KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

「小説 野性時代」2023年8月号、7/25(火)発売! 赤川次郎によるサスペンス長編完結!

恩田陸、青山文平、垣根涼介ら豪華連載陣による連載も! いま最も面白くて旬の小説が読める文芸誌、今月もお見逃しなく。

KADOKAWAは月刊文芸小説誌『小説 野性時代』電子版2023年8月号(No.237)を2023年7月25日(火)より配信しました。



ニュース

1. 【短期集中掲載】
木下昌輝「剣、花に殉ず」

「雲組」の面々は外つ国の戦場に焦がれる。
しかし弥四郎は、武蔵との対決を望んでいた。



2.【最終回】
赤川次郎「余白の迷路」

解決したかのように思われたホームレス殺人事件。
しかし、思わぬところから凶器が現れ、事件は予想外の結末を迎える。



3.「小説 野性時代」カクヨム進出!
「小説 野性時代」がWeb小説サイトカクヨムの公式連載ページに参加!
汗と涙の青春小説「七帝柔道記Ⅱ 立てる我が部ぞ力あり」や、貸し出された死を招く一軒家をめぐる事故物件ホラー「最恐の幽霊屋敷」など公開中。
こちらもお見逃しなく!
https://kakuyomu.jp/users/yasei-jidai

4.人気の作品がnoteで読める!
noteでもおすすめの小説情報など掲載中。こちらも要チェック
https://yaseijidainote.kadobun.jp/

おすすめ連載

阿津川辰海「バーニング・ダンサー」
全世界で百人の能力者——「コトダマ遣い」。
特殊設定ミステリの気鋭が贈る、能力者vs.能力者の警察小説!

増田俊也「七帝柔道記Ⅱ 立てる我が部ぞ力あり」
痛めた右膝が治らず、増田は病院に行くが——。
汗と、涙、涙、涙の青春小説!

河﨑秋子「銀色のステイヤー」
「幻の三冠馬」の血を受け継いだシルバーファーン。
ついに函館競馬場でのデビュー戦を迎える。

新川帆立「目には目を」
少年院で出会った六人。
なぜ少年Aだけが、殺されたのか?

恩田 陸「産土ヘイズ」
俺たちの『KYOMU』を創ろう!
令和の世にミステリの神話が甦る。

書誌情報



「小説 野性時代」電子版
・「2023年8月号」配信開始日:2023年7月25日(火)
・配信日:毎月25日
・ダウンロード型の電子書籍に加えて「角川文庫・ラノベ読み放題」や、「カドブン」「カクヨム」「note」などのサイト内でも作品を展開予定。
・希望小売価格:350円
・詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322301000679/


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP