翻訳含め12万部のベストセラーになった『物を売るバカ』の著者・川上徹也さんが、
続編『物を売るバカ2』の発売に合わせ、カドブンを読んでくれている全国の書店員さん向けに特別寄稿。
本書で紹介したアイデアを「書店で本を売る」というシチュエーションに当てはめ、実践的に紹介します。
画像
 この記事を読んでくれている書店員のあなた。いつも本を売っていただき、そして本を買わせていただいて本当にありがとうございます。
 ただ、著者として、本好きとして、マーケティングにかかわるものとして、いつも不安になっていることがあります。
 それは多くの書店が「本を売るバカ」になっていないか、ということです(この「バカ」は一種の愛情表現で、「一生懸命やっているのに少し方向が間違っていてもったいない」という意味を込めたバカです)。
 世の中のお店は大きく2種類に分けることができます。それは「商品だけを売っている会社」と「商品以外を売っている会社」です。
 本という商品は基本的にはどこで買っても同じです。そうであれば、商品だけを売っていてはリアル書店で買う価値を感じられないという人も増えていく可能性があります。
 であればこそ、本そのものを売ろうとするよりも、本にまつわる「体験」や、その店でしか味わえない「気持ちのたかぶり」を売ってはどうかというのが本稿の提案です。そしてそこにこそ、リアル書店の価値があるのではないかと思うのです。
『物を売るバカ2 感情を揺さぶる7つの売り方』(以下『物バカ2』)では、感情を揺さぶることで、どうしてもその店で買いたくなる売り方を、英語のEMOTION(エモーション)の頭文字を使って分類し、以下のように「エモ売り7(セブン)」として紹介しました。

「エモ売り7」(感情を揺さぶる売り方7カ条) 

➀「体験(Experience)」を売る
➁「心動く(Moved)」を売る
③「世界観(Outlook on the world)」を売る 
④「共創・協創(Together)」を売る
⑤「インスタ映え(Instagenic)」を売る 
⑥「ここにしかない(Only one)」を売る
⑦「懐かしい( Nostalgia)」を売る
『物バカ2』では、全国のさまざまな業種の事例を紹介しています。本稿では、日頃本を売っていただいている書店員の皆さんに感謝をこめて、「エモ売り7」を書店向けにアレンジした特別篇の「感情を揺さぶる本の売り方」のアイデアを一挙公開します。できるだけお金をかけずに、店レベルでできることを集めました。
 題して「エモ本7(セブン)」。では、さっそく紹介していきましょう。

書籍

『物を売るバカ2 感情を揺さぶる7つの売り方』

川上 徹也

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2018年10月06日

ネット書店で購入する

    書籍

    『物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方』

    川上 徹也

    定価 864円(本体800円+税)

    発売日:2014年05月08日

    ネット書店で購入する