menu
menu

ニュース

2017年 啓文堂書店 文庫大賞に『孤狼の血』『悪いものが、来ませんように』がノミネート!

啓文堂書店と各出版社の推薦により選定された候補作を、啓文堂書店全店で「候補作フェア」として10月1日~10月31日までの一ヶ月間販売。最も売上の多い作品が大賞受賞作となる「啓文堂大賞」。
その「文庫部門」の候補作に角川文庫から柚月裕子著『孤狼の血』、芦沢央著『悪いものが、来ませんように』の2作品がノミネートされました。

『孤狼の血』

著者:柚月裕子
角川文庫
価格:760円+税
ISBN:9784041049549
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000223/

先日待望の文庫化を果たしたばかりの作品。
巷では『警察小説×仁義なき戦い』との呼び声も高く、2018年春には役所広司主演で映画化も決定している。
 
主題が主題なだけにハードボイルドな展開ではあるが、読後感は女性作家特有の清涼感に溢れている。

『悪いものが、来ませんように』

著者:芦沢央
角川文庫
価格:600円+税
ISBN:9784041044421
http://www.kadokawa.co.jp/product/321603000024/

最後まで読んだら絶対読み返したくなる1冊!
だまされないぞと警戒しつつ読んでも、それでもこのトリックには騙されてしまう。
どんでん返しの後も物語が失速しないのがこの本のおもしろさである。
主人公・親友・物語に挟まれる事件時の目撃者インタビュー、全てが絡みあった時物語が反転する!
男女問わず読んでほしい2017年営業推薦第1位の作品です。


全国の啓文堂書店では候補12作品による「候補作フェア」を2017年10月31日まで開催中。
選りすぐりの候補作品の中から、お気に入りの1冊を見つけてみてはいかがでしょうか?

http://www.keibundo.co.jp/award/selection/detail/2017_8.html


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年4月号

3月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説 野性時代

第197号
2020年4月号

3月11日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP