前作『いくさの底』で毎日出版文化賞と日本推理作家協会賞をW受賞。いわゆる戦争文学としても、特殊閉鎖状況ミステリとしても、高く評価された。そんな注目の古処誠二が、満を持しておくる最新作『生き残り』も、前作同様、ビルマを舞台にしたサスペンス仕立ての戦場ミステリ。著者に話を聞いた。
画像
このところ、ビルマを舞台にした作品を立て続けに発表している。ビルマという舞台にこだわり続ける理由は。

古処:状況のバリエーションが豊富だからです。時期、風土、民族でさまざまなシチューエーションがあります。近作二つはその点でわかりやすいのではないでしょうか。『いくさの底』は乾期の東部山岳地帯、『生き残り』は雨期の低地およびイラワジ河が舞台です。
背景となる年も『いくさの底』は日本軍が優勢を保っていた18年のはじめで、緊張感はありつつもどこかまだ穏やかです。一方『生き残り』は19年の8月、インパール作戦中止後の、戦線維持が困難になりつつあった頃です。

小説は、北ビルマからの転進を余儀なくされた上等兵と一等兵の2視点で語られる。

古処:『いくさの底』が望外の評価を受けたので、一層エンターテインメントを意識して書きました。軍隊において単独行動は通常ありませんが、ある戦記で単独での転進例があり、それがひとつのヒントになりました。兵隊は命令で動くだけの存在ですから、軍隊が軍隊として行動している間の話を書こうと思ってもなかなか面白く書けませんし、書いたとしても史実をなぞるだけになってしまう。今作のシチュエーションは比較的書きやすかったと言えます。

画像
ひとことで戦争小説、といっても、これまでの古処作品では、主に非戦闘員、軍属が主人公のものが多かったが、今回は最初から最後まで、兵隊と現地人しか出てこないのも特徴的。とはいえ、一般に“戦争”と聞いてイメージする弾丸飛び交う戦闘シーンは少ない。今回も中州の外にいるらしき敵は、その姿さえはっきりとは見えない。行軍の途中も、たびたび現地の村に立ち寄っては、現地人と交流している。

古処:ビルマでは、兵隊と現地人の交流がほかの戦地とは比べものにならないくらい頻繁でした。それもあって、残されている戦記の数が圧倒的に多い。ビルマ人に対して日本軍将兵が抱く親近感は特筆すべきものがありますし、心理的に書きやすいのだろうと想像しています。
そうした戦記を読んでいると、小説を書くにあたってもビルマ人の登場場面がおのずと生じます。

書籍

『生き残り』

古処 誠二

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年07月27日

ネット書店で購入する

    書籍

    『いくさの底』

    古処 誠二

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2017年08月08日

    ネット書店で購入する