menu
menu

特集

『潮風メニュー』喜多嶋隆書き下ろし番外編「愛の枕」――クリスマス・イヴの夜、きょうだいとはぐれて震えていた仔猫は海辺の小さな料理店に居場所を見つけた――。【カドブン独占公開】

「お前、うちの大事な子だよ」――『潮風メニュー』の心温まるスピン・オフをカドブン限定特別公開!

9月21日に発売された喜多嶋隆さんの小説『潮風メニュー』は、前作『潮風キッチン』に続き、自分の居場所を見失った人々が、海辺の小さな料理店を通じて、新しい一歩を踏み出していく物語です。
潮風の中で始まる恋と友情、そして新しい夢——。そして、クリスマス・イヴの夜に、愛と海果が見つけたのは、迷子の仔猫。サバティーニと名付けられた仔猫は、愛の妹分となり、お店で暮らしはじめます。ミルクを飲むのもやっとだった小さなサバティーニはまさかの大活躍をするのですが、それは本を読んでのお楽しみ。
物語にはなかったサバティーニの可愛らしいエピソードを、喜多嶋さんが紡いでくれました。
WEB上だと読めるのはここだけ! どうぞお楽しみください。



愛の枕

 あれ、サバティーニ……。わたしは、つぶやいた。
 午後6時過ぎ。葉山・森戸海岸の近くにあるシーフード食堂〈ツボ屋〉。
 猫のサバティーニが、うろうろしている。
 この子を拾ったのは、去年のクリスマス・イヴ。そして今は7月。拾ったときは仔猫だったサバティーニも、もうかなり成長していた。
 そんなサバティーニが、何か探すようにうろうろしている……。
 カウンターの中でアジをさばいていたわたしは、ふと気づいた。サバティーニが探しているのは、愛かもしれない。
 中二の愛は、今朝から修学旅行に行っている。今頃は、北海道に向かっているはずだ。
 毎日、頭を撫でて、ぎゅっと抱きしめてくれて、そして一緒に寝ていた愛の姿がない。
 それで、サバティーニはいま愛を探しているのかもしれない。
 〈愛はどこ?〉と……。
 やがて、サバティーニは店の奥に入っていった。5分後、お風呂場をのぞくと、脱衣所にサバティーニがいた。
 洗濯機もある脱衣所。その床には、愛が着ていた下着が置いてあった。
 愛はまだ胸がほとんど平らなので、タンクトップ型の下着を着ている。
 お母さんが入院してからずっと、貧しい暮らしをしてきた愛の下着は、かなりボロボロ。襟ぐりや腋の下は、ひどくほつれていた。
 それを着て修学旅行に行くのは、あんまりだ。同級生たちにからかわれるかもしない。
 わたしは、出発の直前に新しい下着を買って愛に持たせた。
 古い下着は、いちおう洗濯して乾かした。捨てようかとも思ったけど、少しためらった。
 わたしは、きっと貧乏症なのだろう。ものを簡単に捨てる事にためらいがある。それがキュウリの一切れであれ、イカの脚一本であれ、捨てるのにためらう……。
 なので、愛の古い下着二枚は、とりあえずたたんで脱衣所の床に置いてあった。
 サバティーニは、その上に乗っていた。猫は何かの上に乗ったり、座る習性がある。
 しかも、その下着からは、洗濯したとはいえ愛の匂いが感じられるのかもしれない。猫や犬は、匂いに敏感だから……。
 30分後。わたしは、店で針と糸を使って、古い下着を再生していた。
 店のオーディオからは、リンダ・ロンシュタットが歌う〈銀の糸と金の針〉が低く流れていた。銀の糸ではなくただの木綿糸だったけれど、わたしはていねいに針を動かす。
 一枚の下着をばらし、四角い袋を作る。もう一枚の下着もばらし、その中にいれた。
 やがて、文庫本ぐらいの大きさの枕が出来た。猫のための枕……それが完成した。
 そして夜中近い11時。二階にあるベッド。サバティーニは、その枕に頭をのせて眠っていた。口を少し開けたまま、愛の匂いがする枕に、縞模様の頭をのせていた……。
 何か安心したような様子で……。
 わたしは、その姿をじっと見つめていた。
 サバティーニは、愛に撫でられている夢でも見ているのだろうか……。少し開いた口から、ニャッと小さな寝言がもれた。
 開けた窓からは、森戸海岸からの波音がゆったりと聞こえていた。


写真:喜多嶋 隆


作品紹介『潮風メニュー 』(角川文庫)



潮風メニュー
著者 喜多嶋 隆
定価: 814円(本体740円+税)

陽だまりのような小さな食堂。一緒なら、きっとうまくいく。
とれたての魚介類と、地元の有機野菜を使った料理が評判を呼び、海果の店は軌道に乗りはじめた。わけあって一人暮らしの 13 歳の愛に加え、迷子のサバトラの子猫も海果の家で暮らすことに。しかし、この店ごと買い取りたいという人が現れて――潮風の中で始まる恋と友情、そして新しい夢。葉山の海辺にある小さな料理店を舞台に、自分の居場所を見失った人々が、心を癒していく姿を温かく描くシリーズ。爽やかな感動の物語。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322203001808/
amazonページはこちら

そっと背中を押してくれる、海辺の街の小さな物語。 『潮風メニュー』刊行記念エッセイ



そっと背中を押してくれる、海辺の街の小さな物語。『潮風メニュー』に寄せて
有隣堂STORY STORY YOKOHAMA 名智理

https://kadobun.jp/feature/readings/bep8r1ltpggk.html


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP