【解題】 100ページもの改稿を加えた角川版

 

3年ぶりの連載再開

「望郷編」は、朝日ソノラマ(現・朝日新聞出版)の『月刊マンガ少年』の創刊号(1976年9月号)から78年3月号に連載された。73年8月の『COM』休刊から3年ぶりの連載再開だった。
 当時、朝日ソノラマから新書判で出た手塚の代表作『鉄腕アトム』が好評で、「ぜひ『火の鳥』も復活して欲しい」という読者からの声が強くなっていたのだ。
 朝日ソノラマはこの声に押されて、『火の鳥』の連載再開を目玉に、かつて『火の鳥』を連載していた学童社の雑誌『漫画少年』にならった『月刊マンガ少年』を創刊したのである。
 3年のタイムラグを考慮して、手塚は『COM』版の「復活編」までを一区切りとして、中断していた「望郷編」をまったく新しいエピソードとして再開することを決めた。
『COM』版から引き継がれたのは、コムの造形やエデンの町並みやロミの神殿のデザインくらいだ。
 単行本は78年9月に朝日ソノラマから『月刊マンガ少年別冊』として刊行され、単行本化にあたっては、冒頭の火の鳥のモノローグが加筆された。これが「ソノラマ版」だ。
 角川書店からは86年に豪華版単行本として刊行されたが、このときに手塚の手で大掛かりなディレクターズ・カットが加えられている。まず、ソノラマ版にはなかった章扉が設けられ、11の章に分けられた。登場人物も大幅に整理され、連載時には重要な役割だった雌雄同体生物のノルヴァの登場シーンが全て割愛されるなどした。
 次ページに紹介したのは、本書の175ページに対応するソノラマ版である。ロミとコムの間にいるのが雌雄同体生物のノルヴァだ。連載では、ロミやコムたちとともに宇宙を放浪して、最後はノルヴァの子どもたちがロケットで飛び立っていくシーンで締めくくられている重要な役だ。
 しかし、あえてノルヴァをカットしたことで、ロミとコムと牧村まきむらの関係はそれぞれに明確となり、平和なエデンに堕落をもたらすトリックスター・ズダーバンの存在も際立ってくる。

書籍

『火の鳥6 望郷編』

手塚 治虫

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『火の鳥1 黎明編』

    手塚 治虫

    定価 950円(本体880円+税)

    発売日:2018年06月15日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『火の鳥2 未来編』

      手塚 治虫

      定価 950円(本体880円+税)

      発売日:2018年06月15日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『火の鳥3 ヤマト・異形編』

        手塚 治虫

        定価 950円(本体880円+税)

        発売日:2018年07月24日

        ネット書店で購入する

          書籍

          『火の鳥4 鳳凰編』

          手塚 治虫

          定価 950円(本体880円+税)

          発売日:2018年07月24日

          ネット書店で購入する

            書籍

            『火の鳥5 復活・羽衣編』

            手塚 治虫

            定価 950円(本体880円+税)

            発売日:2018年08月24日

            ネット書店で購入する