画像
『じゅげむ』をはじめ、様々な落語を、子どもから大人まで楽しめる絵本にした絵本作家・川端誠さん。『ばけものつかい』『まんじゅうこわい』など、これまで出版してきた落語絵本はいずれもロングセラーとなっています。
そんな川端さんが、今回あらたに取り組んだのが『らくごえほん てんしき』(KADOKAWA)。「てんしき」を知らないのに知ったかぶりをする和尚と、いたずら小坊主。そこから生まれるおかしなやりとりに大笑い! それにしてもいったい「てんしき」って……?
“話芸”である落語を絵本にするために、どんな工夫をされているのか、制作の舞台裏をお聞きしました。



知ったかぶりから生まれる悲喜劇

──『らくごえほん てんしき』(以下、『てんしき』)は、落語絵本シリーズ15巻目『みょうがやど』(クレヨンハウス)以来約7年ぶりの、落語を題材とした絵本ですね。

川端:そうですね。「風来坊」シリーズや「野菜忍列伝」シリーズ、37年越しの構想が形になった『槍ヶ岳山頂』(以上、すべてBL出版)など、7年の間にもいろいろ描いているんですけど、落語の絵本は久しぶりです。

「てんしき」という落語については、以前からずっと「絵本にできないかなあ」と思っていました。でもいい方法がなかなか思いつかなかったんです。「てんしき」って、人間の知ったかぶりから生まれる悲劇というか喜劇というか、噛み合わないやりとりが何とも言えずおもしろい落語なんですよ。

──「てんしき」って……絵本を読んでわかったのですが、「転失気」と書いて「おなら」だったのですね(笑)。お腹の調子が悪い和尚さんに、医者が「転失気はありますかな」と尋ねたのがすべてのはじまり。和尚さんはわからないのにわからないと言えず、小坊主の珍念さんに「てんしきをかりてきなさい」と言いつけます。

川端:何だかわからないものをかりてこいと言われて困った小坊主は、あちこちで「てんしきあったら、かしてください」と聞いて回るんですよ。でも花屋さんは「かざっておいたけど友達にやっちゃった」と言い、石屋さんは「味噌汁にいれてたべちゃった」と言う(笑)。とうとう珍念さんは「てんしきって、なんですか」と医者に聞きに行きます。そしたら「放屁のことじゃ」と言うので、珍念さんは「へっ!」。「そうだ屁だ。おならじゃよ」「あの、お尻からでるやつ」「あまり耳からはでんなぁ」「くさいやつ」「いい臭いはせん」「黄色いの」「色はわからん」……。どうです、このやりとり(笑)。落語のおかしさがよくあらわれていますよね。

画像
そしてここから先が、絵本ならではの展開を考えたところです。いたずら小坊主が、和尚さんに「てんしき」を何だと言って、だますのか。最後は「くさかった」で終わらせたいから、どう描いていけばいいのかと頭をひねりました。ぜひ絵本を読んでみてください。1ページ目の絵に、実はヒントがあるんですよ。

書籍

『らくごえほん てんしき』

川端 誠

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2019年03月14日

ネット書店で購入する