menu
menu

特集

"父"という存在が描き出す、心に刻まれる物語。「"父"小説5選」

6月19日は「父の日」!!
今回は父の日に贈りたい! “父”をテーマとした作品の中から、5つの名作小説をご紹介します。
決して完ぺきではないけれどどこか羨ましく思える親子関係や時に鬱陶しいほどに熱い父の愛を堪能できる”父小説”。
今年の父の日は小説を読みつつ”お父さん”に思いをはせてみるのはいかがでしょうか。

お父さんのことが大好きなあなたにも、ちょっと距離を感じているあなたにもおすすめの 「父小説5選」

重松清『とんび』(角川文庫刊)



父親は、悲しみを飲み込んでいく海になれ──

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団らんは、突然の悲劇によって奪われてしまう──。アキラへの愛あまって、時に暴走し時に途方に暮れるヤスさん。我が子の幸せだけをひたむきに願い続けた不器用な父親の姿を通して、いつの世も変わることのない不滅の情を描く。魂ふるえる、父と息子の物語。

(あらすじ:BOOK☆WALKERより引用)
詳細はこちら⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/201101000078/

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』(新潮文庫刊)



俺たちはいつだって、何かの試験前にいるんだ。人生は試験の連続だ。

父親が四人いる!? 高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件──。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。

(あらすじ:BOOK☆WALKERより引用)

朝井まかて『ボタニカ』(祥伝社刊)



日本植物学の父、牧野富太郎。愛すべき天才の情熱と波乱の生涯!

「おまんの、まことの名ぁを知りたい」
明治初期の土佐・佐川の山中に、草花に話しかける少年がいた。名は牧野富太郎。
小学校中退ながらも独学で植物研究に没頭した富太郎は、「日本人の手で、日本の植物相(フロラ)を明らかにする」ことを志し、上京。
東京大学理学部植物学教室に出入りを許されて、新種の発見、研究雑誌の刊行など目覚ましい成果を上げるも、突如として大学を出入り禁止に。
私財を惜しみなく注ぎ込んで研究を継続するが、気がつけば莫大な借金に身動きが取れなくなっていた……。
貧苦にめげず、恋女房を支えに、不屈の魂で知の種(ボタニカ)を究め続けた稀代の植物学者を描く、感動の長編小説。

(あらすじ:BOOK☆WALKERより引用)

今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』(角川文庫刊)



違和感を抱えて生きるすべての人へ。不器用な「私たち」の物語。

平凡な日常は二転三転して驚きの結末へ。
尾通り商店街の外れでパン屋を営む父と、娘の「私」。
うまく立ち回ることがきず、商店街の人々からつまはじきにされていた二人だが、「私」がコッペパンをサンドイッチにして並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい……。(「父と私の桜尾通り商店街」)
日常から外れていく不穏とユーモア。今村ワールド全開の作品集!

(あらすじ:BOOK☆WALKERより引用)
詳細はこちら⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000367/

門井慶喜『銀河鉄道の父』(講談社文庫刊)



天才・宮沢賢治を、父の目線から描いた究極の一冊。

『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』など数多くの傑作を残してきた宮沢賢治。
清貧なイメージで知られる彼だが、その父・政次郎の目を通して語られる彼はひと味違う。
家業の質屋は継ぎたがらず、「本を買いたい」「製飴工場をつくってみたい」など理由をつけては、政次郎に金を無心する始末。
普通の父親なら、愛想を尽かしてしまうところ。
しかし、そんなドラ息子の賢治でも、政次郎は愛想を尽かさずに、ただ見守り続ける。
その裏には、厳しくも優しい“父の愛”があった。やがて、賢治は作家としての活動を始めていくことになるが――。

(あらすじ:BOOK☆WALKERより引用)

こちらの記事もおすすめ!

手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45902.html

“美術”が創り出す、豊かな物語世界。「美術小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45567.html

新たな環境で頑張る人の背中を押してくれる! 編集部おすすめの「新生活小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45565.html

本のあるところに物語あり!「書店が舞台の小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45286.html

名作ミステリに名探偵あり! 「探偵小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45252.html

2月22日は“猫の日”! 猫文芸7(ニャニャ)選!


https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45249.html

あれもこれも伏線!? 伏線がスゴいミステリ小説5選!



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45204.html

一生忘れられない恋物語を。令和に刊行された恋愛小説5選



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-45161.html

つないだタスキが胸を熱くする! 「駅伝小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-43547.html

驚天動地の戦国時代で、魂を燃やした男たち。「戦国小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-43548.html

あなたの背中をきっと押してくれる。「読後感がいい小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42914.html

剣で、知略で、生き様で。熱い時代を駆け抜ける「幕末小説」5選


https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42826.html

寒い冬には、家にこもって本を読もう。「冬に読みたい小説5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42807.html

11月22日は「いいふうふの日」。大切な人を想って読みたい小説5選



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42761.html

“司法”がミステリを輝かせる。編集部おすすめの「リーガル・ミステリ5選」



https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42711.html

電車が走れば、物語が動き出す。「鉄道小説5選」


https://kadobun.jp/feature/readings/entry-42493.html


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

炎上白書

著者 あやなん

2

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年6月19日 - 6月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP