このたびは伊坂幸太郎さん最新作『AX アックス』&<殺し屋>シリーズへのご質問を多数お寄せいただき、ありがとうございました。皆さんからの質問&伊坂幸太郎さんのご回答を発表いたします! まず前半の25問から!
 
小説は書いてあることがすべてで、書かれていない部分は、「書かれていないことに意味がある(埋めてしまっては意味がない)」と思っています。絵の中の白い部分のような感じです。ですので、みなさんの質問に対しては、物語の裏設定を説明するというわけではなく、僕自身がその場で思いついたものを(大喜利に答えるような感覚で)回答していると思っていただければありがたいです。
                                        ――伊坂幸太郎


Q1 妻と兜が恋人同士だった頃のエピソードを教えて下さい。(AXXXさん 女性 17歳 学生)

伊坂:なかなか想像できないのですが、兜が興味のない観光地に行きながら、奥さんと話を合わせているような図は思い浮かびます。

Q2 古今東西の様々な物語で語られる殺しの手口。エンタテインメントとして、伊坂さんは何を参考に殺しの手口を考えますか?(トロさん 男性 38歳 会社員)

伊坂:映画で描くようなアクションを、小説でそのまま描いても、映画には敵いませんから、「読んでいて楽しい」ものになるように意識はします。どれを参考に、ということはありませんが、淡々とあっけなく書くか、もしくは、笑えるくらい細かく書くか、どちらかにしたいとは思っているかもしれません。

Q3 『AX』は最初の三篇を書いてから、あとの二篇を書くまで時間がかかったというインタビューを読みました。二篇を書くきっかけとなった「何か」があって進んだのでしょうか。それとも書こうという気持ちがたまるまで待ったのでしょうか。(かまきりさん 女性 20歳 学生)

伊坂:どういう物語なら(気持ち的に)書けるだろうか、と考えたところ、「子供に何かを残す父親」の話なら書けるかもしれない、と思い至り、そこがひとつのきっかけにはなりました。

Q4 殺し屋を描いた書籍や映画で影響を受けた(感動した)作品はありますか?(ひろしさん 男性 20歳 学生)

書籍

『AX アックス』

伊坂 幸太郎

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2017年07月28日

ネット書店で購入する