menu
menu

特集

宗田理の不朽の名作が現代版になって帰って来た!ノベライズ版登場!『劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争』

12月13日(金)公開映画のノベライズ本『劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争』が角川文庫より発売中!
巻末より原作者・宗田理さんによる「あとがきにかえて」を掲載します。

あとがきにかえて

 二〇一七年の春ごろ、『ぼくらの七日間戦争』のアニメーション映画化についての話を、担当編集さんから初めて聞きました。
 原作の小説が刊行されたのが、一九八五年。みやざわりえさんが女優デビュー、初主演作として注目を集めた実写映画は一九八八年に公開されました。それから約三十年ぶりに、映像化されることに期待がふくらみました。
 映画制作側から、原作小説のままではなく、現代の高校生が新たな七日間戦争を繰り広げる映画をつくりたいという提案がありました。ぼくは原作小説と世界観が同じで、こどもたちが希望をもてる話、痛快な話にしてほしいとお願いをしました。
 そして、多くの人が数多くの打ち合わせや議論を行い、映画の脚本を作り上げてくれたのだと思います。できあがった脚本を読ませてもらい、ぼくの『ぼくらの七日間戦争』がこんなふうに変身したことに、驚くとともに感動しました。面白かった。とくに石炭廃工場での死闘は圧巻でした。
 あの場面が完成したアニメーションでどんなふうに描かれるのか楽しみです。
 早く見たい。きっと息もつかせぬものになるだろうと予感しています。

 最後に、原作を大事にしながら新しい物語を生みだしてくれた脚本家のおお河内こうちいちろうさん。魅力的な映画のキャラクター原案を描き、素敵な表紙絵を描いてくれたけーしんさん。脚本を熱心にノベライズしてくれたずのひらなりさん。映画制作の最初から最後までの長い期間、全身全霊をかけて最善を尽くしてくれたむらゆう監督。そして、映画制作にたずさわっていただいた全てのスタッフの皆様と、ご協力いただいた皆様、小説を読み、映画を観てくれた皆様に心よりお礼と感謝を申しあげます。

二〇一九年九月
そう おさむ


書籍のご購入はこちら▶ 伊豆平成『劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争』(原作・宗田理)| KADOKAWA

▼原作試し読み
【「発見!角川文庫70周年記念大賞」思い出の文庫1位】宗田理『ぼくらの七日間戦争』試し読み
1年2組の男子生徒が全員、姿を消した。河川敷にある工場跡に立てこもり、体面ばかりを気にする教師や親、大人たちへ“反乱”を起こす! 何世代にもわたり読み継がれてきた不朽のシリーズ最高傑作。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年8月号

7月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

虜囚の犬

著者 櫛木理宇

6

女だてら

著者 諸田玲子

7/27~ 8/2 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP