女子校で出会った二人の少女、ののとはな。運命的な恋に落ち、決別を経て、そして二人の人生が辿り着いた先とは——。
心揺さぶる大河小説『ののはな通信』は、三浦しをんさん初めての書簡体小説。新たなチャレンジの裏側には、三浦さんご自身の、人生に対する大きな疑問がありました。
画像

四十代女性は、何をモチベーションにしているのか

──新作『ののはな通信』は、ミッション系の女子校に通う野々原茜(ののはらあかね)(通称のの)と牧田(まきた)はなの、その後長い期間にわたる関係の変化が、手紙やメモ、メール等によるやりとりのみで描かれていく書簡体小説ですね。最初の発想はどこにあったのでしょうか。

三浦:「三島由紀夫っぽい女の子の話を」とご依頼をいただいて「分かりました」と言ったんですが、「三島っぽいってなんだろう」と、何も分かっていなかったんですね(笑)。考えているうちに太宰治の『女生徒』みたいなものが浮かんで、日記や書簡はどうだろうと思ったんです。依頼では「コンパクトな話を」と言われたんですが、それも分かってなかったです(笑)。作中で二十年とか三十年経つまで書きたいと思っていて、結構な枚数になりました。その長い時間の中にバブル期や3・11が起きた後も書きたくて、そこから逆算して時代設定を決めていきました。

──そう、彼女たちは一九六七年くらいの生まれですよね。彼女たちの四十代まで描こうと思ったのはどうしてですか。

三浦:書き始めた時、三十代後半だったんですが、その頃、「この先、働くモチベーションがない」という気持ちだったんです。そこで、四十代の女性は何をモチベーションにしているのかを知りたくなって。こういう感じだったら自分も何かしらの希望が持てる、というものを書いてみることにしたんです。何十年かに及ぶ互いのやりとりの中で、途中で連絡が途絶えたりしつつも、つねに相手のことが心のどこかにあって、その存在を通して自分が変わっていったり、支えを感じたりしていく。自分にとっての他者を真に理解しようと努めることによって、その相手との関係だけでなく、もっと世界が広がっていく。書いているうちに、そういうことしか私にとっては希望にならないかな、と思うようになりました。

──ののとはなは、単なる友情で結ばれているだけでなく、高校時代にはっきりと恋愛関係になりますね。

三浦:友情だけだと、そこまでの異文化の激突にならないという気がしたんです。自分の世界を変えるほどの衝撃にならない。それで恋愛にしました。思春期の頃って、同性のすごく親しい友達に対して友情以上の思い入れを抱くことはそう珍しくないですよね。でも、この二人に関してはそうはしたくなかった。明確に恋愛だった、恋人同士だった、お互いにとって運命の相手だった、ということを経て、じゃあ運命の相手とうまくいかなくなったら世界が終わるかというと、そうではなくて、その後もそれぞれの人生は続く。運命の相手と思えたからこそ、そこで生まれた感情や考えによって、もっと自分をよりよく世界と対峙していけるようにしたかったんです。より外界へ開かれていくきっかけになる恋愛として書きたかったんですね。

書籍

『ののはな通信』

三浦 しをん

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年05月26日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人」2018年6月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2018年05月26日

    ネット書店で購入する