menu
menu

レビュー

怪談実話? 私小説? ルポ? 怪談界で最注目の書き手、川奈まり子の新機軸。新感覚の幻想ルポ怪談『東京をんな語り』

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説:東 雅夫 / アンソロジスト)

 川奈まり子の著書に文章を寄せるのは、今回が二度目となる。

 一度目は、二〇一七年に晶文社から刊行された単行本『迷家奇譚』の推薦帯文だった。そこに私は、次のように記した――。

〈巻頭の遠野紀行で早くも快哉を叫んだ。そこには本書のルーツと著者の意気込みが、時に切々と時に力強く黙示されていたからだ。古代中国の志怪書から『遠野物語』を経て現代へ至る奇譚探究ハンテイング・キユリオシテイの幽暗な伝統を、骨がらみで我が身に引き受ける覚悟――群雄割拠の怪談実話界にまたひとり、凄い書き手が加わった〉

 いきなり古代中国の志怪書を持ち出しているのは、著者の御尊父が志怪書研究のせきがくたかはしみのる氏(東京学芸大、山形大などできようべんを執る。著書に『古代中国の語り物と説話集』ほか)であると知ったからだ。中国の志怪が、日本に輸入されて、あさりようをはじめとする江戸の怪異作家に多大な影響を及ぼした事実は、怪談の歴史に関心を抱く読者には先刻承知の事柄だろう。

 まあ、たんにそれだけなら、さほど珍しくもなかろうが、著者の場合、幼い頃からやなぎくに『遠野物語』をはじめとする父親の蔵書にみずからも親しみ、若くして岩手県遠野地方の民俗調査に同行したこともあるというではないか(『迷家奇譚』第一章を参照)。そうした経験が、後年のルポライターや小説家(森村誠一氏の小説教室に参加)としての多彩な活動のはるかなほうになったことは疑い得ないだろう。

 要するに著者の場合、いわゆる〈怪談実話〉ジャンルを手がけるようになってから文筆業に携わったのではなく、ルポライティングや小説書き修行の延長線上に、現在の怪談仕事があったわけだ。
 この違いは実は大きい。工藤美代子にせよ加門七海にせよ岩井志麻子にせよ平山夢明にせよ福澤徹三にせよ……この分野で息長く活躍している有為の人々は、いずれも作家業の一環としてこの分野に関わり、大輪の妖花を開花させてきたのだから。

 川奈まり子もまた紛れもなく、この系譜に連なる〈怪〉の調べ手・つづり手なのだ。

(念のために補足しておくと、この分野の俗称として広まっている〈実話怪談〉は、ジャンルの呼び名としては相応ふさわしくない。〈実話〉部分を〈映画〉とか〈落語〉〈漫画〉などに置き換えてみれば、そのことは歴然だろう。映画怪談、落語怪談、漫画怪談では、含意が変わってしまうのだから。やはりジャンル名としては〈怪談実話〉が妥当なのである)

 さて、このたび最新刊として書き下ろされた本書『東京をんな語り』で、著者はまたしても、新たな境地を開拓、追求しようとしているように感じられる。

 初期の『迷家奇譚』や『出没地帯』以来、驚くべきハイペースで、ルポルタージュのテクニックを活かした怪談実話作品を発表し、活字媒体とウェブ媒体を席巻。最近では、ネットラジオのMCや、流行中の〈語る〉怪談イベントのプロデュース役も務めるなど、はちめんろつの活躍ぶりを示している著者だが、今回の著書は、怪談作家としての自己の原点を、あらためて見つめ直そうとするかのような覇気に満ちているのだ。

 何より特徴的なのは、本書の主人公が、著者自身とほぼイコールで結ばれる存在であること。

 つまり本書は、一種の自伝小説もしくはルポルタージュ作品として読むことができるのだ(まあ、作家という種族は、いかにもそれが唯一無二の真実という顔をして、平気で噓をつくような虚実さだかならぬ生きものだから、すべてを真に受けるのは危険かも知れないが)。著者のツイッター・アカウントをご覧の向きならば、「ああ、それはあのときの……」と、すぐさま思い当たるような新旧のエピソードが、本書には色々と登場する。

 おっと、そうそう、この点で是非、本書と併読していただきたい参考図書として、二〇一五年に双葉社からじようされた、ためいけゴロー&川奈まり子共著の『溜池家の流儀 AV夫婦の仲良し㊙夫婦生活』を挙げておこう(紙の本は遺憾ながら品切だが、電子版で入手可能)。

 何だか怪しげなタイトルが付けられているが、内容は非常にマトモ。近来まれにみるオシドリ夫婦といっても過言ではない著者と、夫君であるAV監督(美熟女ブームの立役者となった、才能あふれる人物)溜池ゴロー氏の生き方が、それぞれ率直に綴られていて、思わず引きこまれる。特に『東京をんな語り』の第二章「やみゆく女」とは表裏一体の感もあって、こちらと併せ読むことで、色々と新たに見えてくる部分もあるだろう。


書影

川奈まり子『東京をんな語り』
定価: 748円(本体680円+税)
※画像タップでAmazonページに移動します。


 もうひとつ、本書には構成上の新機軸もある。

 本書は、主人公が現在住まいする青山霊園近くのマンションに始まり(冒頭に登場するエピソードは、著者が先日ツイッターで報告していた、出来事だ!)、さまざまな怪異が生みだす因縁の糸をたどるかのようにして東京の各処を巡回、最後にふたたび自宅付近へと回帰して、著者にとって懐かしい土地である三軒茶屋あたりに想いをせる形で幕を閉じる。そしてその間に、生い立ちから現在にいたる著者のらんばんじような自分史が、印象的な怪異の数々を絡めて、語られているのである。

 そればかりではない。

 著者みずから〈青山霊園で不思議な白い彼岸花を見たところから、私の中で記憶のせきが崩れて、連想の本流に押し流されるままに、東京のかくりよげんを往還した〉(第三章「いきぬく女」最終節「東京の娘」より)と記しているとおり、著者の東京ほうこうはしばしば現世を離れ、過去の東京もしくは霊なる東京というべき次元へと、あくがれいずる。そして著者の魂は、江戸〜東京の地に生きて死んだ、さまざまな女たちの魂と時を超えて共鳴し、彼女らの代弁者となって、語りだすのである。

 とりわけ、世に名高い明治の三大毒婦——〈夜嵐おきぬ〉〈高橋お伝〉〈花井お梅〉さらには講談物などでも著名な〈妲己のお百〉(海坊主の怪談としても知られる)といった、猟奇な殺人劇のヒロインたちが発した(かもしれない)血の叫びを、それぞれの対象に憑依するかのようにナマナマしく描いたくだりは、もはやルポルタージュというよりも、いっそ小説(著者いわく〈妄想〉)の域へと肉迫している。AV女優を引退し作家をめざす過程で、森村誠一氏の薫陶をうけて、小説のイロハを学んだという経験が、そこには十全に活かされているように思われる。

 ちなみに、怪談ホラー方面におけるデビュー作となった『赤い地獄』(廣済堂出版/二〇一四)からして、〈作者の実体験を下敷きにしたフィクション〉と銘打たれていたではないか。しかもそこには、著者の故地のひとつであるはちおうでの体験が、色濃く投影されていたではないか……。

 虚実ないまぜの怪談技法に、ますます磨きがかかった趣の新作、川奈まり子の新境地を、とくとおたのしみいただきたいと思う。

  二〇二一年の年明けに


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年9月号

8月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

テスカトリポカ

著者 佐藤究

2

熱風団地

著者 大沢在昌

3

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

4

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

5

怪と幽 vol.008 2021年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 澤村伊智 著者 荒俣宏 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 押切蓮介 著者 東雅夫 著者 楳図かずお

6

黒牢城

著者 米澤穂信

2021年9月12日 -9月19日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP