ティラノサウルス、トリケラトプス、ブラキオサウルス、プテラノドン……子どもが大好きな恐竜がせいぞろい! 絵本『まいごのたまご』は、巣からころがり落ちたたまごが「ぼくのママは、どこ?」とお母さんを探すお話です。色あざやかな恐竜の絵、オノマトペが楽しい『まいごのたまご』を翻訳したのは〈聞かせ屋。けいたろう〉さん。日本で唯一の、絵本の読み聞かせプロである〈聞かせ屋。けいたろう〉さんが本書を翻訳したいきさつと、けいたろうさん流「絵本の楽しみ方」をお聞きしました。
画像

●“読み聞かせ界のトップ・ランナー”が訳した絵本

──〈聞かせ屋。けいたろう〉さんは日本で唯一の、絵本の読み聞かせのプロですが、どんな活動をされているんですか?

けいたろう:僕は、2006年から夜の路上で絵本の読み聞かせをはじめました。保育士をしながら、週末に路上で読み聞かせライブをしていましたが、その活動がだんだん広がって、今ではあちこちからお声かけいただき、公演家として全国各地を飛び回っています。保育園、幼稚園、絵本の読み聞かせイベント、保育者研修会など、年間約160か所で絵本の読み聞かせをしていますが、例えばここ半年では新潟、大阪、三重、北海道、埼玉、八丈島(東京)、静岡、福島、宮城、富山に出かけていって絵本を読みました。

──まさに、絵本読み聞かせ界のトップ・ランナー! そんな〈聞かせ屋。けいたろう〉さんが翻訳した絵本『まいごのたまご』はどんなお話ですか?

けいたろう:大むかし、風に吹かれて山からころがり落ちてきた、まいごのたまごのお話です。「ぼく、あなたの たまごですか?」とあたりにいた恐竜たちに話しかけますが、なかなかお母さんは見つかりません。ステゴサウルス、ブラキオサウルス、トリケラトプス、ティラノサウルスなど人気の恐竜たちが登場します。最後は家族の愛情を感じられる素敵な絵本ですよ。

──「ころころ」「ぽーん」「どしんどしん」といったオノマトペがたくさん出てくるのも楽しいですね。

けいたろう:擬音語・擬態語を使うことで、お話が生き生きと進んでいくのを子どもたちに感じてもらえるんじゃないかと思いました。やっぱり僕は〈聞かせ屋。〉ですから、読み聞かせが楽しい絵本になるように、リズムのいい訳文を目指しましたよ。「ころころ ころころ ころがって」「いわに ぶつかり、ぽーーーんとはねて、ようやく、ストンととまりました」と、声に出して読んでみると気持ちいいでしょう? 思わず口にしたくなるような“心地いい音”を意識しました。

書籍

『まいごのたまご』

アレックス・ラティマー 訳:聞かせ屋。けいたろう

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2018年06月28日

ネット書店で購入する