数ある警察小説の中で、『ハイエナの微睡まどろみ刑事部特別調査係』は、セオリーを破った異色の作品だ。著者はミステリ、ホラー、青春、純文学と様々なジャンルを手掛けてきた奇才・椙本孝思氏。とある宗教都市で起こる警察官猟奇連続殺人事件を追う刑事の姿を、スリリングかつエモーショナルに描いている。
 必ずどんでん返しや驚きのアイデアが投じられてきた椙本作品。今作も、作品世界が一瞬で反転する、切れ味抜群の大仕掛けがほどこされ、過去最高の逸品に仕上がっている。警察小説読みならずとも、そのミステリアスな展開にグイグイ引き込まれ、そしてラスト40ページで驚愕させられるカタルシス満点の意欲作に、夏の終わりの一夜、どっぷり身を委ねてみては?
画像

面白いのは、ありえないけど、ありえそうな形に見せるさじ加減

──今まで様々なテーマの小説を書かれてきましたが、今回、なぜ警察を書こうと思われたのですか?

椙本:これまで警察をテーマにミステリを書いたことはありませんでしたが、ミステリを書く上で警察の存在はたえず意識していました。たとえば『魔神館事件』や『天空高事件』では作中に警察はほとんど登場しませんが、見えないところで警察もしっかりと捜査をしていたはずです。今回はその警察側にスポットを当てたということで、特に思い切って挑戦したというつもりはないんです。

──本作を書きあげて、率直なご感想を教えてください。

椙本:うまく書き上げられたという達成感と、もっと深く掘り下げたかったという不足感を抱いています。しかしこの不足感は蛇足に繋がる場合も多いものです。割り切って余韻を残したという考えもあるかなと。総じて、よくまとめられたと思っています。

──本作を書くにあたり、難しかった点と、面白かった点を教えてください。

椙本:リアリティを追求する難しさと、それを壊すことの面白さですね。今回は特に警察という実在の組織を扱いましたので、その構造と業務を丹念に調べる必要がありました。どのような指示系統で動いているのか、どういう仕事を行い、どんな問題に直面するのか。ありえない設定にすると興醒めしてしまうので、綻びがないよう作品に落とし込む部分に苦労しました。
 一方でこれはフィクションの小説作品なので、登場人物たちが自由に動き回れるように、ある程度は現実から逸脱する部分も設けなければなりません。その、ありえないけど、ありえそうな形に見せるさじ加減を考えるところが面白かったです。

書籍

『ハイエナの微睡 刑事部特別捜査係』

椙本 孝思

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年07月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『魔神館事件 夏と少女とサツリク風景』

    椙本 孝思 イラスト:toi8

    定価 843円(本体781円+税)

    発売日:2012年09月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『君が何度死んでも』

      椙本 孝思

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2017年12月25日

      ネット書店で購入する