menu
menu

特集

11年ぶりの「バチスタ」対談 海堂尊×ココリコ・田中直樹【前編】「田中さんにまたお目に掛かりたくて『氷獄』を書きました」

撮影:橋本 龍二  取材・文:タカザワ ケンジ 

海堂尊さんのデビュー作『チーム・バチスタの栄光』が刊行されたのは2006年。『チーム・バチスタの栄光』から始まった桜宮サーガは2015年にいったん閉じられましたが、今回、その中では描かれなかった物語が4作収録された作品集が刊行されました。表題作はなんと『チーム・バチスタの栄光』のキーパーソン、麻酔医の氷室貢一郎のその後を描いた物語。2008年に公開された映画版で氷室を演じた、ココリコの田中直樹さんをお招きし、映画の思い出、氷室に対する思い、今回の「氷獄」について、海堂さんと存分に語っていただきました。前後編にわたるロング対談をお楽しみください(この対談には『チーム・バチスタの栄光』のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください)。

舞台挨拶の言葉

――お二人は2008年公開の映画『チーム・バチスタの栄光』のときにお会いになっているんですよね。


海堂:もう10年以上前なんですね。


田中:最後にお会いしたのは舞台挨拶でしたね。


海堂:田中さんが舞台挨拶でおっしゃった言葉でよく覚えているのは「麻酔医という仕事は本当に大変なので、みなさん、そのことを考えてください」とおっしゃっていたことです。おっしゃいましたよね。


田中:はい。言いました。


海堂:本当にこの方は麻酔医になってるんだなあ、と。


田中:先生とお会いしたのは撮影のときと舞台挨拶の数回、短時間でしたが、麻酔科の先生の少なさをうかがいました。それが自分の中で印象深かったんですね。患者を救う医師を救ってください、と先生がおっしゃっていたことをよく覚えています。僕が演じた氷室も麻酔医として1日に何件も手術を掛け持ちしている。忙しいスケジュールの中で仕事をしているということが心に残っていました。



海堂:麻酔科の先生ともお話しされたんですか。


田中:ええ。撮影に入る前に、撮影チームで手術の現場を勉強させていただく機会がありました。患者さんの許可をとって。目の前で手術が行われる現場を初めて見ました。意外だったのはみなさん、すごく落ち着いていたこと。イメージとしては、一分一秒を争うような慌ただしい現場じゃないかと思っていたので。もちろんそういう現場もあるでしょうけど。


海堂:慌ただしいのは映画やドラマの中だけですね。緊急手術のときでも、決してドタバタはしませんよ。「血を持ってこーい!」とかはないですね(笑)。


田中:すごく冷静に行われているんだな、とびっくりしたと同時に、安心したのを覚えています。たとえば、自分が手術を受けるときにもお医者さんたちは平常心なんだなと思うと。


海堂:田中さんのようにいろいろな場所で発信できる方に、医療現場のことを理解してもらえるのはありがたいことです。だからこそ、舞台挨拶のときに「麻酔医は大変なんです」とおっしゃっていただいたことは嬉しかった。



田中:僕は先生が、すごく優しく声をかけてくださって、いろんなお話をしてくださったことが印象に残っています。小説が扱っているシリアスなテーマとはまた異なる印象でした。物腰がやわらかく、温かい方なんだなと。


海堂:とくに田中さんには気を遣ったんです。登場人物の中でも氷室貢一郎という一番の問題児を演じていただいたわけですから。


田中:問題児。たしかにそうですね。


海堂:この人は怒らせちゃいけないな、という役ですから(笑)。そういう難しい役をきちんと演じていただいて感謝しています。


海堂 尊

1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』でデビュー。著書多数。最新作は『フィデル誕生 ポーラースター3』(文春文庫)。

田中 直樹

1971年生まれ。大阪府出身。1992年に遠藤章造とお笑いコンビ「ココリコ」を結成し、以降さまざまなバラエティ番組で活躍。MCやパーソナリティとしても注目を集めるほか、俳優としても数多くの映画やドラマで存在感のある役を演じてきた。映画『みんなのいえ』で、第25回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP