『仮面病棟』『屋上のテロリスト』や、本屋大賞ノミネート作『崩れる脳を抱きしめて』で大ブレイク中の知念実希人さん。待望の新刊『祈りのカルテ』は研修医・諏訪野良太(すわのりょうた)が、医療現場で巻きおこる5つの事件に遭遇する連作ミステリーです。
定期的に入退院をくり返す女性、内視鏡手術を拒否した老人、難病を患った人気女優――。魅力的な謎とともに、患者たちの切なる「祈り」を浮かびあがらせた、感涙の作品世界はどのように生み出されたのでしょうか。
画像

医療現場での〝日常の謎〟を描きたい

──『祈りのカルテ』は大学病院で研修医をしている諏訪野良太が、さまざまな診療科で経験を積みながら、いくつもの謎に遭遇するという連作ミステリーです。まずは作品の成立背景について教えてください。

知念:研修医という言葉は聞いたことがあっても、具体的にどんな仕事をしているか、ほとんどの読者は知らないと思います。それを内側から描いたら面白いんじゃないかというのが出発点のひとつですね。それに医療現場といっても、科によって雰囲気が異なりますし、ドクターの個性も豊かです。研修医が各科を順にめぐっていくことで、作品にバラエティが生まれるんじゃないかとも思いました。

──作家兼医師の知念さんだから描ける、リアルな研修医の姿ですね。

知念:ええ。そもそもは「天久鷹央(あめくたかお)の推理カルテ」のような医療ミステリーを書いてほしいという依頼だったんです。しかし同じようなシリーズを同時に書いても意味がない。「天久」シリーズは医療を題材にした本格ミステリーなので、こちらでは大学病院を舞台にした〝日常の謎〟にしようと思いました。医療現場でのさまざまな謎を通して、関係者の心の動きが浮かびあがるような作品です。日常の謎系のミステリーは書店にあふれていますが、医療と組み合わせることで、新しいものが生み出せるんじゃないかと。

──冒頭の「彼女が瞳を閉じる理由」には、定期的に睡眠薬の多量服用をくり返す女性が登場します。なぜ彼女は何度も同じようなことをするのか。その意外な動機に、諏訪野だけが気がつきます。

知念:研修医はまだ経験が浅く、現場の常識にも染まっていないので、ベテランとは違った視点でものを見られるんです。その分、視野が狭かったり空回りすることも多いんですけどね(笑)。経験を積んだ医者なら流してしまうところを、諏訪野は気にしてこだわり続け、患者さんの立場になって考えることで真相が見えてくる、というパターンになっています。

書籍

『祈りのカルテ』

知念 実希人

定価 1404円(本体1300円+税)

発売日:2018年03月29日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人」2018年4月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2018年03月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『神酒クリニックで乾杯を』

      知念 実希人

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2015年10月24日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『神酒クリニックで乾杯を 淡雪の記憶』

        知念 実希人

        定価 734円(本体680円+税)

        発売日:2016年04月23日

        ネット書店で購入する