去る10月4日、国民的人気ドラマ「水戸黄門」がBS-TBSにて再スタートしました。庶民の味方、「水戸黄門」として昔も今も愛され続けている徳川光圀とはどのような人物だったのでしょうか?
水戸史学会理事・事務局長、但野正弘さんに「水戸黄門」こと徳川光圀の実像について解説して頂きました。

<本記事は「光圀伝」大河ドラマ化推進協議会発行の小冊子「水戸黄門ってどんな人 徳川光圀公の生涯」を転載したものです。>
画像

【1】 黄門・徳川光圀公の名前いろいろ

水戸黄門(いみな)(本名)=徳川光圀(初め光國
◇幼名=長丸(ちょうまる)千代松(ちよまつ)。◇(あざな)(又の名)=子龍(しりょう)
◇号=常山(じょうざん)梅里(ばいり)梅里先生)・西山(せいざん)など
隠居後黄門様・黄門公・黄門老公・黄門大君
(おくりな)(亡くなった後に贈られる名)=義公(ぎこう)
朝廷から叙任(じょにん)された位階・官職名
 現役藩主時代=従三位(じゅさんみ)参議右近衛権(うこのえのごんの)中将
 隠居後=(ごん)中納言(唐名の黄門侍郎(こうもんじろう)に相当)
副将軍=幕府の役職にはありませんが、いつしか、水戸人や講談師などが称するようになったようです。

【2】 誕生と幼少年時代

 光圀公は、関ケ原の合戦から28年後の寛永五年 (一六二八)六月十日、初代藩主頼房(よりふさ)公の三男として、水戸城下柵町(さくまち)(現・三の丸二丁目)の家臣三木仁兵衛之次(みきにへえゆきつぐ)の屋敷に生まれました。
 父の頼房公は、徳川家康公の十一男ですので、光圀公は家康公の孫にあたります。母は側室の谷久子(たにひさこ)(お(ひさ)の方・久昌院(きゅうしょういん))です。
 光圀公の懐妊にあたり、母久子には諸事情から「水子(みずこ)」(中絶)の命があったそうですが、三木夫妻のとりはからいで、無事出産することができました。そして光圀公(幼名=長丸)は三木家で養育され、5歳の時に水戸城に迎えられました。
 やがて6歳、兄頼重(よりしげ)公をこえて水戸家の世子(せいし)(世継)に決まり、十一月に江戸へ出ました。
 住まいは水戸家小石川屋敷(小石川後楽園や東京ドームの地)でした。父頼房公から千代松の名をあたえられ、世子としての厳しい文武の教育をうけ、9歳で元服して将軍家光からの一字をもらい、光國と名乗りましたが、のちに光圀と改名します。以下は「光圀公」で統一表記します。
 ところで、光圀公は元服式はあげたものゝ、真の自覚をもつに至らぬまゝ青年多感の時代を迎えます。殊に15歳頃から、江戸の街中に出て、歌舞伎者や男伊達と呼ばれる、荒々しい振る舞いをする旗本などの青年たちとつき合い、自由奔放な、無軌道な行動をとるようになりました。
 しかも光圀公は「(おん)色白く、御像(おせい)高く、・・・若き御時ハ世上(せじょう)にて美男の聞えあり」(『桃源遺事』)と記されているように、美男子で腕力も抜群。父頼房公譲りの剛毅な性格の若者であったことから、仲間の青年たちの間でも、人気が高かったといいます。
 一方、お側の家臣たちは、若殿光圀公の問題行動についていろいろと注意をしましたが、なかなか聞き入れなかったようです。
 従って江戸市中や家臣達の評判は、かなり厳しいものがあり、そのままゆけば、型破りな豪放な大名にはなったかもしれませんが、歴史に名を残すような「名君水戸黄門光圀公」は出現しなかったでしょうね。

【3】 18歳の大転換、光圀公の反省立志

 やがて18歳を迎えた光圀公は、この年の何月頃かは不明ですが、中国前漢の司馬遷(しばせんが著した歴史書『史記(しき』の「伯夷伝(はくいでん」を読み、伯夷・叔斉(しゅくせい兄弟の家督譲り合いのこと、(いん紂王(ちゅうおうを討とうとした周の武王(ぶおうに対する(いさめ、そして首陽山(しゅようざん(西山)での餓死の話などに、強い感銘をうけました。
 その頃、兄の松平頼重公は、讃岐高松12万石の大名に取り立てられていましたが、水戸家の長男に生まれながら、本家の家督を継げなかった兄の辛い立場を考え、日頃の自分の無自覚な行動を深く反省し、どうしたら「兄さんへの償い」ができるかということについて、光圀公は悩みました。
 結果、たどり着いた結論は「兄さんの子を養子に貰い、水戸家の家督を兄さんの血筋に返す」という密かな決意でありました。
 更に光圀公は、日頃の無自覚な自分の行動を深く反省するとともに、周の武王を諫めて、最後まで自身の節操(信念)を貫きとおした伯夷・叔斉兄弟の故事に驚嘆しました。
 しかも彼ら兄弟の一生を貫いたものは、道義道徳の世界であり、光圀公は、そのことを心の奥底において感得したのでありました。
 以後、光圀公はその生活ぶりを一変させ、猛烈な勢いで読書学問に励み、また『史記』にならって「紀伝体」(人物中心)の日本の歴史書を編修しようと志を立て、30歳の時に『大日本史』の編纂を開始しましたが、光圀公一代では出来上がらず、水戸藩の大事業として続けられ、明治三十九 年(一九〇六)四〇二巻の完成までには、二五〇年の歳月を要したのでありました。

【4】 光圀公、水戸葵の二代目を継承

書籍

『光圀伝 上』

冲方 丁

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2015年06月20日

ネット書店で購入する

    書籍

    『光圀伝 (一)』

    三宅 乱丈 原作:冲方 丁

    定価 626円(本体580円+税)

    発売日:2012年08月31日

    ネット書店で購入する