menu
menu

レビュー

現代人のお悩みNo.1は「配偶者の不倫」――キャリアウーマンの欝屈とした内面を赤裸々に描く『不倫』

 本作『不倫』は、ブラジルのセスタンチ社から二〇一四年に出版された『Adultério』の翻訳である。
 本書の主人公、リンダはスイスの都市ジュネーブに住む三〇代の女性。容姿端麗、既婚、子どもが二人おり、有力新聞社で将来を嘱望されているジャーナリストである。そのうえ夫は国内でも有数の資産家の跡取り息子で、結婚して一〇年が過ぎたいまでも、熱烈に妻を愛しており、子どもの教育にも熱心だ。まさに理想の結婚相手である。こうも恵まれた状況下にいる人物が主人公では、読む側は、感情移入どころか、反感すら覚えかねない。
 ところが、そんな順風満帆の人生を送っているリンダが、とあるインタビューで聞いた言葉をきっかけに、人生に疑問を持つところからこの物語は始まる。しかも、その疑問が自分でも何なのかよくわからない。具体的な原因もつかめないままに、リンダの毎日はどんどん色あせ、空虚なものになっていく。
 人知れずもがき苦しむリンダの前に、一〇代の頃の恋人、ヤコブが現れる。政治家として出世街道を歩んでいるかに見える彼もまた、実は深い孤独を内に抱えていた。リンダは彼とならば分かち合えるものがあると、ヤコブとの危険な関係にのめりこんでいく……。
「世界でも有数の安全な国」に住み、「人生は順風満帆、自分は良き妻、良き母だと思って」おり、「やるべきことは巧くやり、なるべく入れ込みすぎないように気をつける」という主人公は、正直なことをいえば、当初は傲慢さが鼻につく。ところが、ここからがコエーリョの真骨頂。やがて『ジキルとハイド』のようにリンダのもうひとつの顔が現れてくると、とたんに血肉が通い、(本人は憔忰しきっているものの)いきいきとした魅力的な女性に見えてくる。そして、やはりコエーリョ作品ならではの神秘的な出会いや言葉もあり、スピリチュアルな気づきにあふれている。
 コエーリョの作品に対しては絶大な賛辞がある一方、批判も決して少なくないことは事実である。本作に対しても、からい点をつけた書評はあったようだ。だが、一方で、熱烈な読者の支持を得ていることも見逃せない。
 絵に描いたような背景が主人公に与えられたのはなぜか。
 実は、本書には多くの登場人物が出てくるというのに、固有名詞は三人しか明かされない。主人公とその愛人、そして愛人の妻だけだ。リンダの夫も、子どもたちすらも、一度も名前が出てこない。「この本を表面的に読んではいけない」と多くの読者がコメントしている通り、作者の隠れた意図をくみ取りつつ本書を読み、その深さに気づいていただきたい。

本書は、本国で出版されたのと同年に数カ国で翻訳版が出た。当初、『Adultério(不倫)』という題名は、あまりにも直截的で身も蓋もないのではないか、こんな題名の本を読者は手に取るだろうか、と出版社も、コエーリョの妻すらも危惧したそうだが、コエーリョは譲らなかった。翻訳版も、代替案として「情事」や「不貞」といった題名を提示してきた国がいくつかあったそうだが、最終的にほとんどの国で原題を尊重することで落ち着いた。
 そして、売れないのではないかという心配は杞憂に終わった。本書は世界の多くの国で話題となり、米国のニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズでベストセラー・リストの上位にランクインしたこともある。また、『Adultério』という単純なタイトルには、ハッシュタグをつけやすいという利点もある、とコエーリョは明かしていて、戦略的な一面も見せている。ちなみに、ハッシュタグとは、ソーシャルメディアの中で、「#」記号で始まるキーワードまたはフレーズのことを指す。ハッシュタグをつけて情報を発信すると、そのキーワード、フレーズに興味を持つ人がたどりつきやすくなるのだ。
 この一例からもわかるように、コエーリョはソーシャルメディアを使いこなして、自らの言葉を発信して拡散し、新たな読者を呼び込むことに成功している。事実、本書の執筆のきっかけは、インターネット上でのファンとの交流だったと、複数のインタビューで明かしている。
 現代的な問題を掘り下げたいと考えていたコエーリョが、多くの人が抱える悩みとして「欝」を想定し、読者に悩みについて問いかけてみたところ、圧倒的多数が「配偶者の不倫に悩んでいる」という答えを返してきたという。これで、次のテーマは「欝」ではなく「不倫」だと、すぐに決まった。満たされた生活を送りながらも満足できないのが現代人であるが、コエーリョは、それはよいことだと言う。「満足してしまったら、進化はない。不満があるからこそ、人は前へと進むのだ」と。

 本書のもうひとつの魅力は、スイスの描写だ。
 大きな事件は起こらず、しょっちゅう国際会議が開かれる安全な街。自然を大切にし、約束をきちんと守る住民、美味しいチーズとワイン。いかにもスイスらしい生真面目さ、端正な美しさを、どこか斜に構えて描いている。

外国にいると懐かしくなるのは、この街のとてつもないダサさだ。ガラスと鋼の高層ビルもなければ、高速道路もないし、木の根っこがアスファルトを突き破って伸びているものだから、しょっちゅうだれかが転んでいるし。公園の花壇には雑草がはびこり、それを〈これこそが自然〉と言ってのける神経。要するに、すべてが近代化され整っているがゆえに独自の魅力を失ってしまったほかの大都市とは違う、それがジュネーブだ

本書16ページより

 こんな文章は、「よそ者」の視点からではおいそれと書けるものではない。皮肉のように見せて、その実、街への深い愛着が感じられる。これは、現在、コエーリョがジュネーブに住んでいるからだ。
 一九四七年にブラジルに生まれたパウロ・コエーリョは、イエズス会の学校に通わされ、その反動もあって無神論者となった時期を経て、カトリックとは違う霊的な探求に興味を持つようになったという。ヒッピーを経験し、作詞家として大きな成功をおさめたものの、当時の政権に反旗を翻したという嫌疑をかけられて逮捕され、過酷な拷問を受けたこともある。
 激動の青春時代を経て、RAM教団に出会い、人生のターニングポイントとなる巡礼の旅に出た記録を『魔術師の日記(邦題・星の巡礼)』と題して出版し、作家生活を始めた。
 当初は、この本が売れるだろうなどとは夢にも思わず(「一九八六年に中世の道を徒歩でたどるなんて、だれが興味を持つと思う?」)、とにかく自分の体験を記しておきたかった、と言う。次作『アルケミスト』の出版(一九八八年・邦訳は一九九四年)から四半世紀以上が経ち、パウロ・コエーリョはいまや世界的ベストセラー作家となった。
 前述のとおり、ジュネーブに居を構えながら、リオデジャネイロ、パリ、ドバイなどにも家を持ち、自家用飛行機でそれらの家を行き来する。主人公のリンダをもはるかに上回る裕福さではあるが、本人の生活はいたってシンプルなようだ。サイン会も行わず、社交の場にもめったに顔を出さない。かつて所有していた膨大な数の蔵書は整理し、読書はすべてタブレットなどでするので、スイスの家にはなんと一冊も本がないのだという。起き抜けに自然の中を散歩し、庭でアーチェリーを楽しんでから、書斎に入ってパソコンに向かい、世界中のファンと交流する毎日なのだそうだ。

 ところで、本書には、主人公のリンダが自らに疑問をもつ引き金を引いた重要人物として作家が登場する。名前もなく、ほんの一瞬しか姿を見せないのに強い印象を残すこの男こそ、パウロ・コエーリョ本人に違いない。そこからリンダは一気に深く暗い穴に転落するのだが、なんとか這い上がろうともがきあがく。這い上がる道筋を過つこともあれば、自分だけでなく、愛する人をも傷つけることもある。時に他人の手を借りながら、歯を食いしばって、上へ上へとなりふり構わず上っていく姿は醜くもあり、美しくもある。
 これまでに犯した最も大きな過ちは何か、と訊ねられたコエーリョはこう答えている。
「たくさんありすぎて、どれが最悪かなど言えはしない。私は過ちを犯したし、犯しているし、今後も犯すだろう。でも、悪いのは過ちを犯すことではなく、それによって硬直してしまうことだ」
 コエーリョの作家デビューは一九八七年、『星の巡礼』(角川書店)で著者本人によるサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅物語を記録したものだった。次作『アルケミスト』(角川書店)は、スペインの羊飼いの少年サンチャゴが夢に導かれて砂漠を旅する物語。そして、三作目の『ブリーダ』(角川書店)は、アイルランドの女子大生が英知を求めて二人の魔術師から手ほどきを受けるという話で、この『ブリーダ』がまずマスコミの注目を集め、前作二冊の世界的な大ヒットへとつながった。
 この初期の三作は、すべてスピリチュアル性が非常に高い作品であり、魔術や秘儀、錬金術などについても直截的に言及している。その後に続く作品も、『ヴァルキリーズ』(角川書店)などの自伝的なものであれ、『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』『ベロニカは死ぬことにした』(いずれも角川書店)その他多くのフィクションであれ、コエーリョは読者を精神世界へといざなうことを意識して作品を著していたことは明確である。
 実際に、『星の巡礼』の世界的ヒットのあと、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼者の数は爆発的に増えた。巡礼が一種の流行となったとコエーリョ自身が語っている。
 本作でも、主人公のリンダは、まずはコエーリョ自身と思しき作家の一言で目覚め、その後は神秘的なキューバのシャーマンに導かれ、さらには、大いなる力を感じる出会いもある。

 本作『不倫』を出版したあと、コエーリョは歴史上に実在した人物を主人公にした『ザ・スパイ』(角川文庫)を発表した。第一次世界大戦のさなかに二重スパイの罪によって銃殺刑に処されたマタ・ハリの物語である。
 ヒッピー文化が全盛だった時代に青春を過ごしたコエーリョや友人たちにとって、マタ・ハリはアイコン的存在だったのだそうだ。友人との会話でマタ・ハリが本当は無実だったのでは、という説を知り、興味を引かれて調べているうちに彼女についての本を書きたいと思うに至ったのだという。
 実在の人物を描いたためか、この作品においてはスピリチュアルな要素がだいぶ影を潜めている。それでも、女性の赤裸々な内面を描くことを得意とするコエーリョならではのマタ・ハリが造形されていて、魅力的な物語となっている。
 青春時代のアイコン的存在を描いたことに触発されたのか、コエーリョの最新作(二〇一八年現在)は、「作家志望のブラジルの青年、パウロ」が主人公の物語だ。『星の巡礼』とはまた違う自伝的要素が強い物語のようである。
 生きる意味を求めて、主人公のパウロが南米をヒッチハイクで旅し、ヨーロッパへと渡り、中央アジアへと旅をする物語。途中で運命の女性との出会いもあり、これもまたいままでとは一味違うコエーリョの魅力、もしくは原点を知ることができるのではなかろうか。

 本文中の聖書にまつわる文章と言葉を訳出するにあたり、日本聖書協会の聖書を参考にしたが、原書に沿って略した箇所、訳者によって訳しなおした箇所がある。また、あとがきに引用したインタビューは、二〇一四年五月一〇日付の「エントレテニメント」紙のウェブ版記事からの訳出である。
 最後となるが、本書を訳するご縁をくださった宮崎壽子さんはじめオフィス宮崎のみなさん、KADOKAWAの藤田有希子さん、天野智子さんにこの場をお借りして心より御礼を申し上げたい。

  二〇一八年九月
木下眞穂


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年2月号

1月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.009

12月21日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

黒牢城

著者 米澤穂信

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

4

テスカトリポカ

著者 佐藤究

5

闇祓

著者 辻村深月

6

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2022年1月16日 - 1月23日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP