menu
menu

特集

恋という薬で、私はよみがえる――。ここでしか読めない、3つの愛のかたち。恋愛小説の名手・喜多嶋隆の今読むべき3冊!

恋愛小説の名手・喜多嶋隆。最新作『7月7日の奇跡』では、ラブ・ストーリーが主軸でありながらも、恋をきっかけに、自分の人生を取り戻していく青年と少女、そして、2人を取り巻く人々が変わっていく姿が、温かみのある筆致で描かれます。読み終わったあと、“自分が本当に大切にしたいもの”を、ふと思い出させてくれるのが喜多嶋作品の魅力。その奥深さを、たくさんの方に味わっていただきたく、3つの愛の形をご紹介します。

1:『7月7日の奇跡』



彼女は、少年の姿で僕の前に現れた。

友人の自殺のため、船員学校を休学した雄次は、ある日、ショートカットが似合う野性的な少年に出会う。だがひょんなことから彼の秘密に気づき……。海辺の町を舞台に、傷ついた心が再生する姿を描く感動作。
https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000152/

2:『夏だけが知っている』



僕が好きになったのは妹だった――。

父親と二人暮らしの高校二年生の航一のもとに、腹違いの妹がやってきた。素直で一生懸命な彼女を見守るうち、兄の心は揺れ動きはじめる……海辺の町を舞台に描く、限りなくピュアでせつないラブ・ストーリー。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321901000138/

3:『賞味期限のある恋だけど』



恋に落ちた。夢中で愛した。期限つきの恋だと知っていたけれど――。

NYのレストランで、ピアニストの絵未が出会ったのは、脚本家志望の青年。夢を追う彼の不器用な姿に彼女は惹かれていくが、彼には妻がいた……。恋を失っても、前を向き凛として歩く女性たちを描く2篇。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321707000579/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年3月号

2月13日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

この本を盗む者は

著者 深緑野分

2

悪の芽

著者 貫井徳郎

3

テスカトリポカ

著者 佐藤究

4

俺と師匠とブルーボーイとストリッパー

著者 桜木紫乃

5

ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

著者 春名幹男

6

アンブレイカブル

著者 柳広司

2/21~2/28 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP