2018年、南極の最奥部で通信障害が発生し、旅客機が不時着を余儀なくされる。
原因不明のエラーは、第二次世界大戦中に秘匿されたある作戦に起因していた――。
20年来の念願を叶え、『到達不能極とうたつふのうきょく』で江戸川乱歩賞を受賞された斉藤さいとう詠一えいいちさんにお話をうかがいました。
画像

──5度目の挑戦となった今回、南極を舞台とした作品で乱歩賞を受賞されましたね。

斉藤:学生時代に旅行サークルに所属していたこともあり、これまでも冒険小説を書いて応募していました。この作品は、前年の乱歩賞の締切がきた翌日から構想を練り始めたのですが、ちょうどその頃、東京都立川たちかわ市にある国立極地研究所に立ち寄ったんです。雪上車を見ているうちに突然ある場面が頭に浮かんだので舞台に決めました。

──では舞台から先に決められたのでしょうか。

斉藤:南極と決める前から、過去にあった不可解な軍事作戦や実験に興味がありました。実際に起きたことの間を埋めるように、虚構を織り交ぜて物語を作れないかと考えていたんです。『到達不能極』の冒頭に南極に関係する軍事作戦の年表がありますが、これも全て事実なんですよ。

──軍事関係にお詳しいのですね。

斉藤:「オタク」と言ってしまうと、上には上がいますからお叱りを受けそうです。嫌いじゃない、とだけ言っておきます(笑)。

──これまではどのような作品をお書きになっていたのですか。

書籍

『到達不能極』(講談社)

斉藤 詠一

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年09月20日

ネット書店で購入する