12月22日に『子どもが主役の学校、作りました。』を刊行したサイエンス作家の竹内薫さん。『99.9%は仮説』など科学を楽しくわかりやすく伝える執筆業をしつつ、NHK Eテレ「サイエンスZERO」ナビゲーター、TBS系「ひるおび!」コメンテーターなど、テレビやラジオでも活躍しています。

そんな竹内さんに、もう一つ「校長」という肩書が加わりました。2016年4月に横浜市に「YES international school」を開校。今年2月には東京校もプレオープン。なぜ学校をつくったのか? これからの子どもたちに大切な教育とは何かをうかがいました。
画像

◆学校を作るという発想

──書籍やウェブ、テレビやラジオなど、主にメディアで活躍されてきた竹内さんが学校をつくったと聞いて驚きました。そもそものきっかけはなんだったのですか。

竹内:とても個人的なことです。私には小学校一年生の娘がいるのですが、保育園はインターナショナル保育園に通っていました。年長になり、小学校の入学を考える段になって、ほかの親御さんたちから通わせる学校がない、ない、という声が聞こえてきたのです。
 何とも不思議な光景だと思いました。日本中どこにも公立小学校はありますし、国立大学の付属小や私立小学校もあります。
 よくよく話を聞いてみると、せっかく保育園で英語を身につけたのだから小学校でもそれを継続してほしい、もちろん日本語もしっかり身につけてほしい、さらに第四次産業革命が進行中だからプログラミング技能も身につけさせたい、ということでした。なるほどと、私もその考えに賛同しました。

──今の小学校でそのリクエストに応えてくれるところはあるのでしょうか。かなりリクエストが多いようにも感じます。

竹内:贅沢に聞こえますか。かけがえのない子どもに、親が望む教育を受けさせることはそんなに贅沢だとは思いませんでした。
 それでネットで情報を検索して、検索して、検索し尽くしましたが、近隣には見つからず、あっけなく万策尽きてしまいました。どうしたらいいのか……と考えて出てきた答えが『ベンチャー精神で理想の学校を作ってしまえばいいじゃない』というものでした。

──「作る」とひと口にいっても、素人考えにもその道のりはかなり険しそうです。手続きも煩雑そうですし……。たいていの人はその一歩を踏み出さないと思いますが、竹内さんが踏み出したのは、踏み出せたのはなぜですか。

竹内:子どものころアメリカに住んでいました。学校をオープンしたのは、アメリカ流の事後調整の精神だと思います。日本式では、事前調整を完璧にやらないと先に進めません。それだと、調整が終わった頃には、娘は大人になってしまいます(笑)。とはいえ、規制や調整を突破する仕組みが日本にはあるので、それを活用して迅速に学校をオープンしようとしましたが、最終的には、手続きをせずにフリースクール(ホームスクール)を開いてしまいました。JUST DO ITですね。

書籍

『子どもが主役の学校、作りました。』

竹内 薫

定価 1404円(本体1300円+税)

発売日:2017年12月22日

ネット書店で購入する