2017年11月9日(木)、書泉グランデ(東京都千代田区)にて『杉山城の時代』の著者、西股総生氏のトーク&サイン会が行われました。
 本には書ききれなかった裏話満載のトークショーの様子をレポートします。
画像

「杉山城問題」とは?

 トークショーの内容に入る前に、「杉山城問題」とは何かについてまず触れておきましょう。
「城」といえば、天守のような建物を持つ城をイメージする方が多いのではないでしょうか。埼玉県比企郡嵐山町にある「杉山城」は、2008年に国指定史跡となった城です。「続日本100名城」にも選ばれていますが、この杉山城は、建物どころか石垣すらない城です。
 主に天守が築かれるようになったのは近世になってから。それ以前の時代は、杉山城のような土から成る戦国の城が、全国各地にそれこそ「山のように」築かれていました。
 複雑巧緻な構造からも、全国の城郭ファンたちに一目置かれる存在の杉山城。2002年に始まった発掘調査を機に、杉山城は謎に包まれた、ミステリアスな城となったのです。
主郭からの眺望。土の城の美しさがわかる

主郭からの眺望。土の城の美しさがわかる

 発掘調査が行われるまで、杉山城は天文末〜永禄初め頃(1550年頃〜1560年代前半)に北条氏によって築かれたものであると多くの城郭研究者たちは考えてきました。

書籍

『杉山城の時代』

西股 総生

定価 1836円(本体1700円+税)

発売日:2017年10月27日

ネット書店で購入する

    書籍

    『戦国の軍隊』

    西股 総生

    定価 1037円(本体960円+税)

    発売日:2017年06月17日

    ネット書店で購入する