menu
menu

ニュース

直木賞作家・道尾秀介、衝撃のアーティスト・デビュー! 原案の小説『スケルトン・キー』試し読みスタート!

直木賞作家の道尾秀介さんが、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントよりアーティスト・デビューされることが発表されました。
2020年2月7日(金)に配信されるデビュー曲『HIDE AND SECRET』は、2018年7月にKADOKAWAより刊行した小説『スケルトン・キー』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000184/)を原案に、歌詞とメロディで独特の世界を構築したロックナンバーです。作詞、作曲も道尾さん本人が手掛けており、歌詞や音の中にも数々の謎が仕込まれています。


左)デビュー曲『HIDE AND SECRET』ジャケット画像 右)小説『スケルトン・キー』表紙画像


カドブンでは、道尾さんのアーティスト・デビューと楽曲の配信を記念し、原案となった小説『スケルトン・キー』を2020年2月6日(木)から2月11日(火)まで6日間連続、一章まるごと63ページの試し読み企画をスタートいたします。
▶試し読みは、こちらから!
https://kadobun.jp/trial/skeletonkey/avjsyfn4e884.html

さらに、道尾さんの単独インタビューを配信予定。一部抜粋してご紹介します。

道尾さん「今回の曲『HIDE AND SECRET』は、『スケルトン・キー』と世界観がお互いリンクしています。今までに作った曲ではやったことがなかったので、一度、試してみたかったんです。つくりたい世界観が決まっているので、メロディも歌詞もすごく書きやすい。書けば書くほど面白くなってきて」

――『スケルトン・キー』とリンクしているといわれると、小説とどういう関係があるのかな、って思いながら曲を聞くので、さらに想像力が膨らみますね。

道尾さん「それ、理想的な聞き方ですね。もちろん曲は独立したものなので、単体として楽しんでいただけるというのが絶対条件ですが、なおかつ、読んでから聞くと別の景色が見えるし、聞いてから読むとまた見たことのない別の世界が広がってくれるんじゃないかと思っています。お互いの世界のリンクを味わえるっていうのは、すごく面白い試みなんじゃないかな、と」

※配信までに内容の変更や修正が入る場合があります。

インタビューの配信は、2月中旬以降を予定しています。お楽しみに!

そして、道尾さんがニッポン放送でパーソナリティ・デビューされることも発表されました。
番組タイトルは、『道尾秀介の「1UPライフ」』。
「1UPライフ」 でピンときた方、そうです、『透明カメレオン』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321708000235/)の主人公・桐畑恭太郎がパーソナリティを務めているラジオ番組も同じタイトルです。
道尾さんがどんなことを語るのか、こちらもお楽しみに!

◆ラジオ情報
マンスリーレギュラー番組『道尾秀介の「1UPライフ」』
放送局:ニッポン放送
放送日:2月7日、14日、28日/金曜日20:30~20:50
※他全国7局ネット(新潟放送、北日本放送、和歌山放送、四国放送、西日本放送、長崎放送、大分放送)
https://www.1242.com/gakunone/

『スケルトン・キー』について

■あらすじ 
「僕に近づいてはいけない。あなたを殺してしまうから」

週刊誌記者のスクープ獲得の手伝いをしている僕、坂木錠也(さかきじょうや)。この仕事を選んだのは、スリルのある環境に身を置いて心拍数を高めることで、自分の狂気を抑え込むことができるからだ。
僕のような人間をサイコパスと言うらしい。だから、気をつけて生きてきた。
もう一人の僕が、なるべく顔を出さないように。

最近は、まともな状態を保てている。でもある日、児童養護施設でともに育った仲間から電話がかかってきて、日常が変わりはじめた。これまで必死に守ってきた平穏が、壊れてしまう――
僕に近づいてはいけない。殺してしまうから。あなたは死んでしまうから。
※情報サイト https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000184/

■書誌情報
発売日:2018年7月27日(金)★電子書籍配信中
定価:本体1,500円+税
体裁:四六判上製
頁数:280頁
装丁:高柳雅人
装画:長谷亮平
発行:株式会社KADOKAWA
初出:「小説 野性時代」2018年3月号~2018年6月号

プロフィール 道尾秀介(みちお しゅうすけ)



1975年生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。同年に上梓された『向日葵の咲かない夏』が100万部を超えるベストセラーに。2007年『シャドウ』で第7回本格ミステリー大賞、2009年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、2010年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞。2011年、史上初となる5回連続候補を経て『月と蟹』で第144回直木賞を受賞。他に『スタフ staph』『スケルトン・キー』『いけない』『鬼の跫音』『球体の蛇』『満月の泥枕』『風神の手』など。数々の謎と世界を創り上げ、累計部数は600万部に迫る。
少年時代に手に入れたエレキギター、ピアノで作曲活動を開始し、ロックバンド、メタルバンドを結成。またNHK「フックブックロー」の傑作君としてお馴染みの谷本賢一郎氏とともに音楽ユニットDENを結成。解散後はソロで活動を続ける。パーカッションではアイルランドの民族楽器ボーンズを操り、オーストラリアのロックバンドBertie Page Clinicや数々のミュージシャン、ダンサーとコラボ。
小説世界と音楽を融合させ、満を持して2020年2月、本楽曲にてアーティスト・デビューする。
official HP:http://michioshusuke.com/
Twitter:https://twitter.com/michioshusuke


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年3月号

2月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説 野性時代

第196号
2020年3月号

2月13日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP