menu
menu

レビュー

逃げ場なきネット社会の闇をブッダの教えが救う! 『ネットカルマ』

【カドブンレビュー】


 最近のネット社会の有り様に漠然とした不安を感じている人も多いのではないだろうか。
 匿名性を隠れ蓑に他者を口汚く罵ったり、正義を振りかざして個人情報を晒し、無辜むこの人々の人生を狂わせる。自分の素性が絶対ばれないという安心感は人間をここまで残酷にしてしまうのかと戦慄すら覚える。便利な半面、そうした闇の部分が加速度的に拡大しているような気がしてならない。

 そんな恐ろしいネット社会の闇から現代人を救ってくれるのが本書『ネットカルマ』だ。
 ネットはもちろんインターネットのこと。カルマとは仏教用語で「ごう」。
 「業」とは「人の行いはすべて記録されており、その行いに対する報いは必ず当人にもたらされる」ことだという。仏教学者である著者はブッダの教えを用いて、現代のネット社会がもたらす苦悩から人々を救済し、心安らかに過ごす方法を伝えようと試みている。
 面白いのは著者自身がネット利用者であり、その利便性を認めつつ極めて現実的な視点から書かれた本だという点だ。馴染みのない仏教用語も現代に置き換えて分かりやすく解説してくれるので、構える必要は全く無い。むしろ馴染みのない人ほど、2500年前の教えが今現在の私達にこれほど身近なアドバイスをくれることに驚くのではないか。
 どんなに為になる教えでも、より多くの人々が理解できなければその役割を果たせない。その時代に合わせた解釈を分かりやすく人々に伝えようとする著者の姿勢に、連綿と受け継がれてきたであろうブッダの教えの代弁者としての矜持を見た気がした。

 今回はネットと仏教という意外な組み合わせに興味深く読むことができたが、もともと私が熱心な仏教徒かというと全くそんなことはない。知識も豊富とは言い難い。そんな自分が「なるほど確かに…」と納得させられた本書の説得力、読みやすさには特筆すべきものがある。普段あまり新書を読まない読者にも是非おすすめしたい一冊だ。

>>佐々木 閑『ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出』


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 株式会社京都アニメーション様での放火事件に関しまして
  • 真藤順丈「ビヘイビア」
  • 藤野恵美「きみの傷跡」
  • 武士とジェントルマン
  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』

カドブンノベル

最新号 2019年10月号

9月9日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

トリガー 下

著者 : 真山 仁

4

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

5

怪と幽 vol.002 2019年9月

著者 : 京極 夏彦 著者 : 小野 不由美 著者 : 有栖川 有栖 著者 : 恒川 光太郎 著者 : 近藤 史恵 著者 : 乙 一 著者 : 澤村伊智 著者 : 諸星 大二郎 著者 : 高橋 葉介 著者 : 波津 彬子 著者 : 押切 蓮介 著者 : 荒俣 宏 著者 : 小松 和彦 著者 : 東 雅夫

6

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

9/2~ 9/8 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP