​感動の声がやまず重版が決定したアート青春小説『君を描けば嘘になる』。​1月26日(金)18時、カドブン編集部は​本作を​刊​​​​行​​したばかりの綾崎隼さんにTwitter上で突撃インタビューを行いました。綾崎さんにとっての「天才」とは? 「創作」とは? 再構成してお届けします。
画像

──今作の題材はアートです。まずはこのテーマで書こうと思われたきっかけを教えてください。

綾崎:最初に担当編集から言われたのが「綾崎さんの考える天才を書いて欲しい」ということでした。今日はサッカーの話をしちゃダメだよと釘を刺されているので、天才がテーマになった理由は話せないんですけど、とにかく天才について書いて欲しいと。その後、アートを題材にしませんかというのも担当編集から提案されました。僕は芸大出身なので、アートと本気で向き合っている人たちを若い頃に沢山見ていたんです。サークルの同輩に実際に美術家として生計を立てている子もいます。そんなところからスタートしました。

──芸術大学で、実際の美術作家さんをご存じだったことが、作品作りの上でも大きかったのですね。作中では、美術教室やコンクール、名画のエピソードが盛りだくさんですが、どのような取材をされましたか?

綾崎:箱根や美術館など、登場する舞台には、ほぼ取材に行っているんですが、特に印象的だった場所が二ヵ所あります。
 一つは美術コンクールで、損保ジャパン日本興亜美術財団さんが主催されている「FACE展」です。本編を最後まで書いた後、雑誌と単行本の担当編集と一緒に取材に行きました。広報さんにお話を聞き、想像で書いた部分を修正していったんですが、やはり内情を知ることで浮かぶアイデアも多く、本当に役に立ちました。補足になりますが、作中ではコンクールの負の側面も描いているんですけど、そこは取材前からプロットで組んでいた物語上の演出なので、FACE展とは関係ありません。取材後、実際に美術賞展を見たんですが、率直に言って「これ、本当に新進作家のためのコンクールなの?」という感想を抱きまして。世の中に天才って、こんなに沢山いるのか! と圧倒されました。今年も新宿で2月末から開催されるので、『君を描けば噓になる』を読んで、コンクールに興味を持った方はぜひ見に行って欲しいです。本当に、衝撃的なので。今年も絶対に見に行こうと思っています。
 もう一つは作中にも登場するミュシャ展です。国立新美術館で去年開催されましたよね。65万人以上の来場者数があったらしいですし、見に行った方も多いと思います。入館して最初の一枚を見た瞬間に、圧倒されて。気付いたら涙が溢れてきて。一枚の絵が、こんなにも心を揺さぶるのかと、言葉を失いました。執筆期間に『スラヴ叙事詩』が日本にやって来てくれたって、何だか運命的なものを感じてしまいます。

──美術作品は生で鑑賞すると印象が違いますよね。アートの世界が好きな方やアート業界の方には『君を描けば噓になる』は、すごく楽しんで読んでいただけると思います。さて、主人公は才能あふれる二人の画家です。一人は天才肌の瀧本灯子、もう一人は優等生の南條遥都。彼らはどのように生まれたのでしょうか。二人のキャラクターについても教えてください。

綾崎:二人の「天才」を書く。男女にする。異なるタイプで描く。という場所からスタートしました。<自分が畏怖を抱くタイプの天才>が灯子で、<自分に今の10倍くらい努力する才能があったら届くかもしれないなと思うタイプの天才>が遥都です。「灯子」という名前が気に入っていて。登場人物は子どもなので、いつも人と違う名前をつけてあげたいなって思うんですけど、彼女は一瞬で「灯子」という名前が浮かんで、もう絶対に「灯子」だという確信もあって。この子は自分の名前まで引き寄せる力があるのかと驚きました。

──灯子は天から授かった名前ですね。名前といえば、綾崎さんの超人気シリーズに登場する、あの一族の名前も『君を描けば噓になる』にチラリと出てきますね。

書籍

『君を描けば噓になる』

綾崎 隼

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『ノーブルチルドレンの残酷』

    綾崎 隼

    定価 572円(本体530円+税)

    発売日:2011年06月25日

    ネット書店で購入する