menu
menu

特集

ここでしか読めない! もたいまさこさんの推薦コメント全文をお届け!尾崎英子『ホテルメドゥーサ』にしみじみ共感

フィンランドの森の中に佇む小さなホテルを舞台に、4人の男女の人生の選択を温かい筆致で描く『ホテルメドゥーサ』(単行本『くらげホテル』を改題)が刊行されました。単行本でこの物語を手にしたときから、お気に入りの1冊とおっしゃるもたいまさこさんが、本書への素敵なコメントを寄せてくださいました。
文庫帯のスペースは小さくて、全文を載せきれなかったので、ここで特別にご紹介します!

生きているだけで、むなしく思うことがある。心の中に見えてきた不思議な森の遥か向こうの空から、希望と勇気の光が射してきた。
フィンランドの森は、静かに優しく、深く強い。あの森でこの物語を読んだら、新しい自分が見えてくる予感がした。

自分の居場所が見つけられなかったり、今いる場所に違和感をもって、悩んでいる人も多いはず。しかし、今は「ここではないどこか」へ行くのも難しい日々。そんなとき、もたいさんの言葉を読み返すと、静かに温かい炎が胸にともる思いがします。

『ホテルメドゥーサ』ってどんな本?


人生の岐路に立つ、すべての人へ贈る物語。
下北沢発→フィンランド経由。目的地は、あなた次第。

あらすじ

フィンランドの森に佇む素朴なホテルには、“異次元へのドア”があるという噂がある。ここで出会った日本人4人は、人生をやり直したいと切実に願っていた。殺人を犯して怯える男、居場所が見つからず悩む女、死んだ妻に会いたい男、子育てを終え自分と向き合う女……。ここではないどこかへ本当に行けるとしたら、どうする? 揺れ動く4人が出した答えとは? 人生は、ままならないけれど、愛おしい。大きな肯定感に包まれる物語。
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002001026/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年5月号

4月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.007

4月27日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 宮部みゆき

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

ドキュメント

著者 湊かなえ

4

傷痕のメッセージ

著者 知念実希人

5

再生(仮)

著者 緒方恵美

6

怪と幽 vol.007 2021年5月

著者 京極夏彦 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 山白朝子 著者 澤村伊智 著者 加門七海 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

2021年5月2日 - 年5月9日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP