menu
menu

特集

11年ぶりの「バチスタ」対談 海堂尊×ココリコ・田中直樹【前編】「田中さんにまたお目に掛かりたくて『氷獄』を書きました」

撮影:橋本 龍二 取材・文:タカザワ ケンジ

海堂尊さんのデビュー作『チーム・バチスタの栄光』が刊行されたのは2006年。『チーム・バチスタの栄光』から始まった桜宮サーガは2015年にいったん閉じられましたが、今回、その中では描かれなかった物語が4作収録された作品集が刊行されました。表題作はなんと『チーム・バチスタの栄光』のキーパーソン、麻酔医の氷室貢一郎のその後を描いた物語。2008年に公開された映画版で氷室を演じた、ココリコの田中直樹さんをお招きし、映画の思い出、氷室に対する思い、今回の「氷獄」について、海堂さんと存分に語っていただきました。前後編にわたるロング対談をお楽しみください(この対談には『チーム・バチスタの栄光』のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください)。


★舞台挨拶の言葉

――お二人は2008年公開の映画『チーム・バチスタの栄光』のときにお会いになっているんですよね。


海堂:もう10年以上前なんですね。


田中:最後にお会いしたのは舞台挨拶でしたね。


海堂:田中さんが舞台挨拶でおっしゃった言葉でよく覚えているのは「麻酔医という仕事は本当に大変なので、みなさん、そのことを考えてください」とおっしゃっていたことです。おっしゃいましたよね。


田中:はい。言いました。


海堂:本当にこの方は麻酔医になってるんだなあ、と。


田中:先生とお会いしたのは撮影のときと舞台挨拶の数回、短時間でしたが、麻酔科の先生の少なさをうかがいました。それが自分の中で印象深かったんですね。患者を救う医師を救ってください、と先生がおっしゃっていたことをよく覚えています。僕が演じた氷室も麻酔医として1日に何件も手術を掛け持ちしている。忙しいスケジュールの中で仕事をしているということが心に残っていました。



海堂:麻酔科の先生ともお話しされたんですか。


田中:ええ。撮影に入る前に、撮影チームで手術の現場を勉強させていただく機会がありました。患者さんの許可をとって。目の前で手術が行われる現場を初めて見ました。意外だったのはみなさん、すごく落ち着いていたこと。イメージとしては、一分一秒を争うような慌ただしい現場じゃないかと思っていたので。もちろんそういう現場もあるでしょうけど。


海堂:慌ただしいのは映画やドラマの中だけですね。緊急手術のときでも、決してドタバタはしませんよ。「血を持ってこーい!」とかはないですね(笑)。


田中:すごく冷静に行われているんだな、とびっくりしたと同時に、安心したのを覚えています。たとえば、自分が手術を受けるときにもお医者さんたちは平常心なんだなと思うと。


海堂:田中さんのようにいろいろな場所で発信できる方に、医療現場のことを理解してもらえるのはありがたいことです。だからこそ、舞台挨拶のときに「麻酔医は大変なんです」とおっしゃっていただいたことは嬉しかった。



田中:僕は先生が、すごく優しく声をかけてくださって、いろんなお話をしてくださったことが印象に残っています。小説が扱っているシリアスなテーマとはまた異なる印象でした。物腰がやわらかく、温かい方なんだなと。


海堂:とくに田中さんには気を遣ったんです。登場人物の中でも氷室貢一郎という一番の問題児を演じていただいたわけですから。


田中:問題児。たしかにそうですね。


海堂:この人は怒らせちゃいけないな、という役ですから(笑)。そういう難しい役をきちんと演じていただいて感謝しています。

★「氷室貢一郎」という役柄


海堂:田中さんの演技の中で印象的だったのが、ふだんは淡々としたいい人で、あたりもやわらかいんだけど、あるところまで丁寧で、でも、あるところを越えると知らん、みたいな部分。意識して演じていらっしゃったと思います。たとえば、食べかけのアイスをゴミ箱に乱暴に投げ捨てる場面がありましたよね。



田中:ありましたね。あのシーンは、氷室の二面性や、性格の底にあるものを見せられる重要なシーンだったと思います。昼食をアイスで済ますという、忙しくてしっかりと食事をとる時間がないこともわかりますし。


海堂:氷室という役は田中さんにとってどんな役でしたか。


田中:いろんな意味で難しい役でしたね。まず、作品全体として、誰が犯人なのか、という観客の興味にどう応えるか。氷室が犯人かもしれないという雰囲気をどれくらい醸し出せばいいのか。まったくないのもおかしいですし。


海堂:あまり出しすぎるとヘンですしね。俺が犯人だ、と触れ回ってるようで(笑)。


田中:そうですよね。みんながほどよく疑いをかけられるように、俳優さんたちそれぞれが怪しい部分の出し方を考えていました。監督も全体のバランスを見て演出されていましたね。


海堂:最後の告白のシーンは名場面でしたね。


田中:何回も撮り直していただいたんですよ。監督からも細かく演出していただき、時間をかけて丁寧に。最初はもっと、わかりやすく狂気を表現していました。台詞としても、話し方にしても、表情にしても。でも、監督から、もっと淡々と、冷静に、と演出していただいて、シーン全体の雰囲気が変わっていきました。



海堂:そのエピソードは象徴的ですね。そのほうが怖い。狂気を表現していたのは薄ら笑いくらいでしたね。


田中:そうです。マスクをとったときにほんの少し笑っている。


海堂:氷室という役をオファーされてどう思われたんですか。


田中:それこそ自分でいいのかって。キーになる役だったので、本当に自分で大丈夫なのかっていう思いはありましたね。すごくプレッシャーを感じたのを覚えています。


海堂:たぶん、ほかの俳優さんでもプレッシャーを感じる役だと思いますね。日常の平穏さと狂気を同居させなきゃいけないから、相当難しい役です。しかも目立っちゃいけない。極端な性格の殺人鬼とかだったらかえってラクなんでしょうけど。


田中:大きな役、重要な役ですから。撮影中もずっと緊張しっぱなしと言いますか。初めて人を殺す役でもあったんです。コント以外では、そういう役はやったことがなかったので(笑)。いま振り返っても、自分にとってもすごく大きな作品だったと思います。


海堂:田中さんの演技があの映画の成否を握っていたんじゃないかと正直思っています。きちんと演じきっていただいたので、すごくいい作品になったなあ、と。



田中:ありがとうございます。


海堂:実はあの映画は僕の俳優デビュー作でもあるんです(笑)。ワンシーンだけ出させていただきました。廊下で患者を搬送する役でしたが、7テイクくらいかけて撮りました。患者を運ぶだけの役なのにこんなに時間をとって申し訳ないと恐縮しました(笑)。ふだん医師としてやっていたことなのに、なんでできないんだろう、と。監督に演技をつけていただきながら、搬送するっていうことにも芝居が必要なんだな、と思い知らされました。「胸を張ってください」。たしかに搬送するとき胸を張ってるよね。でも意識してやると「胸を張りすぎです」。役者さんは大変だなあ、と思いましたね。

★氷室のその後に会える「氷獄」


田中:医療の現場を扱う作品に携わらせていただくのも初めてだったので、そういうことへのプレッシャーもありましたね。でも、先生が考えられたお話がすごく面白いのでやる気をかきたてられました。面白いから足を引っ張りたくないと思う一方で、面白いから絶対にいい作品になるようがんばろう、と思っていました。


海堂:白鳥が謎解きをする前に「ふふふ、犯人は俺だ!」と言いたくなりませんでした?(笑)


田中:そうですね、言いたくなりますよね(笑)。ほかのシーンを撮っているときもそう思いました。自分が犯人だとオープンにされていないときの芝居で思わず叫び出したくなったり。


海堂:そこで「犯人は俺だあ!」と言えば、その場面は一気に田中さんが主役になりますよ(笑)。


田中:そうですけど、ネタをバラしちゃまずいですよ(笑)。


海堂:主役の竹内(結子)さんはぼーっとするしかない。新しい映画になりますね。


田中:新しすぎますって! でも、自分が犯人だって思いながら演じさせてもらうのは初めての経験だったので、それもすごく楽しかったです。日常生活では到底できない体験なので。

──その印象深い氷室のその後を小説で読める。しかも11年後に。それって稀な経験ではないでしょうか。


田中:びっくりしました。11年経って、再び氷室の物語を読めるとは。


海堂:田中さんにまたお目にかかりたくてこの物語を書いたんです(笑)。


田中:そんな(笑)。いつでも呼んでくださればうかがいますよ。映画で氷室を演じさせていただいて、当然、思い入れもあったので、続きが読めるというのはすごく嬉しかったですね。生意気にも、自分の物語のように感じながら読ませていただきました。自分にスポットを当ててもらっているような。氷室であり田中でありという気持ちで。


海堂:そう思っていただけるのは作者冥利に尽きますね。それって、演じていただいた方が、その人格をどこかに宿しながらその後も生きているということでもあると思うんです。つまり、田中さんはこの11年を、ほんのわずかな割合でも、どこか氷室として生き続けてきたからそう感じてくださったんじゃないでしょうか。それは社会にとってもありがたいことなんですよ。たとえばテレビ番組で医療の話題になったときに、田中さんは理解が早いはずです。大きな意味で医療現場に関わっている方だと言えるから、そういう方がいればいるほどありがたい。


田中:氷室を演じて以降、大きな病院に行って「麻酔科」の文字を見ると、ちょっと気になりますね。


海堂:手術室に入って、麻酔科の先生に「やあ」って声をかけたら、違和感なく握手してもらえますよ。


田中:いやいや、つまみ出されますって!

(後編へ続く)

『氷獄』のご購入&試し読みはこちら>海堂尊『氷獄』| KADOKAWA

試し読み実施中!
>>バチスタ裁判、開廷。検察組織にメスを入れる、医療×司法エンタメ! 試し読み①「氷獄」
 ※各章の試し読みを順次UP予定!


海堂 尊

1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』でデビュー。著書多数。最新作は『フィデル誕生 ポーラースター3』(文春文庫)。

田中 直樹

1971年生まれ。大阪府出身。1992年に遠藤章造とお笑いコンビ「ココリコ」を結成し、以降さまざまなバラエティ番組で活躍。MCやパーソナリティとしても注目を集めるほか、俳優としても数多くの映画やドラマで存在感のある役を演じてきた。映画『みんなのいえ』で、第25回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP