東山彰良さんの最新刊夜汐よしおが11月28日に角川書店より遂に発売です!
発売を記念して、連載開始時に野性時代2017年12月号で掲載された、故・葉室麟さんとの対談を特別公開します。
画像

【初めて時代小説に挑戦。時は幕末――】

――東山さんはここ数年、自身のルーツである台湾を舞台にした青春ミステリや近未来のSF小説を発表してこられました。一方の葉室さんはデビュー以来、歴史時代小説の真ん中を歩まれてきたかと思います。そんなお二人の対談は、意外な組み合わせだと思う読者もいるかもしれません。

葉室:東山さんとは共通の担当編集者がいて、『りゅう』をいち早く読ませてもらっていたんです。実に素晴らしくて、これは間違いない、と思いました。あと、大学も一緒だったりして。それで一度お会いしたいと思ったんです。

東山:『流』で直木賞候補になったときの事前記者会見が初顔合わせですよね? そのときに酒席をご一緒しました。その後、雑誌やイベントで対談させていただく機会が幾度かありました。初めての対談には緊張して臨んだのですが、葉室さんがすごく優しく接してくださって。私と葉室さんは住まいが近いので、以来お酒に誘っていただいたりしているんです。

書籍

『夜汐』

東山 彰良

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年11月28日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代 第169号 2017年12月号」

    小説 野性時代編集部

    定価 860円(本体796円+税)

    発売日:2017年11月13日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『天翔ける』

      葉室 麟

      定価 1728円(本体1600円+税)

      発売日:2017年12月26日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『新選組血風録 新装版』

        司馬 遼太郎 イラスト:蓬田 やすひろ

        定価 950円(本体880円+税)

        発売日:2003年11月22日

        ネット書店で購入する