menu
menu

特集

消費税は10%で止まるのでしょうか? 気鋭の学者とアナリストが語る日本経済の未来『キミ金』×『親子ゼニ』対談〈前編〉

撮影:佐山 順丸  構成:山本 信幸 

緊縮財政を主張するとインテリに見える!?


森永:10月から消費税率が10%に引き上げられます。消費税増税の議論が表面化したとき、消費増税に否定的なMMT(現代金融理論)に注目が集まりました。MMTを支持する層は「緊縮財政は必要ない」と主張していましたが、飯田先生はどうお考えですか。


飯田:関西学院大学の朴勝俊教授がうまい指摘をしています。MMTとか反緊縮財政がポピュリズム(大衆迎合)なら、緊縮財政はエリート迎合主義。どちらに迎合しているかだけの違いというわけです。緊縮財政を主張すると「インテリですね」と褒められるので、政治家や評論家やタレントは支持しがちだけど、なるべく公的なお金を使わず(公的社会サービスを削減し)、税金は(富裕層の負担が増えないように)消費税の形でフラットに集め……といっためちゃくちゃ金持ちに有利なことを難しく語っているだけという主張もあります。


森永:確かにそうかもしれないですね。


飯田:MMTにも疑問があります。MMTのコア部分になる「ジョブ・ギャランティ・プログラム(JGP)」は、働く気があるのに、仕事がない人に政府が最低賃金を保障して必ず職を提供するという考え方です。すると民間の賃金水準も自動的にJGPレベルまで引き上げられる。景気が上向くと、JGPの賃金よりも高い民間雇用の賃金を求めて労働力が移動するので「ビルトイン・スタビライザー(景気変動を自動的に調節する機能)」が働くというわけです。しかし、これは人の良心に期待しすぎでしょう。絶対にクビにならない職場で、真面目に仕事をするというのは難しい。サボりますよ。さらにこのJGPの職種や仕事内容を管理する機構は膨大な物になるでしょう。それに提供する職も不明瞭です。MMT論者のニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授に「JGPではどんな職を想定しているのか」と聞いたら、介護とか保育とか言う。


飯田泰之さん


森永:介護や保育は素人にできる仕事ではないし、法律上も無理。そこの議論が抜けていますね。


飯田:社会学者の吉川徹先生が10年以上前の本で、「日本は二つの国に分かれている」と書いている。お金に無頓着、人的資本の蓄積にも無頓着というグループ――つまり真面目に勉強したり働いたりして経験を積んでスキルを積み上げて出世してというプロセスに頓着しない人たちと、子どもはお受験して私立、マイホームは都心ならタワーマンション、郊外なら庭付き一戸建て、結婚でも子育てでも全部合理的、全部完璧にしなくてはいけないという生きづらそうな人たちです。前者は気楽な一方で、金がない。


森永:ハイスペックな方々は、お金がない人は自己責任だと主張しています。まるで他人事という捉え方ですが、僕はその考え方はあまいと思っていて、格差の拡大を放置していた結果、行き着くところはディストピア(ユートピアの反対の世界)だと思います。生きる希望を失うと世の中が混乱してテロが起こるかも知れない。自分だけが豊かになればいいという考え方ではなく、社会全体として豊かになることを考えるべきだと思う。その議論はほとんど行われていませんが、たまに見かけるのが最低限必要な所得を無条件に給付する「ベーシックインカム」という制度です。


飯田:ベーシックインカムには、社会主義寄りから出てきたものと、新自由主義的な究極の自己責任論として出てきたものの二系統がある。社会主義寄りのほうは、生存に対して賃金を支払うべきという考え方。逆の新自由主義的なほうは、複雑な官僚機構を必要とする社会保障制度をやめてベーシックインカム給付に統一するにするという意図がある。新自由主義の理論的支柱であるミルトン・フリードマンも負の所得税というベーシックインカムに似たシステムを主張しました。私も一部ベーシックインカムを導入してもいいと思っています。それは老人向けベーシックインカム。今の年金制度は半分以上公金で支えられているのに、一定期間掛け金を払った人しか受け取れません。公金を入れているのなら70歳以上(65歳支給は無理筋だと思う)の全員に払うべきでしょう。


『キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編』(著/井上純一)

『キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編』(著/井上純一)


飯田 泰之

明治大学政治経済学部准教授

森永 康平

株式会社マネネCEO / 経済アナリスト

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年12月号

11月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 : 有川 ひろ

2

目を見て話せない

著者 : 似鳥 鶏

3

黄金列車

著者 : 佐藤 亜紀

4

ひとり旅日和

著者 : 秋川 滝美

5

誰も知らない高橋大輔

著者 : 居川 大輔(関西テレビ放送株式会社)

6

スワン

著者 : 呉 勝浩

10/28~ 11/3 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP