10月11日(木)発売の「小説 野性時代」2018年11月号では、下村敦史「コープス・ハント」の連載がスタート!
カドブンではこの新連載の試し読みを公開します。

画像
世間を賑わせる美青年の猟奇殺人犯が、死刑確定後に明かした衝撃の事実とは?
『闇に香る嘘』(江戸川乱歩賞)の著者が描く、スリル溢れる青春ミステリー。


 

 プロローグ

 
 彼女の一日は朝食作りからはじまる。
 洋食が好きな夫のためにスクランブルエッグを作り、ウインナーを焼き、コーヒーを入れる。新婚二年目。毎朝、夫を見送ってから掃除、洗濯にとりかかる。買い物は半額シールが貼られる時間帯――狙い目の午後九時以降にする。
 この日もいつもと変わらない一日になる――はずだった。
 雨音が室内に響き渡っていた。ガラス戸に引かれた濃色のカーテンが明滅し、数拍遅れて雷鳴が弾ける。
 午後十時半、スマートフォンが鳴った。夫からの電話だった。
「傘忘れちゃってさ、三十五分着の電車に乗るから、駅まで迎えに来てくんない?」
 玄関を見ると、傘立てに夫の傘が立てられたままだった。降水確率は五十パーセントを超えていたのに、よほどうっかりしていたのだろう。自分も夫を見送っておきながらなぜ気づかなかったのか。
「分かった。迎えに行くね」
 答えて電話を切る。
 システムエンジニアとして働く夫は記念日を忘れたことがなく、その日が平日だとしても、いつもプレゼントを買って帰ってきてくれる。ちょうど二年前の今日、彼からプロポーズされた。今夜も何かサプライズがあるだろう。妻として何かを催促したり念押ししたり――そんな興ざめな言動なんて必要ない。
 昼間っから夫の愚痴を言い合うような主婦たちと違い、愛されている自負があった。結婚してからも、大学時代にミスコンで優勝した美貌は全く衰えていない。三十年ローンこそ抱えているものの、結婚を機に購入した一戸建てがあり、生活は充実している。
 彼女は短時間で化粧を施すと、夫を待たせないよう、早めに家を出た。土砂降りの雨粒がビニール傘に叩きつけてくる。
 夫の傘は持っていなかった。一本あれば充分だ。付き合いたてのカップルのような相合傘を想像すると、何だか心が浮き立つ。
 灰色の雨に閉ざされた中、等間隔で設置された街灯が仄明ほのあかりを発している。彼女はタールのように黒い水溜まりが雨粒で弾けるさまを見ながら歩いた。
 ふと前方で揺らめく影に目を留め、顔を上げた。ブロック塀の上から突き出た枝葉が雨風に揺れていた。
 角を右へ曲がり、心持ち早足で歩いた。広大な敷地をもつ公園に差し掛かる。入り口の横にある巨木の陰で何かが動いた気がした。
 視線を向けた瞬間、人影が飛び出してきた。黒手袋に口を覆われ、ブロック塀に押しつけられた。背中に衝撃が走った。傘が弾け飛び、地面に落ちる。
 彼女は鈍痛にうめきながらも、本能的にもがいた。腕を振り上げようとしたとき、喉元に触れる冷たい感触に気づいた。心臓に氷のくいを打ち込まれたようだった。瞬く間にびしょ濡れになった体に冷や汗が滲み出る。上げかけた両腕が硬直する。
 野球帽を目深に被っている男の顔貌は整っており、怜悧れいりな眼差しが自分の瞳を見返していた。薄い唇は引き結ばれたままだった。
 全身が激しく震え、男の手のひらの下で歯の根が合わなかった。鼻からは断続的に荒い息が漏れていた。心臓は張り裂けんばかりに高鳴っている。
 男の一瞥が腕に向けられた。無言の圧力だった。彼女は両腕を脇へ落とした。抵抗しようものなら、首を掻き切られてしまうかもしれない。
「おとなしく従えば殺しはしない」
 冷雨より冷え冷えとしたぞっとする声。
 彼女は何度も顎を小さく振った。
「今から口を自由にする。だが、騒いだら――死ぬ」
 再びうなずくと、男はゆっくり手を離した。喉元に込み上げてきた悲鳴は死に物狂いで呑み込んだ。口を開けて空気を貪る。横殴りの雨粒が飛び込んでくる。
「お金ならあげるから……」
 小声で哀願した。辛うじてそう口にするのが精一杯だった。
 答えは態度で返ってきた。喉に触れるナイフがぐっと押し込まれた。首筋の筋肉が強張り、息が止まった。喉が上下に動くと、刃の感触がはっきり生々しく伝わってきた。喉笛が切り裂かれたのではないかという錯覚に、顔から血の気が失せるのが分かった。
 もし男が腕を横に引いたら?
 喉から鮮血を噴き出しながら悶え苦しむ自分の姿が脳裏をよぎる。断末魔の悲鳴をほとばしらせて血の海に沈む無残な姿だ。
 自分の想像に膝ががくがくと震え、腰砕けになった。ブロック塀に背中を預けていなかったら、立っていられなかっただろう。
「両手を下げたまま後ろを向け」
 恐怖に体が動かない。
「早くしろ」
 彼女は恐る恐る従った。背を向けてもナイフは喉から離れない。目の前に立ち塞がるブロック塀を見つめていると、視界が奪われたように感じ、不安が押し寄せてくる。
 男がナイフを逆手に持ち直した。
「さあ、移動するぞ」
 背中の中ほどまで伸びる後ろ髪を手綱のように掴まれた。逃がさないぞ、と暗に示しているかのようだ。
 連れて行かれたのは、農場跡地に造られた公園内だ。目立つ遊具などはなく、入ったら傾斜地に原っぱが広がっている。ただでさえ住宅がまばらな郊外で、こんな土砂降りの雨では、人っ子一人いない。裏山の前に広がる雑木林は闇に閉ざされている。
 殺すつもりがないとすれば、目当ては――。
 暗澹あんたんたる気持ちになる。金銭が目的なら公園に連れ込む必要はない。ショルダーバッグを奪えば済む。
 喉笛に触れるナイフの刃と、握られた後ろ髪を意識しながら歩いた。水溜まりを踏みながら進むと、背中に密着して男もついてきた。
「逃げようなどと考えるな。出入り口は仲間が見張っている。見ろ」
 驚きのあまり言葉を返せなかった。顔を向けた先――北の出入り口のほうには、公園灯の下に人影が三つあった。
 男の言動や雰囲気から勝手に単独犯だと思い込んでいた。仲間がいるとは思わなかった。逃げ場はなく、これでは袋の鼠だ。絶望の奈落へ心が落ちていく。
 雑木林に踏み入ると、とたんに闇が濃くなった。地獄から現れた鳥たちの羽ばたきのような枝葉の音の中、湿った腐葉土の臭いが鼻をつく。雨が弱まったように感じるのは、夜空を覆い隠す樹冠が雨粒を遮っているからだろう。
 奥へ奥へと歩かされる。
 何とか逃げなければ――。
 動転する気持ちを懸命に落ち着け、必死に頭を巡らした。
 男に怪しまれないよう、顔を前方に固定したまま視線を左右に走らせた。辺りには常緑樹と雑草が生い茂っている。左側の木々の奥には、柵で囲まれた真っ黒い池が見えた。行き止まりを選んではいけない。逃げるなら身を隠しやすい右側の雑木林だ。男の目をやりすごしながら出口へ向かえる。
 後は――ナイフを遠ざけなければならない。
 反撃と逃亡の意志を固めたとたん、心臓がわめきはじめた。全神経が張り詰めている。拳の中はじっとりと汗ばんでいた。
 男に悟られないように深呼吸する。首筋に触れる冷たい感触が意志を砕こうとするたび、胸の奥に散らばるありったけの勇気の破片を掻き集めた。
 チャンスは一度だけだ。絶対に失敗は許されない。
 彼女は意識的に右肩を下げた。ショルダーバッグがずり下がり、腕を抜けて地面に落ちる。
「あっ……」
 足を止め、泥にまみれたショルダーバッグを見据える。一種の賭けだった。男も証拠を残しておくのを望まないだろう。偶然通りかかった人が怪訝けげんに思う可能性もある。
「……拾え」
 男の声は妙に甘ったるく、官能的だった。
 彼女は静かに息を吐き出した。男も馬鹿ではなかった。自ら拾おうとしたら、獲物からナイフと目を離さなくてはならない。そんな愚行は演じなかった。
 だが、まだ予想の範囲内だ。
「でも、このままじゃ――」
 彼女は声に困惑を滲ませた。
 男は間を置き、首筋からナイフを離した。危機からは全く脱していないにもかかわらず、凶器の感触がなくなったとたん、安堵の息が漏れる。
 大切なのは次だ。気を抜いてはいけない。
 彼女はゆっくりと腰を曲げた。掴まれた後ろ髪がぴんと張り、頭皮に痛みが走る。かがむ動作に合わせて緩めようとしないのは、逃亡が不可能だと思い知らせる意図があるのだろう。髪の毛を握られている以上、ナイフの間合いからは逃げられない。
 左手でショルダーバッグの肩紐を掴むと、男の両手の配置を頭の中で確認した。髪を掴むのが左手、ナイフを持つのが右手だ。振り返る方向を間違えてはいけない。
 彼女は肩紐をぎゅっと握り、上体を起こしながら左に反転した。ショルダーバッグを振り回す。男が反射的に左腕で顔をかばう。髪の毛から手が離れる。バッグが男の鼻頭を打つ。
 今だ!
 彼女は前方に向き直って駆けた。左腕が後ろへ引かれた。体勢を崩しながら肩ごしに振り返る。男がバッグを握り締めていた。
「誰か助けて!」
 喉が張り裂けんばかりに絶叫し、ショルダーバッグを手放して全力疾走した。闇を呑み込む雑木林の底を駆ける。丈高い雑草を掻き分け、濡れた落ち葉を蹴立てながら。
 木の根っこに足を取られ、つんのめる。地面に手をつきながら体勢を立て直し、走り続けた。
 
(このつづきは「小説 野性時代」2018年11月号でお楽しみください)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

痴漢疑惑、自白強要、次の冤罪は、あなたに?--本読み女優も驚愕の迫真リーガルミステリ『真実の檻』"

関連記事

痴漢疑惑、自白強要、次の冤罪は、あなたに?--本読み女優も驚愕の迫真リーガルミステリ『真実の檻』

レビュアー:小橋 めぐみ

数年前のこと。散歩の途中、よく手入れされ花がとても綺麗に咲いているお家の花壇を見つけたこ…

下村敦史インタビュー『サハラの薔薇』砂漠に旅客機が墜落。生き残った六名は、究極の葛藤に直面する。"

関連記事

下村敦史インタビュー『サハラの薔薇』砂漠に旅客機が墜落。生き残った六名は、究極の葛藤に直面する。

デビュー作『闇に香る嘘』の文庫版が目下大ブレイク中の下村敦史さん。その新作はなんとサハラ…

「可読性の徹底追求」に込められた試練と問い 『サハラの薔薇』"

関連記事

「可読性の徹底追求」に込められた試練と問い 『サハラの薔薇』

レビュアー:宇田川 拓也

考古学者の峰隆介は、これが最後になるかもしれない発掘調査で、ついに数千年前の石棺の発見に…

書籍

「小説 野性時代 第180号 2018年11月号」

小説 野性時代編集部

定価 860円(本体796円+税)

発売日:2018年10月12日

ネット書店で購入する

    書籍

    『真実の檻』

    下村 敦史

    定価 734円(本体680円+税)

    発売日:2018年05月25日

    ネット書店で購入する