この春、話題の小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』(KADOKAWA 刊)がドラマ化されました。タイトルは、「腐女子、うっかりゲイにコクる。」。自身のセクシュアリティに悩むゲイの高校生・安藤純を演じた、主演の金子大地さんに、原作についてお話を伺いました。
画像

人に言えない悩みがある人たちへ届く作品に

──原作小説を読んだ感想はいかがでしたか?

金子 大地(以下、金子):テンポが良くて、すごく読みやすかったです。特に純の心の声が面白くて、ハマりました。でもポップに話が進んでいるように見えて、本当にリアルなお話だと思いました。ストーリーにたくさん出てくる、純が好きなクイーンの曲を聴きながら、小説の世界に入り込んで読みました。

──金子さんにとって、NHK初主演作ですね。どんな気持ちで、原作小説のドラマ化に取り組まれましたか?

金子:純を演じるプレッシャーはありましたが、原作を読んだときの気持ちを、ドラマを観る人に伝えられたらすごくいいな、と思っていて、それは出演者みんな同じ気持ちだったんです。僕たちが原作を読んで感動した気持ちに忠実に演じたかったし、ドラマを観た人にも同じ気持ちを感じてほしかった。

 もちろんテレビドラマなので、原作からはしょられる部分はあるけれど、できるだけ忠実に大切に、という想いをみんなが持っていました。

──自分がゲイであることに悩み続け、異性と家庭を持つ“普通”に強烈な憧れを抱く安藤純という役は難しかったのでは?

金子:最初は、大好きな恋人のマコトさんと両思いなら、そこまで“普通”にこだわらなくてもいいのでは? と感じたんです。でも相手には妻子がいて家庭があるから、自分は将来ひとりかもしれないという不安を感じる気持ちがあるんだろうなと思いました。けれど役に向き合ううちに、もうひとつ気付いたことがあって。純のお母さんがいい人なんですよね。それで、ああこんなお母さんがいたら、そりゃあ言えないよな……と。どうしても“普通”にこだわってしまう純の気持ちが、そこで少し分かった気がしました。

 そんなふうに、今までにないほど、徹底的に役に向き合って、純に近づけたのかな、というのがだんだん大きくなって、クランクアップまで行けた気がします。難しいシーンもいっぱいありましたが、すごく楽しかったです。

書籍

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』

浅原 ナオト 装画:新井 陽次郎

定価 1296円(本体1200円+税)

発売日:2018年02月21日

ネット書店で購入する

    書籍

    『彼女が好きなものはホモであって僕ではない 1』

    平原 明 原作:浅原 ナオト

    定価 702円(本体650円+税)

    発売日:2019年05月02日

    ネット書店で購入する