの数字の集積でしかないものを、価値判断に変える役割です。ある意味で、『業』に変えているわけですが、その業の報いを解こうとしている姿は現代の祈祷師のようですね。

──業という言葉は時々耳にしますが、そもそもどういうものですか。

佐々木:自分の全行動が見られ、必ずその報いを受けなければならない、そんなシステムのことを、仏教では業(ごう)、古代インド語ではカルマといいます。ブッダは2500年前にこのカルマこそが苦しみの根源であると気づき、仏教という生き方を見出しました。
 業という逃れられないシステムの中でどう生きるのか、苦しみに負けない力をどう身につけるのかを、ブッダは考え続けました。

──仏教は「生き方」ですか。お寺とかお葬式を思い浮かべてしまいます。

佐々木:ブッダが思索した初期仏教と、私たちの身近にある日本仏教はまったく違います。たとえばほんの一例ですが、日本のお寺はほとんどが世襲で運営されていますが、ブッダは結婚を認めていません。仏教を神秘的な宗教だと思っている人もいると思いますが、ブッダの仏教はよりよく生きるすべを探ったものですから、非常に合理的で、むしろ神秘性を排除しています。このあたりのことに興味をもたれた方は、私がこれまでに著した書籍を読んでみてください。

書籍

『ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出』

佐々木 閑

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2018年08月10日

ネット書店で購入する

    書籍

    『dele』

    本多 孝好

    定価 691円(本体640円+税)

    発売日:2018年05月25日

    ネット書店で購入する